【セブの12ヶ月】 常夏のイメージがあるフィリピンですが、実際に住んでみると以外にも季節感を感じます。ニックネームDubiancheさんから寄せられた豊富なセブ情報は、これからセブでロングスティを考えている方にはとても役立ちます。行かない方もセブの生情報を楽しんでください。尚、各ページの文頭の水中写真はスキューバダイビングが趣味のDubiancheさん撮影


 
 <2017年>
●1月のセブ
●2月のセブ
●3月のセブ
●4月のセブ
●5月のセブ
●6月のセブ
●7月のセブ
●8月のセブ
●9月のセブ
●10月のセブ
●11月のセブ
<2016年>
●1月のセブ
●2月のセブ
●3月のセブ
●4月のセブ
●5月のセブ
●6月のセブ
●7月のセブ
●8月のセブ
●9月のセブ
●10月のセブ
●11月のセブ
●12月のセブ


過去の記事

1.日本企業と首都圏鉄道3号線(MRT3)のメンテナンス契約締結へ
2.麻薬取締庁職員が手入れ中に貴重品を盗んだとして訴えられる
3.接種を中断したデング熱ワクチン計画を調査せよ
4.大統領府はデングワクシア計画の調査を約束
5.デング熱ワクチンは命取りにならない~大統領府
6.デングワクシアにリコール命令、共産党と新人民軍をテロ組織に認定
7.ドゥテルテ大統領が保釈中の共産党幹部の逮捕を命じる
8.政府は欠陥のあるデング熱ワクチン製造販売のサノフィを訴える予定
9.内務自治省と国防省が共にミンダナオ地方の戒厳令延長を推薦
10.デングワクシア接種後のタリサイ市のデング熱患者へ医療費補助
11.ナガ市からダナオ市まで1時間に短縮される高速道路建設が来年開始
12.オサミスからの麻薬流入続く、戒厳令再延長の国会承認求める
13.熱低ウルドゥハ発生でもっと雨が降る
14.熱低ウルドゥハがサマール島に接近中、国会が戒厳令1年延長を承認
15.ウルドハ(台風26号)でサマール島警報2、セブ州北部警報1
16.ウルドハ(台風26号)サマール島の東でほとんど動かず停滞
17.ウルドハ(台風26号)サマール島上陸停滞3人死亡6人行方不明
18.ウルドハ(国際名カイタク、台風26号)で少なくとも33人死亡
19.ウルドハで東ビサヤ42人死亡33人行方不明、セブ州9町1市被災宣言
20.熱低ウルドハは去ったが新しい低気圧域が本日入って来る
21.ヴィンタ(台風27号)明後日23日土曜セブ州に被害の出る恐れ
22.ヴィンタ(台風27号)本日22日早朝ミンダナオ島上陸
23.ヴィンタ(台風27号)ミンダナオ島を横断しスルー海へ抜ける
24.ヴィンタ(台風27号)死者133人、数十人が行方不明
25.ヴィンタ(台風27号)ミンダナオで死者少なくとも209人
26.トロピカル・ストーム・ヴィンタ死者240人、行方不明107人
27.花火爆竹負傷13人、流れ弾負傷1人~セントラル・ビサヤ
28.ゴコンウェイ財閥創業者が投資予定の元カウイット島視察
29.1月のシノログのパレード・ルート3000人以上の警官配置
30.元旦から荒れた天気の予報
31.既に船便にキャンセル、元旦にストームが来る

12月のセブ

1.日本企業と首都圏鉄道3号線(MRT3)のメンテナンス契約締結へ
 11月27日水曜運輸通信省は、住友商事が首都圏鉄道3号線(MRT3)のメンテナンスを引き受けるという日本政府との2国間合意書の調印が年末までに行われる、と発表した(THE Department of Transportation said on Wednesday that a government-to-government (G2G) agreement is scheduled to be signed with Japan before year-end, to engage Sumitomo Corporation in the maintenance of Metro Rail Transit-3 (MRT-3).)。

”日本政府との間でハイレベル協議が現在行われており、2国間政府開発援助の枠組みの中で運輸通信省が直接住友商事及び三菱重工と契約締結する運びとなる”、と運輸通信省は説明している(“High-level discussions with the government of Japan are ongoing to pave the way for DOTr’s direct engagement of Sumitomo Corporation and its technical partner Mitsubishi Heavy Industries, under a G2G Official Development Assistance platform,” the DOTr said in a statement.)。

”メンテナンスとリハビリテーション契約は、期間が3年で、契約内容は開業当初の性能基準に復帰させるシステムのメンテナンスとリハビリテーションを含む”、と運輸通信省は付け加えた(“The maintenance and rehabilitation contract is intended to have a term of three years, and will include the rehabilitation and restoration of the system to its original performance standards,” the DOTr added.)。

住友商事及び三菱重工は首都圏鉄道3号線の建設に携わり、建設後12年間メンテナンスを引き受けていたが、その後釜山ユニバーサル・レールがメンテナンスを引き継いだ(Sumitomo and Mitsubishi Heavy designed, built, and maintained the MRT-3 in its first 12 years of operation before Busan Universal Rail Inc. (BURI) took over.)。

首都圏鉄道3号線に技術的故障が多いとして運輸通信省は釜山ユニバーサル・レールとのメンテナンス契約を打ち切った(The DOTr ended its maintenance contract with BURI, blaming it for the technical glitches experienced by the MRT-3.)。

運輸通信省はまた、日本の会社側から求められていないのだが、自発的に30年の運営メンテナンス契約を求めているとのこと(The DOTr said it was also pursuing an unsolicited proposal for the 30-year operation and maintenance of the MRT-3.)。

(参考1)首都圏鉄道3号線の不良メンテナンスによる故障多発

韓国にメンテナンスを委託したことが、最大のミス「マニラMRT-3」毎日故障
Global News Asia / 2017年4月26日 14時16分

MRT-3の故障について伝えるフィリピンのテレビ(YouTubeから)

 2017年4月19日、現地メディアによると、マニラのケソンシティとパサイシティを結ぶ鉄道、MRT-3の故障が多く、乗客を降ろす重大な故障が今年も既に116回発生している。

 この路線は、三菱重工や住友商事が建設に携わり、2012年10月までは、三菱重工交通機器エンジニアリングのフィリピン法人がメンテナンスを行っており、正常に運行されていた。

 現在は、韓国の企業連合がメンテナンスを行っており、電車の運行に大きな支障が出ている。昨年は586回重大な故障がおきており、価格の安さで韓国の企業連合を選択したことのミスが指摘され、契約の見直しを検討している。

 韓国の鉄道事情に詳しい専門家は「韓国の鉄道技術は、世界的に評価が低く、信頼性が低いです。韓国国内でも空港とソウルを結ぶ新線で、故障が相次ぎました。韓国系企業に入札を許可すること自体が、間違いです」と話す。

 韓国の釜山交通公社など5社の企業連合が、2016年1月8日から、メンテナンスを行っている。

(参考2)アキノ政権の9閣僚MRT3のメンテ契約に関し 略奪の疑いで告訴される

(DOTr files plunder raps vs. 9 Aquino Cabinet members over MRT3 maintenance deal)

11月21日火曜運輸通信省は前アキノ政権時代の9閣僚を首都圏鉄道3号線(MRT3)の変則的なメンテナンス契約に関連してオンブズマン(行政監察官)に略奪の疑いで告訴した(The Department of Transportation (DOTr) on Tuesday filed plunder complaints against nine top members of former President Benigno Aquino III' Cabinet over the alleged anomalous contract for the maintenance of the Metro Rail Transit Line 3 (MRT3).)。

このメンテナンス契約は、2015年12月に 韓国の5社が設立した合弁会社の釜山ユニバーサル・レール((Busan Universal Rail Inc.)との38億1千万ペソの契約(the P3.81-billion maintenance contract awarded to Busan Joint Venture in December 2015)。

(12月1日)

2.麻薬取締庁職員が手入れ中に貴重品を盗んだとして訴えられる
 少なくとも20人のセントラル・ビサヤ麻薬取締庁職員が770万ペソの貴重品類を窃盗するため麻薬手入れを行ったとしてオンブズマン事務所(行政監察院)に訴えられた(At least 20 agents of the Philippine Drug Enforcement Agency in Central Visayas (PDEA-7) are facing a string of complaints before the Office of the Ombudsman for allegedly staging a drug bust in order to steal several valuables amounting to at least P7.7 million.)。

レオとジャネットのマリンギン夫妻は、強盗、ゆすり、犯罪策謀、偽証、不法逮捕、法に基づかない留置、悪意ある訴追、著しい不行跡、公務員不相応行為、不正行為、大衆の信頼に対する裏切りに責任のある公務員を逮捕するようにコンチータ・カルピオ・モラレス行政監察官及び国軍及びその他の法執行機関担当の行政監察補佐官に訴えた(Spouses Jeanette and Leo Malingin asked Ombudsman Conchita Carpio-Morales and the Ombudsman for the Military and Other Law Enforcement Offices (Moleo) to hold the respondents liable for robbery, extortion, incriminatory machinations, perjury, illegal arrest, arbitrary detention, malicious prosecution, grave misconduct, conduct unbecoming an officer, dishonesty, and betrayal of public trust.)。

(注)行政監察院は院長(オンブズマン=行政監察官)、補佐官5人(統括、国軍担当、ルソン地方担当、ビサヤ地方担当、ミンダナオ地方担当)で構成される。行政監察院は公務員および準公務員に対する訴追を迅速に処理する。(INSIDE NEWs OF THE PHILIPPINES、基礎講座)

訴状は11月10日付である(letter dated November 10, 2017 to the Ombudsman)。

マリンギン夫妻とジャネットの姉妹コシドに訴えられている1人である取締庁職員ラリョスは、セントラル・ビサヤ麻薬取締庁は違法活動に携わっていないとして容疑を否定している(PDEA-7 agent Earl Rallos, who was one of the agents sued by the Malingin couple and Jeanette’s sister Menen Cosido, denied the claims of the complainants and maintained that their office is not involved in any illegal activity.)。

レオ、ジャネット、コシドの3人は、セントラル・ビサヤ麻薬取締庁職員に7月30日夜明け前マンダウエ市の自宅において逮捕された(Leo, Jeanette and Cosido were arrested by the PDEA-7 agents inside their residence at Lower Hermag Village in Barangay Tabok, Mandaue City, at dawn of July 30, 2017.)。

(注)7月30日逮捕はcebudailynews.inquirer.netの誤りで、正しくは7月10日であろう。

3人は容疑を否定しているが、違法薬物所持及び販売の容疑での逮捕とのこと(They were accused of possession and selling of illegal drugs ー an accusation denied by the three persons.)。

コシドはジャネットでないことが分かり10時間後に釈放されたが、レオとジャネットはマンダウエ検察庁に送検された(Jeanette, who said she was the target of the PDEA operation, told CDN in an interview that Cosido was released 10 hours later after PDEA-7 found out that she was not Jeanette.On the other hand, complaints were filed by PDEA against Leo and Jeanette at the Mandaue City Prosecutor’s Office.)。

ジャネットは証拠不十分で起訴されなかったが、レオは起訴され現在マンダウエ市刑務所に拘置されている(The handling prosecutor recommended the dismissal of the cases against the couple for lack of sufficient basis to indict them.However, Mandaue City Acting Prosecutor Maritess Cullen disapproved the recommendation and ordered the filing of charges against Leo in court but sustained the dismissal of the case against Jeanette.Leo is currently detained at the Mandaue City Jail.)。

夫妻の訴状によると、セントラル・ビサヤ麻薬取締庁職員は裁判所の逮捕令状無しで7月30日午前3時45分自宅に押し入ってきたという(In a statement, the couple said the PDEA-7 agents barged into their house without a court-issued search warrant at around 3:45 a.m. on July 30.)。

(注)7月30日はcebudailynews.inquirer.netの誤りで、正しくは7月10日であろう。

取締庁職員はジャネットに銃を向け金庫を開けるよう命令し、中の2百万ペソの宝石類、5百万ペソの小切手、70万ペソの現金を持ち去った、とジャネットは言う(Jeanette said the agents pointed a gun at her and ordered her to open their safety vault. She said the agents carted away their jewelry amounting to P2 million, personal checks worth P5 million, and cash of more than P700,000.)。

その他クレジットカード、ATMカード、携帯電話、車のキー等を持ち去っているが、麻薬の手入れなら真っ直ぐに金庫へ向かうべきでなかったはずである、貴重品が目当てだった、とジャネットは主張する(She also said the raiding team also took their credit cards, ATM cards, bankbooks, cell phones, a licensed .45 caliber, luxury watches, and keys of their Toyota Fortuner and Toyota Hilux pickup.“If they were doing a drug bust, they should have not gone straight to our vault. They were only going for it,” Jeanette said.)。

取締庁の文書では手入れは午前5時20分に行われたとなっているが、夫妻は3台の監視カメラのビデオを提出している。それによれば手入れのチームは7月10日午前4時15分に引き上げている。”彼等は午前3時45分に我々の家に既に居たのだ”、とジャネットは言う(The PDEA-7, in its report, claimed that they conducted the drug bust at 5:20 a.m., but the complainants presented footage from three closed-circuit televisions (CCTVs) from three separate sources which showed that the raiding team pulled out from their house at around 4:15 a.m. of July 10.“They were already at our house at around 3:45 a.m.,” Jeanette said.)。

手入れの日に麻薬は押収されておらず、20日後の7月30日取締庁は80グラムの覚醒剤を提示した(She said no inventory of the supposed seized items were conducted.It was only later in the afternoon of July 30 or 20 days later when the PDEA-7 presented packs of shabu weighing 80 grams.)。

逮捕した取締庁職員は釈放の見返りに1千万ペソ要求したが、自分達は拒否した、とジャネットはセントラル・ビサヤ麻薬取締庁において述べた(At the PDEA-7 office, Jeanette said that the arresting officers demanded at least P10 million from them in exchange for their freedom.They refused.)。

セントラル・ビサヤ麻薬取締庁は結局は現金と宝石類を除き返してきた、と彼女は言った(She said the PDEA-7 eventually returned some of the items taken from their house except the cash and pieces of jewelry.)。

ジャネットは、我々家族は麻薬との関わりは一切無いのだ、と述べている(Jeanette explained that their family has never been involved in illegal drugs.)。

(12月2日)

3.接種を中断したデング熱ワクチン計画を調査せよ
 製薬会社がデング熱ワクチンの問題を警告したのを受け反犯罪反汚職ボランテア団体 (VACC) は、デング熱免疫計画に関連した調査をするように当局に要求するとのこと(THE Volunteers Against Crime and Corruption (VACC) will ask authorities to conduct an investigation in connection with the dengue immunization program, after the manufacturer warned of problems in the vaccine.)。

フランスの巨大製薬会社のサノフィ・パスツールが、デング・ウイルスに感染したことのない人にとってデング熱ワクチンであるデングワクシアは重度のデング熱を発症させるおそれがあると発表したのを受け、1日金曜保健省は デングワクシア接種の中断命令を出した(The Department of Health (DoH) ordered the suspension of the program on Friday after the supplier, French pharmaceutical giant Sanofi, said that “for those not previously infected by dengue virus,” the Dengvaxia vaccine might cause “more cases of severe disease.”)。

”最初に法務省に次に国家捜査局に徹底的な掘り下げた調査を実施するよう書面で要求する”とボランテア団体の設立者であるヒメネス会長兼理事長は語った(“We will file first a letter-request to the Department of Justice…and request the National Bureau of Investigation to conduct an exhaustive, in-depth investigation,” Dante Jimenez, founding chairman and president of VACC, said in an interview.)。

ヒメネス会長は、免疫計画が実施された地方、特にメトロ・マニラ、セントラル・ルソン、カラバルソン(マニラの東部から南部にかけての地域)地方に苦情センターを設立するように保健省に強く要求するとしている(Jimenez urged the DoH to set up complaint centers in areas where the vaccination program was implemented, especially in Metro Manila, Central Luzon and Calabarzon.)。

保健省によると、セントラル・ルソン、カラバルソン、首都圏で11月までで73万3713人がデングワクシアの接種を受けている(According to the records of DOH, a total of 733,713 children from Central Luzon, Calabarzon and National Capital Region received Dengvaxia as of last month.)。

デングワクシアの接種対象は9歳~45歳で6ヶ月毎に3回受ける必要がある(Dengvaxia is given to persons aged nine to 45 as a three-dose series on a 0/6/12 month schedule. )。

セブ州においては今年2月からセブ市の9歳児のみを対象にデング熱ワクチンの接種を始めるとの報道が1年前の12月にあった。ワクチンの量が限られているためセブ市の9歳児のみへの接種となるとのことであった(THE Department of Health (DOH) will implement the anti-dengue vaccination on all nine-year-olds in Cebu by February 2017。We have limited vaccines, so we have limited target)。

(注) 保健省は2015年12月仏製薬大手 サノフィ・パスツール( Sanofi Pasteur)の デング熱ワクチン”デングワクシア( Dengvaxia)”を認可した。

(注) 2016年2月 フィリピンがデング熱ワクチンを世界で最初に提供し始めたというニュースが流れた(World’s first dengue vaccine now available in PH、By CNN Philippines Staff、 Fri, February 12, 2016)。このデング熱ワクチンは首都圏など3つのパイロット地域でテストされていた。

(12月3日)

4.大統領府はデングワクシア計画の調査を約束
 昨日3日日曜大統領府は、デング熱ワクチン接種の違法性を徹底的に調査し背後にいた人間を処罰する、と約束した(Malacañang on Sunday vowed to carry out an exhaustive investigation into the dengue vaccination anomaly and punish those behind it.)。

保健省と教育省は世界初のデング熱ワクチンであるデングワクシアを接種した数十万人の学校児童の状況を監視する、とロケ大統領報道官は述べた(Palace spokesman Harry Roque said the Department of Health and the Department of Education will monitor the condition of the hundreds of thousands of schoolchildren who had received injections of Dengvaxia, the world’s first anti-dengue vaccine.)。

”数十万の若い生命を危険に晒した恥知らずの公衆衛生詐欺の責任者を草の根を分けて探す”、とロケ報道官は言った(“We will leave no stone unturned in making those responsible for this shameless public health scam, which put hundreds of thousands of young lives at risk, accountable,” Roque said.)。

デングワクシアの製薬会社であるサノフィ・パスツールが、デング・ウイルスに感染したことのない人にデングワクシアを接種した場合長期的には重症のデング熱を発症させるおそれがあると発表したのを受け、1日金曜保健省は デングワクシア接種計画の中断を発表した(The Health department announced on Friday it was suspending the dengue immunization program after Sanofi Pasteur, the maker of Dengvaxia, said the vaccine could cause a more severe case of dengue in the long term if injected into people who have had no prior infection.)。

上院保健委員会のエヘルシト委員長と同様に司法省も、アキノ前政権によって始められた35億ペソの反デング熱ワクチン接種計画を調査するとしている(The Department of Justice, as well as Sen. Joseph Victor “JV” Ejercito, chairman of the Senate health committee, said they will also conduct a probe into the P3.5 billion anti-dengue vaccination program initiated during the term of former President Benigno Aquino 3rd.)。

2016年以降ワクチン接種を受けた児童の内危険性が高いのは約7万人という。73万人強が接種を受けたが、90%の児童は以前にデング熱に感染したことがあるとのこと(Those at risk are some 70,000 children who were vaccinated under a Health Department program since 2016. A total of 733,713 were vaccinated, but 90 percent of them have had dengue.)

ロケ報道官は、政府はサノフィ社が”重症(severe disease)”の定義を明確にするのを待っている、という(Duque said the government is still trying to clarify Sanofi's definition of a "severe disease.""We're awaiting Sanofi's definitive definition of severe disease… Magulo e there is no clarity," he said.)。

(12月4日)

5.デング熱ワクチンは命取りにならない~大統領府
 昨日4日月曜大統領府は、デング熱ワクチンは命取りにはならないのでパニックを起こすことはない、と語った(NO need to panic over the anti-dengue vaccine as it does not cause the deadly dengue virus, Malacañang said on Monday.)。

記者会見でロケ大統領報道官は、製薬会社サノフィ・パスツールが言う重症(severe)のデング熱には命取りの症状は含まれていない、と述べた(In a news conference, Palace spokesman Harry Roque said the “severe” dengue classification that pharmaceutical company Sanofi Pasteur had mentioned involved symptoms that are not deadly.)。

”グッド・ニュースは人々はデング熱ワクチンでパニックになるべきではないということ、デング熱ワクチンは危険ではない”、とロケ報道官は言った(“The good news is people should not panic about the dengue vaccine. There is no danger with the dengue vaccine,” Roque told reporters.)。

”サノフィが言う重症(severe)のデング熱の症状は、2日間の熱、血友病、皮膚の斑点などである、これらは命取りになるデング熱のタイプではない”、と彼は付け加えた(“The ‘severe dengue’ that is mentioned by Sanofi will involve symptoms that include two days of fever and hemophilia, the patches on the skin. It is not the deadly type of dengue,” he added.)。

昨日4日月曜サノフィ・パスツールは、デング熱ワクチンで3人の子供が死んだという反犯罪反汚職ボランテア団体 (VACC) の主張を否定してデングワクシアでの死亡事例は今まで無い、と述べた(Sanofi Pasteur on Monday said there had yet to be deaths reported because of Dengvaxia, denying the claim of the Volunteers Against Crime and Corruption that three children had died because of the vaccine.)。

サノフィのディゾン医事責任者は、”我々の知りうる限り、我々の認識している限り、デング熱ワクチン接種に関連した死亡は報告されていない”、と語った(“As far as we know, as far as we are made aware, there are no reported deaths that are related to dengue vaccination,” Sanofi Medical Director Ruby Dizon said.)。

”もちろん安心してください、我々は保健省と協力して監視を続けています、確実に監視を続けています”、とディゾン女史は付け加えた(“Of course, rest assured, monitoring is continuing, we are working with the Department of Health, in collaboration, to make sure this is maintained,” she added.)。

一方、セブ州では15万人以上の児童がデングワクシアの接種を受けていたとのこと(Over 150,000 children in Cebu were given the controversial dengue vaccine or the Dengvaxia。158,766 children)。

9歳以上の接種の対象となる児童は32万人以上いたが、今年6月から15万人以上の児童に対して第1回目の接種が始まり8月に終了している(There were actually 323, 779 children who qualified for the vaccine, which started last June and ended last August and given to children nine years old and above.)。

第2回目の接種が年明けから開始される予定だったが、保健省が中断を発表した(The second dose would have been given early next year but was suspended by the DOH.)。

(12月5日)

6.デングワクシアにリコール命令、共産党と新人民軍をテロ組織に認定
 保健省食品薬品管理局は、接種者への健康上のリスクがあるとして物議をかもしているデング熱ワクチンの市場からのリコールを命じた(THE Food and Drug Administration (FDA) has ordered the recall of a controversial dengue vaccine from the market because of the health risk it poses to its recipients.)。

”食品薬品管理局は、暫定的対応としてサノフィに対してデングワクシアの販売、流通、マーケテイングの差し止めとデングワクシアの市場からの引き上げを命じた”、と一昨日4日遅くの文書に記されている(“The FDA immediately directed Sanofi to SUSPEND the sale/distribution/marketing of Dengvaxia and cause the WITHDRAWAL of Dengvaxia in the market pending compliance with the directives of the FDA,” according to the advisory issued late Monday.)。


ドゥテルテ大統領は、フィリピン共産党と新人民軍をテロ組織と認定する布告に署名した(President Rodrigo Duterte has signed a proclamation declaring the Communist Party of the Philippines-New People’s Army (CPP-NPA) as terrorist organizations.)。

記者会見でロケ大統領報道官は、大統領は反テロ法である”人間の安全保障法”に従って布告を出したと述べた(In a news briefing, Palace spokesman Harry Roque said Duterte made the proclamation in accordance with the Republic Act 10168 or the Human Security Act.)。

この布告は、民衆の間に広くそして驚くべき恐怖とパニックを発生させる共産党と新人民軍による継続する暴力行為が原因である、とロケ報道官は説明した(This, he said, is due to the “continued violent acts of the CPP-NPA which sow and create a condition of widespread and extraordinary fear and panic among the populace.”)。

また大統領は、共産党と新人民軍を”人間の安全保障法”が定めるテロ組織に分類するようマニラ地方裁判所へ請願するように、とアギレ司法大臣に対して命じた(Duterte also ordered Justice Secretary Vitaliano Aguirre 2nd to immediately file a petition at the Manila Regional Trial Court to classify the CPP-NPA as terrorist groups under the Human Security Act.)。

(参考1) ”人間の安全保障法”に定める罰則

実行者 40年 の禁固刑

共謀者 40年の禁固刑

共犯者 17年4月を超え20年以下の禁固刑

幇助者 10年を超え12年以下の禁固刑

(参考2) ”人間の安全保障法”に定める予防拘禁

テロ行為についての被疑者や容疑者に対する 3日間の予防拘禁が、正式な逮捕令状を必要と しない緊急措置として認められている。

(12月6日)

7.ドゥテルテ大統領が保釈中の共産党幹部の逮捕を命じる
 昨日6日水曜ドゥテルテ大統領は、和平交渉のために保釈されている共産党幹部を大量逮捕せよと命じる、と述べた(President Rodrigo Duterte on Wednesday said he will order the “mass arrest” of the communist leaders who were freed to participate in the peace negotiations.)。

大統領府における昇進軍人の宣誓式で大統領は、最近の共産党反乱軍の行動には愛想が尽きていると述べるとともに彼等とはもはや交渉する気にならないと何度も繰り返した(The President, speaking during the oath-taking of newly promoted military officials in Malacañang, said he was fed up with the recent actions of the communist rebels and reiterated that he is no longer inclined to talk with them.)。

閣僚のヘスス・ドゥレーザ和平プロセス担当大統領顧問は、昨年和平交渉のために共産党委員長のベニート・ティアムソンと妻の ウィルマを含む21人の幹部が保釈されている、と語った(Presidential Peace Adviser Jesus Dureza had confirmed that 21 consultants were released for the peace talks last year, including Benito and Wilma Tiamzon, the couple leading the communist rebellion.)。

大統領は、民衆は長い闘争を覚悟すべきであると述べ、もし任期中に闘争が終結したら嬉しいが、彼等とはもう話し合いをしない、と言った(In his speech, Duterte said the public should expect “a longer war.” “But if we finish it during my term, I will be happy. But I am not talking to them anymore,” Duterte said.)。

(参考1)21人の幹部が保釈~2016年8月フィリピン政府と共産党の双方が、一時的な停戦を宣言し、ドゥテルテ政権がノルウェーのオスロでの和平交渉に先立ち、拘束していた共産党のベニート・ティアムソン委員長(兼新人民軍議長)とその妻ら幹部を釈放した(マニラ地裁がベニート・ティアムソン等の一時保釈を命令)。

(参考2)共産党委員長のベニート・ティアムソン~2014年3月 国軍は、セブ州カルカル市( Carcar City、セブ市の40キロ南 )の検問においてベニート・ティアムソン共産党委員長(兼新人民軍議長)とその妻及び中央委員会幹部計7人を逮捕した。

(12月7日)

8.政府は欠陥のあるデング熱ワクチン製造販売のサノフィを訴える予定
 昨日7日木曜フランシスコ・デュッケ保健大臣は、政府は恩恵より害の方がより大きいことが判明したデングワクシアを製造したサノフィ・パスツールを訴える、と述べた。デングワクシアは、 デング熱に感染したことのない人に接種した場合その後に感染した時に症状が重症化することがあることが判明している(HEALTH Secretary Francisco Duque 3rd said on Thursday that the government would sue Sanofi Pasteur, the pharmaceutical company that manufactured Dengvaxia, the dengue vaccine that turned out to be more harmful than in treating patients infected for the first time by the mosquito-borne disease.)。

ANC(the ABS-CBN News Channel)のインタビューでデュッケ保健大臣は、デングワクシアは 感染歴がある人には有効だが感染歴がない人に接種した場合デング熱の症状が重症化するリスクがあるとサノフィは認め健康パニックを引き起こした、と語った(In an interview on “Headstart,” the news and public affairs program on ANC, Duque said Sanofi had caused a health scare when it admitted that the vaccine, while effective on those who had been infected, did not have the same results on those who had newly acquired the disease as they faced the risk of developing a severe case of dengue fever.)。

結局はサノフィの責任を法廷に判断してもらうということ、とデュッケ保健大臣は言った(“Eventually it’s the court of law that is going to decide in so far as the liability of Sanofi is concerned,” Duque said.)。

デュッケは、政府は又使用していないデング熱ワクチン14億ペソの返金を求めるだろう、とも述べた(Duque also said the government may ask Sanofi for a refund of the P1.4 billion or roughly over $27.6 million worth of unused dengue vaccine supplies.)。

保健省食品薬品管理局はデングワクシアの市場からのリコールを命じたが、今週初め記者会見でサノフィはリコールを申し出ずにラベル表示の改定(デング熱に感染したことのない人には副作用がある可能性があると表示)を提案していた(The Philippine Food and Drug Administration (FDA) ordered a recall of Dengvaxia in the market pending results of an investigation into the medical fiasco.In a press conference early this week, Sanofi did not offer to recall the product but instead proposed that the vaccine be “relabeled” to contain its possible adverse effects on first-time dengue victims. )。

(12月8日)

9.内務自治省と国防省が共にミンダナオ地方の戒厳令延長を推薦
 内務自治省は、国家警察の推薦に基づきミンダナオ地方の戒厳令の1年延長をドゥテルテ大統領に推薦した(The Department of the Interior and Local Government has endorsed to President Rodrigo Duterte a one year extension of martial law in Mindanao based on the recommendation of the Philippine National Police.)。

カタリノ・クイ内務自治大臣は、国家警察の推薦を是認した、と述べた(“We endorsed the recommendation of [the] PNP,” DILG officer-in-charge Catalino Cuy said.)。

昨日8日金曜マラヤ内務自治次官補は、国家警察のミンダナオ地方の戒厳令の1年延長推薦に基づき、これをドゥテルテ大統領に推薦した、と述べた(In a separate text message to GMA News Online Friday, DILG Assistant Secretary Jonathan Malaya said: “Yes, we have endorsed to PRRD (Duterte’s initials) the recommendation of the PNP for a one- year extension of martial in Mindanao.”)。

マラヤ内務自治次官補は、クイ内務自治大臣は戒厳令延長の推薦理由を2つ上げている、と説明した(He said that according to Cuy, the recommendation is based on two factors.)。

第1に、IS系マウテの残党などのテロリストの脅威が残っており、これに対処する必要がある。第2に、ドテルテ政権の最優先課題であるマラウィ市復興を促進するため(First, the need to address the continuing threats of terrorists/extremist groups in Mindanao, particularly remnants of the Maute/ISIS groups which have yet to be completely neutralized and, second, to facilitate the Marawi rehabilitation which is a top priority of the Duterte administration.)。


一方、昨日8日金曜国軍は、ミンダナオ地方の戒厳令を年末を超えて延長することを大統領に推薦したことを確認した(The Armed Forces of the Philippines (AFP) confirmed on Friday that it recommended the extension of martial law in Mindanao beyond December 31.)。

大統領府の記者会見においてパデリャ准将は、フィリピン南部におけるテロリストの脅威が継続しているためデルフィン・ロレンザーナ国防大臣から大統領に推薦した、と語った(In a press briefing in Malacanang, Brig. Gen. Restituto Padilla Jr. said the recommendation, which was forwarded to President Rodrigo Duterte through Defense Secretary Delfin Lorenzana, was made due to the terrorist threat that continues to prevail in southern Philippines.)。

国家警察は1年間の延長を要望しているが、パデリャ准将は戒厳令の延長期間については漏らさなかった(Padilla could not divulge the period of extension of martial law that the AFP recommended, although the Philippine National Police earlier said it proposed for an extension of another year.)。

(12月9日)

10.デングワクシア接種後のタリサイ市のデング熱患者へ医療費補助
 第1回目のデングワクシアの接種を受けて6ヶ月後にデング熱を発症したタリサイ市バランガイ・ラワーンの10歳児の家族に市の社会福祉開発室から1万ペソの援助金が出るはこびとのこと(By next week, the P10,000 needed by family of the 10-year-old child from Barangay Lawaan, Talisay City, who was admitted for dengue six months after he took his first shot of the controversial anti-dengue vaccine, Dengravia, would have been covered already by Talisay City’s Social Welfare Development Office.)。

ジュジェン・アバボンはナガ市の私立病院South General Hospitalの集中治療室に入院し請求書は3万ペソだが、タリサイ市社会福祉開発室のソラナ室長は1万ペソの援助金を出す決裁書を用意したとのこと(Felipa Solana, head of the Talisay City Social Welfare and Development Office, told CDN in a phone interview on Saturday that they have recommended a P10,000 financial assistance for the family of Jujen Ababon, whose hospital bills ballooned to P30,000 five days after being confined at the intensive care unit (ICU) of the South General Hospital in Naga City, southern Cebu.)。

5日火曜ジュジェン・アバボンは、ひどい鼻血と高熱で公立のタリサイ市地区病院へ運ばれたが、その後私立病院South General Hospitalの集中治療室に移された(Jujen Ababon was rushed to the hospital due to severe nosebleeding that followed a high fever last Tuesday.He was taken to the government-run Talisay City District Hospital before he was transferred to private Cebu South General Hospital where he was placed in the intensive care unit.)。

7日木曜アバボンは安定した状態となったが、それでも少年の家族からも近隣住民からも心配が無くならなかった。近隣住民の子供達もデングワクシアの接種を受けていたから(Ababon was declared in stable condition on Thursday, but this did not ease the anxiety of his family and several of their neighbors in Sitio Kaduldulan of Barangay Lawaan III, whose children also had received the Dengvaxia vaccine.)

ありがたいことに少年は集中治療室から一般病棟へ移されたが、母親ジニーは3万ペソの請求書に悩んでいる。母親は洗濯の仕事をしている(“Thank God my son is safe now, and the doctors assured he will be placed in a normal ward. But we still need to pay the hospital bill (which hospital staff told me) will be at most P30,000,” said the boy’s mother, Jinny, who earns a living by making cleaning rags.)。

父親ジュンレイ(31歳)はタリサイ市の店で修理工として働いているが、病院の頭金2万ペソを雇用主から借りて工面した(The boy’s father, Junrey Ababon, 31, works as a mechanic in a shop in Barangay Tabunok, Talisay.He said they managed to secure a P20,000-loan from his employer as down payment to the hospital.)。

彼は多額の借金に困惑しているが、夫婦は1千ペソしか持ち合わせがなかった(He said he was embarrassed to borrow such a large sum but he and his wife only had P1,000 for the hospital bills.)。

セントラルビサヤ保健局の役人は、少年は通常のデング熱でワクチンが原因ではない、と夫婦に言ったという(Officers from the DOH-Central Visayas (DOH-7) told the couple that their son had a normal case of dengue and this was not due to the vaccine.)。

セブ州保健室のデータによると今年のセブ州のデング熱による死者は14人(Dengue had claimed 14 lives in Cebu this year, according to PHO data.)。

少年と同じ地区の少女が昨年デング熱で死亡しているとのこと(Jinny said that a daughter of one of their neighbors died of dengue last year, the first dengue fatality in Sitio Kaduldulan.)。

セブ州保健室のデータによると、タリサイ市は州内でデング熱発症が最大で今年1月から11月までで453例あるとのこと(Based on PHO records, Talisay had the most number of dengue cases in the entire province, which recorded 453 patients and no fatality from January to November this year.)。

(12月10日)

11.ナガ市からダナオ市まで1時間に短縮される高速道路建設が来年開始
 公共事業道路省によると、500億ペソのメトロ・セブ高速道路建設が来年2018年スタートするとのこと(P50-B Metro Cebu Expressway to start in 2018 ?DPWH)。

セブ市の南のナガ市からセブ市の北のダナオ市へ現在3時間かかっているのが1時間になる(Travel from Naga City in the south to Danao City in the north will soon take only an hour from the usual three hours.)。

74キロの高速道路建設は来年2018年の早い時期に開始される(This will become possible with the construction of 74-km Metro Cebu Expressway which is expected to start early 2018.)。

公共事業道路省は総額500億ペソの内、来年度3億ペソを用地取得費と土木工事費に計上している(The Department of Public Works and Highways in Central Visayas (DPWH-7) has allotted P300 million from its P50-billion budget to spend for the road right-of-way (RROW) acquisition and initial civil works.)。

3億ペソの用地取得費と土木工事費は、総延長を3分割したナガ市からミングラニリャ町の区間に当てられる(Engineer Nonato Paylado, DPWH-7 planning division head, said the initial P300 million allocation would be focused on segment 3 of the three-phase project which would be from Naga City to Minglanilla town.)。

今年5月マーク・ビリヤール公共事業道路大臣はナガ市からダナオ市へ高速道路建設を発表している(Last May, Public Works and Highways Secretary Mark Villar announced the implementation of the Metro Cebu Expressway project that would cut down travel time from Naga City to Danao City to about an hour from three hours and decongest traffic in the metro cities.)。

フィージビリテイ・スタデイは今年の早い時期に完了した(Feasibility studies for the project had been completed earlier this year.)。

ビリヤール公共事業道路大臣は、工事はドゥテルテ大統領の任期末2022年までに完成するという楽観的見通しを述べている(Villar expressed optimism that the entire project would be finished before the end of President Duterte’s term in 2022.)。

また大臣は、建設工事は国家予算で実施されるが、運営と維持管理は民間委託となる可能性を示唆した(While the project was funded by the government, Villar raised the possibility that the operation and maintenance of the expressway would be bid out to a private company.)。

工事は3フェーズに分割されている。タリサイ市からセブ市、そしてマンダウエ市の区間。コンソラシオン町からリロアン町へ、そしてコンポステラ町、ダナオ市の区間。ナガ市からミングラニリャ町の区間(The expressway is divided into three phases ? from Talisay City to Cebu City and then to Mandaue City; from Consolacion to Liloan to Compostela to Danao City; and from Naga City to Minglanilla town.)。

プロジェクトの詳細は明らかにされていないが、高速道路は山の斜面に建設されるようだ(While no details had been released about the project, Paylado said the expressway would traverse along the mountain slopes.)。

高速道路は4~6車線で中央島も設ける。中央島は将来の道路拡幅に当てられる(The expressway will have four to six lanes as well as a center island.Nillama explained that the center island would be used if there was a need to further widen the road.)。

必要により、トンネルや既存道路との立体交差の建設も伴う可能性があるとのこと(There is a proposal of a tunnel but not final yet. It is along the section somewhere in the mountain village of Cebu City,” he said.“We are also seeing possibilities of constructing underpass or overpass if there are road that could obstruct the expressway’s construction,” she added.)。

(12月11日)

12.オサミスからの麻薬流入続く、戒厳令再延長の国会承認求める
 セブ市警察によると、セブの麻薬王はまだオサミス市から覚醒剤の供給を受けているという(DRUG lords in Cebu are still buying shabu in Ozamiz City, according to Chief Insp. Jovie Espenido, the city’s police commander.)。

(注)オサミス市~ミンダナオ島サンボアンガ半島の付け根にある ミサミス・オクシデンタル州の都市。 南はイリガン湾からさらに内陸へ食い込んだパンキル湾に面している。

セブ市警察は、5百万ペソ相当の覚醒剤がセブ市へ搬入されようとしていたのを阻止したという(Espenido said they intercepted P5 million worth of shabu that was about to be shipped to Cebu City.)。

この覚醒剤は、パロヒノグ一味から押収された1億1千2百万ペソ相当の覚醒剤の一部である(The illegal drugs were part of the P112 million worth of shabu seized from the Parojinog clan.)。

(注)パロヒノグ一味~ 今年7月30日警察に射殺されたレイナルド・パロヒノグ(Reynaldo Parojinog)市長の一味のことと考えられる。 今年7月30日警察の手入れで銃撃戦がありオサミス市の市長夫妻、市長の兄弟等15人が死亡した。 パロヒノグ市長については、ドゥテルテ大統領が昨年の演説で、麻薬取引に関わっている地方首長の一人として名指ししていた。

パロヒノグ一味にはセブ市で覚醒剤取引をしている親戚がいるとのこと(Espenido said the Parojinogs have relatives here in Cebu who are engaged in drug trafficking.)。

パロヒノグ一族は1965年から覚醒剤取引に関与しいる。オサミス市には覚醒剤工場はないのだが覚醒剤は大量にあるとのこと(The family has been linked to illegal drugs as early as 1965,he said.Ozamiz, he said, does not have a shabu laboratory, but the drugs abound. )。


昨日11日月曜ドゥテルテ大統領は、ミンダナオ地方の反乱を完全に鎮圧するため戒厳令と人身保護令状の停止を2018年12月31日まで再延長することを承認するよう国会に求めた(President Rodrigo Duterte has asked Congress to extend the declaration of martial law and suspension of the writ of habeas corpus for another year or until Dec. 31, 2018 to "quell completely and put an end to an ongoing rebellion" in Mindanao.)。

(12月12日)

13.熱低ウルドゥハ発生でもっと雨が降る
 フィリピン気象庁によると、北スリガオ州の東にあった低気圧域が熱帯低気圧ウルドゥハに発達したとのこと(A low pressure area east of Surigao del Norte has turned into Tropical Depression “Urduja,” according to the Philippine Atmospheric, Geophysical and Astronomical Services Administration (Pagasa).)。

昨日午後5時熱低ウルドゥハは、スリガオ市の東480キロにあり、最大風速15メートル、最大瞬間風速18メートルで、北北西に時速6キロで進んでいる(In its 5:00 pm bulletin on Tuesday, Pagasa said that Urduja was last spotted 480 km east of Surigao City. It was packing maximum sustained winds of up to 55 kph with a gustiness of up to 65 kph.
Pagasa said that Urduja was moving north-northwest at 6 kph.)。

(注)スリガオ市~ミンダナオ地方北東部の都市。

メトロ・セブでは水曜から土曜まで雨天が予想されるので傘等を用意せよとのこと(BRING raincoats and umbrellas in the next couple of days as the weather bureau has forecast rains in Metro Cebu on Wednesday until Saturday.)。

マクタン気象台は、今後数日時々の強い雨が予想されるとしている(Oscar Tabada, Philippine Atmospheric, Geophysical and Astronomical Services Administration-Mactan (Pagasa-Mactan) regional director, said in an ABS-CBN report on Tuesday that occasional heavy rains would be expected in the following days.)。

(注)熱低ウルドゥハの進路~進路予想の中心線はビコール地方上陸となっているが、進路予想円の中にセブ島も入っている。

(12月13日)

14.熱低ウルドゥハがサマール島に接近中、国会が戒厳令1年延長を承認
 昨日13日水曜午後11時フィリピン気象庁は熱低ウルドゥハが36時間以内にトロピカル・ストームに発達する可能性があると発表した(In its 11:00 p.m. bulletin on Tuesday, Pagasa said that Urduja might intensify into a tropical storm within 36 hours.)。

昨日13日水曜午後5時熱低ウルドゥハの中心は東サマール州ギウアン町(サマール島南端)の東395キロにあり、時速7キロで北西に進んでおり、最大瞬間風速18メートル(Data from Pagasa showed that as of 5 p.m. yesterday, the storm’s eye was located 395 km east of Guiuan, Eastern Samar. Urduja, which was moving in a northwest direction with a speed of seven kilometers per hour, was packing winds of up to 65 kph.)。

本日14日木曜午前4時には、東サマール州ギウアン町の東175キロに接近しており時速8キロで西に進んでいる(最大瞬間風速18メートルは変わらず)。

フィリピン気象庁は今朝14日午前5時、熱低ウルドゥハは速度を早め東サマール州から北サマール州へ向かっているとしており、昨日のビコール地方へ向かうという予想より進路が南寄りになってきている(ISSUED AT:5:00 AM, 14 December 2017 、TROPICAL DEPRESSION "URDUJA" HAS SLIGHTLY ACCELERATED AS IT APPROACHES THE EASTERN SAMAR-NORTHERN SAMAR AREA.)。

日本の気象庁の進路予想の円は、東サマール州、レイテ島、ミンダナオ島北スリガオ州までの広い範囲を含んでおり、中心線は南のスリガオ市の方向を指している(本日木曜午前6時発表)。

ということで、進路予想が南寄りになってきているので、セブ直撃の可能性もあるしセブ島の南を通過する可能性も出てきている。

昨日13日水曜国会は、ミンダナオ地方の反乱を完全に鎮圧するための同地方の戒厳令と人身保護令の停止を2018年12月31日まで再延長することを承認した(The Philippine Congress voted on Wednesday to further extend the imposition of martial law and suspend the privilege of the writ of habeas corpus in Mindanao for one year to fully address rebellion in the region.)

上下両院の特別合同議会の評決は、賛成240、反対27であった(Voting 240-27 during the joint session of the Senate and the House of Representatives in Quezon City)。

(12月14日)

15.ウルドハ(台風26号)でサマール島警報2、セブ州北部警報1
 熱低ウルドハはトロピカル・ストームに発達しサマール島に近づきつつある(TROPICAL depression “Urduja” (international name: Kaitak) has intensified into a tropical storm and continues to threaten Samar provinces, according to the state-run weather bureau.)。

(進路予想は明日16日土曜サマール島に上陸して西に進むとなっている)

本日15日金曜午前1時トロピカル・ストーム・ウルドハの中心は東サマール州ギウアン町(サマール島南端)の東北東155キロにある(At 1:00 AM today, the center of Tropical Storm "Urduja" was estimated based on all available data at 155 km East Northeast of Guiuan, Eastern Samar (11.3 °N, 127.1 °E))。

昨日14日木曜午後5時気象庁は東サマール州、西サマール州、ビリラン州(サマール島の西、レイテ島の北の島)に警報2を発した(In its 5:00 p.m. forecast, the Philippine Atmospheric Geophysical and Astronomical Services Administration (Pagasa) raised Signal No. 2 over Eastern Samar, Samar and Biliran.)。

警報2は、これらの地方では今後24時間以内に17~33メートルの強風が吹く、ということ(Pagasa said these areas may experience winds of up to 61-120 kilometers per hour (kph) for the next 24 hours.)。

北サマール州、レイテ州などに警報1が発せられたが、セブ州北部も警報1(Meanwhile, under Signal No. 1 are in:
Luzon: Catanduanes, Camarines Sur, Albay, Sorsogon, Masbate, and Romblon.
Visayas: Northern Samar, Leyte, Southern Leyte, Northern Cebu including Bantay Island, Capiz, Aklan and Northern Iloilo.)。

強風と4.5メートルの波で昨日14日木曜午後3時12分までで25隻の客船と9隻の貨物船がセブ港からの出港が差し止められている(As of 3:12 p.m. yesterday, 25 passenger vessels and nine cargo ships have been prevented from leaving the ports due to strong winds and big waves reaching as high as 4.5 meters, the Philippine Coast Guard in Cebu (PCG-Cebu) said.)。

本日15日と明日16日セブ州の幼稚園と小学校は休みとされた。マンダウエ市も同様の指令を出した(The continuous rain caused by the storm also prompted Cebu Gov. Hilario Davide III to suspend classes today and tomorrow in the pre-elementary and elementary levels, both in private and public schools, in the entire province. A separate advisory to suspend classes in public and private elementary schools in Mandaue City was also issued last night by Mayor Luigi Quisumbing.)。

(12月15日)

16.ウルドハ(台風26号)サマール島の東でほとんど動かず停滞
 トロピカル・ストーム・ウルドハ(台風26号)は東ビサヤ地方でほとんど動かず停滞している、と昨日15日金曜午後5時気象庁 ( PAGASA) は発表した(Tropical Storm "Urduja" remained "quasi-stationary" over Eastern Visayas, the Philippine Atmospheric, Geophysical and Astronomical Services Administration ( PAGASA) said in its 5 pm bulletin on Friday.)。

(注)ほとんど動かず停滞している~同じ海域を時計回りに回ったり反時計回りに回ったりしてマクロに見れば動いておらず停滞しているように見える。

北東の季節風や寒冷前線の端の影響でウルドハ(国際名カイタク)はほとんど動かずに停滞している。そして高気圧域が台風の東西にある、と気象庁は説明している(In a press conference, weather forecaster Aldczar Aurelio said "Urduja", whose international name is Kai-Tak remained almost stationary due to northeast monsoon and the tail end of cold front. He added a high pressure area is also on both sides of the typhoon.)。

昨日15日金曜午後5時ウルドハは、東サマール州ボロンガン市の東240キロにあり、最大風速21メートル、瞬間最大風速25メートルの風が吹いている(As of 5pm, Urduja was last spotted at 240km east of Borongan City, Eastern Samar. It had maximum sustained winds of 75 kph and gusts up to 90 kph.)

(注)東サマール州ボロンガン市~サマール島南部で東サマール州の中部。

警報2がサマール島の3州(北、東、西)とビリラン州に出ている(Tropical cyclone signal warning number 2 is still up over Northern Samar, Eastern Samar, Samar and Biliran.)

警報1がレイテ島などに出されているが、セブ州の北部にも警報1が出ている(Signal number one is hoisted over Catanduanes, Camarines Sur, Albay, Sorsogon, Romblon, Masbate including Burias and Ticao Islands, Leyte, Southern Leyte, Northern Cebu, capiz, Aklan, Northern Ilolilo and Dinagat Islands.)。

18日月曜までビコル地方とビサヤ地方で並雨や強雨が予想される。ウルドハが弱まって低気圧域としてフィリピン観測責任領域から出ていくのは20日水曜か21日木曜とのこと(Moderate to heavy rains will be experienced over Bicol region and Visayas area until Monday as Urduja will stay inside the Philippine area of responsibility for five days before it will leave by Wednesday or Thursday as a low pressure area.)。

進路予想では、サマール島北部に明日17日日曜上陸して西へ進むとなっている。

昨日15日金曜午後8時までで、セブ港では客船43隻、貨物船9隻、合計52船舶が足止めを食っている(Tropical storm strands 52 vessels in Cebu ports。THE Philippine Coast Guard (PCG) Cebu station reports that at least 43 passenger vessels with trips to places like Manila, Ormoc, Surigao, Bantayan Island and Camotes were stranded in Cebu on Friday, as sea travel was declared risky over the eastern seaboards of Visayas and Bicol due to tropical storm “Urduja.”。At least nine cargo vessels were also stranded in ports across northern Cebu as of 8 p.m. on Friday.)。

(12月16日)

17.ウルドハ(台風26号)サマール島上陸停滞3人死亡6人行方不明
 トロピカル・ストーム・ウルドハ(国際名カイタク、台風26号)は昨日16日土曜東サマール州に上陸し昨日の午後3時に西サマール州の内陸の町にあったが、本日17日日曜午前2時になっても3時になっても西サマール州に停滞したままでいる(SYNOPSIS:At 3:00 PM today,the center of TropicalStorm "URDUJA" (KAI-TAK)was estimated based on all available data atthe vicinity of Matuguinao, Samar(12.2N, 125.1E) with maximum sustained winds of75 km/hnear the center and gustiness of up to120 km/h. It is forecast to move Westat15 km/h.Issued at: 4:00 PM today, 16 December 2017 。"URDUJA" HAS REMAINED ALMOST STATIONARY OVER THE NORTHERN PORTION OF SAMAR PROVINCE.ISSUED AT:2:00 AM, 17 December 2017 。Issued at: 4:00 AM today, 17 December 2017 、SYNOPSIS:At 3:00 AM today,the center of TropicalStorm "URDUJA" (KAI-TAK)was estimated based on all available data atthe vicinity of Matuguinao, Samar(12.2N, 124.9E) with maximum sustained winds of 65 km/hnear the center and gustiness of up to110 km/h. It is forecast to move Westat13 km/h.)。

ウルドハはサマール島の東に長期間停滞したため、サマール島、レイテ島、その他近隣の島に大量の降雨をもたらした。サマール島南東端の東サマール州ギワン市では15日金曜正午頃までの54時間で973ミリの降雨を記録している。なんと1メートル近くの降雨量である(Tropical Storm Kai-tak remains very slow moving close to the #Philippines. Heavy rain over Samar, Leyte and other nearby islands. Guiuan on the southern tip of Samar has recorded 973 mm (38") rain in the last 54 hours.Bericht van: Stefan (Hellevoetsluis) , 15-12-2017 15:28 )。

ウルドハは、東ビサヤ地方で土砂崩れなどを発生させ、3人が死亡し6人が行方不明となっている(Three died and six persons are missing as Tropical Storm "Urduja" made landfall in Eastern Visayas on Saturday, the National Risk Reduction and Management Council (NDRRMC) said.)。

ビリラン州(サマール島の西、レイテ島の北の島)の土砂崩れで1人死亡、レイテ島で子供1人が水路に落ちて溺死し、レイテ島の漁師1人が死体で発見された(Jalad said one died due to a landslide in the province of Biliran, the other drowned in Leyte and the third is a fishermen from Layte whose body was found somewhere in Dinagat Island.)。

東サマール州の漁師3人が行方不明になっており、またビリラン州の土砂崩れで3人が行方不明となっている(“We also recorded three missing (individuals). Three of them were fishermen from Eastern Samar and three others (were missing) because of the landslide in Biliran,” he said.)。

ビリラン州とレイテ島のタクロバン市の土砂崩れで4人が負傷した(Jalad said four people injured were because of landslides in Biliran and Tacloban City in Leyte.)。

セブ州では、昨日16日土曜北部の4町で5千人が避難した( In Cebu, around 5,000 families from four towns were evacuated yesterday, said the Provincial Disaster Risk Reduction and Management Office (PDRRMO).)。

セブ市の山のバランガイでは土砂崩れが発生し、農作物に被害が出たり樹木が倒れたりしているが、負傷者は出ていない(In Cebu City, Urduja caused minor landslides, damaged crops, and brought trees down in the mountain barangays, said Cebu City Disaster Risk Reduction and Management Office Operations chief Harold Alcontin. No casualties recorded in Cebu City, he said.)。

(12月17日)

18.ウルドハ(国際名カイタク、台風26号)で少なくとも33人死亡
 昨日17日日曜トロピカル・ストーム・ウルドハは東ビサヤ地方を猛撃し、土砂崩れや洪水で数十人の死者を出した(DOZENS of people died in landslides and floods triggered by tropical storm Urduja (International name: Kai-tak) as it pummeled Eastern Visayas on Sunday.)

警察と地方自治体の報告によると少なくとも33人の死者が出ている。ただし、この数字はまだ国家災害リスク軽減委員会の確認前のものである(Police and local officials reported at least 33 people were killed in the storm. The number has yet to be confirmed by the National Disaster Risk Reduction and Management Council (NDRRMC).)(The Manila Times Online)。

死者は、ビリラン州22人(東ビサヤ地方)、レイテ島(東ビサヤ地方)6人、ロンブロン州(ミマロパ地方、西ビサヤ地方パナイ島の北東の島々)2人、マスバテ州(ビコール地方)1人、北カマリネス州(ビコール地方)2人(Reports coming from the police and local government units said 14 people died in Caibiran, Biliran; six in Leyte; four in Almeria, Biliran; four in Naval, Biliran; two in San Fernando, Romblon; and one each in Palanas municipality of Masbate, Biliran town and Labo municipality in Camarines Norte.However, the Office of Civil Defense has yet to confirm the reported deaths.)。

(注)ミマロパ地方~ミマロパ( Region 4B (Mimaropa))とは、ミンドロ・マリンドゥク・ロンブロン・パラワンそれぞれの州の頭文字をとっている。

負傷者は19人出ている。1昨日16日土曜にはサマール島とレイテ島で8万7700人が避難したという(“Urduja” also injured 19 people and forced 87,700 people from their homes when it tore across the eastern islands of Samar and Leyte on Saturday.)。

サマール島とレイテ島は、2013年スーパー台風ヨランダにより7350人の死者及び行方不明者を出している(The two islands bore the brunt of Super Typhoon Yolanda in 2013, which left more than 7,350 people dead or missing.)。

ウルドハは16日土曜東サマール州に上陸し17日日曜午前中ずっとサマール島に停滞したままでいたが、午前11時頃やっとマスバテ州に西進、午後2時ロンブロン州、午後5時アクラン州(西ビサヤ地方、パナイ島北部)に向かい、本日午前2時クヨ島(パラワン島の東)を通過、午前3時クヨ島の西南西70キロ、現在午前10時にはパラワン島北部を通過し終わっているであろう(ISSUED AT:11:00 AM, 17 December 2017 、TD "URDUJA" HAS SLIGHTLY WEAKENED AFTER CROSSING SAMAR PROVINCES AND IS NOW OVER MASBATE AREA。ISSUED AT:2:00 PM, 17 December 2017 、TD "URDUJA" HAS MAINTAINED ITS STRENGTH AND IS NOW IN THE VICINITY OF ROMBLON。ISSUED AT:5:00 PM, 17 December 2017 、TD "URDUJA" SLIGHTLY CHANGE ITS COURSE AND IS NOW HEADING TOWARDS AKLAN。ISSUED AT:2:00 AM, 18 December 2017 、"URDUJA" HAS PASSED IN THE VICINITY OF CUYO ISLANDS AND IS NOW MOVING TOWARDS PALAWAN。 Issued at: 4:00 AM today, 18 December 2017 、SYNOPSIS:At 3:00 AM today,the center of Tropical Depression "URDUJA" (KAI-TAK)was estimated based on all available data at 70km West Southwest of Cuyo, Palawan(10.7N, 120.4E) with maximum winds of 55 km/hnear the center and gustiness of up to 75 km/h. It is forecast to move West at18 km/h. Tail-End of a Cold Front affecting the eastern section of Southern Luzon.)。

(12月18日)

19.ウルドハで東ビサヤ42人死亡33人行方不明、セブ州9町1市被災宣言
 熱低ウルドハにより42人が死亡し33人が行方不明になっている、と東ビサヤ管区警察が発表した(トロピカル・ストーム・ウルドハは勢力を弱め17日日曜熱低になった)(Eastern Visayas regional police recorded a total of 42 people died and 33 others missing because of the effect of Tropical Depression "Urduja”.)。

死者のほとんどはビリラン州から出ている、と昨日18日月曜警察は述べている(Data forwarded by Chief Insp. Ma. Bella Rentuaya, Eastern Visayas regional police spokesperson, on Monday said majority of the casualties were in the province of Biliran.)。

死者は、ビリラン州で28人、レイテ州6人、西サマール州2人、東サマール州3人、タクロバン市1人、オルモック市2人(A total 28 deaths were recorded in Biliran while six were logged in Leyte, two in Samar, three in Eastern Samar, one in Tacloban and two in Ormoc.)。

行方不明は、ビリラン州26人、東サマール州7人(Of the missing, twenty-six persons were recorded by police in Biliran while seven were reported in Eastern Samar.)。

ビリラン州入りしているロレンザーナ国防大臣は、国軍は被災者の救援に最大限の努力をする、と昨日18日月曜記者会見で述べている(In a press briefing in Biliran, Defense Secretary Delfin Lorenzana assures that the military will do all its best to help the victims.)。

国防大臣は、社会福祉開発省の救援物資を積んだセブからの海軍の船舶が今日(18日月曜)到着すると語った("As I speak now there is a ship from Cebu travelling. They carry relief goods from DSWD ( Department of Social Welfare and Development). I think it will be arriving sometime today," he said.)。

国軍は工事用具を運搬するし、もし公共事業道路省が道路や橋の復旧に援助が必要なら軍のエンジニアリング部隊を連れてくる、と国防大臣は付け加えた("We will be bringing equipment here. If the DPWH (Department of Public Works and Highways) needs help in repair of roads and bridges here we will assign our engineering brigades to come here," Lorenzana added.)。


一方、週末にトロピカル・ストーム・ウルドハに襲撃されたセブ州北部の9町1市に被災宣言が出されている(NINE towns and one city in northern Cebu were declared under a state of calamity after they were heavily hit by tropical atorm Urduja during the weekend. )。

昨日18日月曜州議会で被災宣言を議決したが、対象はダーンバタヤン、バンタヤン、サンレミヒオ、メデリン、タボゴン、ソゴッド、ボルボン、サンタフェ、マドリデホスの各町とボゴ市(During their regular session yesterday, the Cebu Provincial Board (PB) approved a resolution declaring a state of calamity in the municipalities of Daanbantayan, Bantayan, San Remigio, Medellin, Tabogon, Sogod, Borbon, Santa Fe, Madridejos and the city of Bogo.)。

これらの自治体ではインフラと農作物の被害が甚大とのこと(Martinez said they approved the motion because of the massive infrastructure and agricultural damage suffered by those LGUs.)。

被災宣言が出されたので、これらの自治体では救援物資等への災害基金の使用が可能となった(Now under a state of calamity, the 10 LGUs can release their calamity funds for immediate deployment of relief aid to affected barangays. )。

(12月19日)

20.熱低ウルドハは去ったが新しい低気圧域が本日入って来る
 昨日19日火曜熱低ウルドハはフィリピン観測責任領域を出て行ったが、本日20日新しい低気圧域が入ってくる見込みである(TROPICAL Depression “Urduja” finally exited the Philippine Area of Responsibility (PAR) on Tuesday but a low pressure area is expected to enter the country the next day, the state-run weather bureau said.)。

昨日19日午前10時ウルドハはプエルト・プリンセサ市(パラワン島中部)の西北西430キロにあり、午前11時にはフィリピン観測責任領域を出たと発表された(At 10 a.m., Urduja was last located at 430 kilometers (km) west-northwest of Puerto Princesa City。 ISSUED AT:11:00 AM, 19 December 2017 、TROPICAL DEPRESSION "URDUJA" IS NOW OUTSIDE THE PHILIPPINE AREA OF RESPONSIBILITY (PAR).)。

昨日19日午後3時、新しい低気圧域はミンダナオ島の東1290キロにある(Issued at: 4:00 PM today, 19 December 2017 、SYNOPSIS:at 3:00 PM today, the Low Pressure Area (LPA) outside the Philippine Area of Responsibility (PAR)was estimated based on all available data at 1,290 km East of Mindanao (7.6N, 138.0E).)。

フィリピン観測責任領域へ入ったらヴィンタと命名される(it will be named ‘Vinta’ once it enters PAR.)。

新しい低気圧域は今後発達する可能性があり、本日20日フィリピン観測責任領域に入ると見込まれ、ビサヤ地方とミンダナオ地方では週末まで雨天が予想される、と気象庁は述べている(“The reintensification of the LPA is possible, and it is expected to enter PAR tomorrow. Visayas and Mindanao should expect rainy weather until this weekend,” Obet Badrina, weather specialist of the Philippine Atmospheric Geophysical and Astronomical Services Administration (Pagasa) told The Manila Times.)。

(12月20日)

21.ヴィンタ(台風27号)明後日23日土曜セブ州に被害の出る恐れ
 熱帯低気圧ヴィンタ(台風27号)は週末にセブ島南部に被害をもたらすおそれがある(Now a Tropical Depression, it is forecast to hit southern Cebu this weekend)。

少なくとも41人が死亡し、農作物やインフラに大きな被害を与えたトロピカル・ストーム・ウルドハが19日火曜にフィリピンから去ったばかりなのに、次の大きな気象擾乱がクリスマス休暇を台無しにするおそれがある(Another major weather disturbance threatens to dampen the holiday season just a few days after Tropical Storm Urduja exited the Philippines, leaving at least 41 dead and millions of pesos in damage to crops and infrastructure.)。

クリスマスを4日後に控え、ミンダナオ島の東にあった低気圧域はフィリピン観測責任領域に入って来て熱帯低気圧ヴィンタに発達した(With Christmas just four days away, the low pressure area (LPA) east of Mindanao being monitored by the state weather bureau entered the Philippine Area of Responsibility (PAR) and morphed into Tropical Depression Vinta.)。

熱低ヴィンタは、本日21日木曜夜から明日22日金曜にもカラガ地方(ミンダナオ島北東部、4州)からダバオ地方(ミンダナオ島南東部、4州)にかけて土砂崩れを発生させると見込まれている(It is expected to make landfall between the Caraga or Davao region sometime this evening (Thursday) to Friday morning.)。

ヴィンタは通常のストームとは(進路が)異なっている、とマクタン気象台が言っている(Philippine Atmospheric Geophysical and Astronomical Service Administration (Pagasa) Mactan chief Al Quiblat said Vinta seems to be different from other storms.)。

他のストームは通常北西に進むのにヴィンタは真っ直ぐ西に進むと予想されている。北東の季節風が北上を阻み真っ直ぐ西に進むのだという(“This is different from other storms that usually go up. Vinta is going toward the west because there the morthwest monsoon is pushing it down so that instead of going up, it is running straight,” he said in a phone interview with Cebu Daily News.)(northwestはnortheastの誤り)。

(進路予想の中心線はミンダナオ島北部を通過となっているが、進路が北に逸れた場合セブ州南部直撃となっている)

22日金曜夜から23日土曜朝にはセブ州で土砂崩れが発生すると見込まれるとのこと(He said Vinta is forecast to make landfall in Cebu on Friday evening or Saturday.)。

現在最大風速12.5メートル、瞬間最大風速16.7メートルで、土砂崩れの発生は確実で、今後セブ島南部にはストーム警報が出るだろうとのこと(It carries maximum sustained winds of 45 kph and gustiness of 60 kph. “It is certain that it will make landfall based on our weather forecast. It is possible that southern cebu would be placed under a storm signal,” he added.)。

昨日20日午後5時ヴィンタは南スリガオ州ヒナトアン町(東海岸)の東735キロにあった(As of 5 p.m. yesterday, Pagasa estimated the center of Vinta to still be at sea at 735 kilometers east of Hinatuan, Surigao del Sur)。

(12月21日)

22.ヴィンタ(台風27号)本日22日早朝ミンダナオ島上陸
 猛烈なトロピカル・ストーム・ヴィンタ(台風27号)は本日22日午前5時前に東ダバオ州ボストン町(ミンダナオ島東海岸の南北真ん中くらい)に上陸した(ISSUED AT:5:00 AM, 22 December 2017 、SEVERE TROPICAL STORM "VINTA" IS NOW IN THE VICINITY OF BOSTON, DAVAO ORIENTAL.)。

午前7時にはコンポステラ・ヴァレイ州ラーク町へ時速20キロのスピードで西進した(Severe Tropical Storm VINTA at 7:00 AM today, In the vicinity of Laak, Compostela Valley or at 07.9°N, 125.7°E. )。

最大風速は25メートル、瞬間最大風速は43メートル。

午前7時時点でミンダナオ地方の多くの州に警報2が出ているが、ビサヤ地方に警報2は出ていない。

午前7時時点でビサヤ地方では、セブ州南部、ボホール州、シキホール州、南レイテ州、東ネグロス州、西ネグロス州南部に警報1が出ている。

明日23日土曜早朝にはサンボアンガ市(ミンダナオ島最西端)の北135キロに達すると見込まれている。

(注)文章後半部分に英語が無いが、これは気象庁(PAGASA)のSevere Weather Bulletin in PDF file をコピーできなかったため。

(12月22日)

23.ヴィンタ(台風27号)ミンダナオ島を横断しスルー海へ抜ける
 昨日22日金曜早朝ミンダナオ島に上陸した猛烈なトロピカル・ストーム・ヴィンタ(台風27号)はミンダナオ島横断中に勢力が衰え熱帯低気圧となった。昨日22日金曜午後5時には南サンボアンガ州ソミノット町付近にあり時速20キロで西進していた。この時の最大風速は17メートル、瞬間最大風速は25メートル(The Philippine Atmospheric, Geophysical and Astronomical Services Administration (PAGASA) said Typhoon "Vinta" weakened into a tropical depression and is now over Zamboanga del Sur.In its 5pm bulletin Friday, PAGASA said "Vinta" was spotted in the vicinity of Sominot with maximum sustained winds of 60 kph near the center and gustiness of up to 90 kph. It is forecast to move west at 20 kph.)。

(注)南サンボアンガ州~ミンダナオ島西部に伸びるサンボアンガ半島の付け根部分。南海岸に面す。

ところが勢力が衰え熱帯低気圧となったヴィンタは、その後スルー海に抜け本日23日土曜午前2時までには再び勢力を強めトロピカル・ストームに復帰したとのこと(ISSUED AT:2:00 AM, 23 December 2017 、”VINTA" HAS REINTENSIFIED INTO A TROPICAL STORM AND IS NOW OVER THE SULU SEA.)。

ヴィンタの影響でマクタンセブ空港では、昨日22日金曜午前5時から午後1時までのミンダナオ地方への30便がキャンセルとなり約200人が足止めされた(At least 30 flights from Cebu to destinations in Mindanao between 5 a.m. to 1 p.m. yesterday were canceled due to Tropical Storm Vinta.According to Avigael Maningo, junior manager for corporate communications of GMR-Megawide Cebu Airport Corp. (GMCAC), an estimated 200 passengers were stranded at the MCIA yesterday due to the canceled flights.)。

キャンセルは、セブ・パシフィック16便、エア・フィリピン14便(In the data provided by the MCIA Authority (MCIAA), 16 flights of Cebu Pacific were cancelled while 14 for Air Philippines. )。

セブ港で航行禁止となっていた船舶は本日23日土曜から出港が許可される(PASSENGER vessels that were stranded in Cebu because of Tropical Storm Vinta will be allowed to sail on Saturday, December 23. )。

59客船、168貨物船が足止めされており、約2800人が影響を受けたという(Commander Jerome Cayabyab, head of the Philippine Coast Guard (PCG) Cebu station, said that 59 passenger vessels and 168 rolling cargo vessels were not allowed to sail .Around 2,809 passengers postponed their trips.)。

(12月23日)

24.ヴィンタ(台風27号)死者133人、数十人が行方不明
 救助隊が増水した河川から数十人の遺体を回収しており、ミンダナオ地方を襲った猛烈なトロピカル・ストーム・ヴィンタ(台風27号)による死者数は昨日23日土曜時点で133人に上っている(The death toll from a severe tropical storm in the southern Philippines climbed swiftly to 133 on Saturday, as rescuers pulled dozens of bodies from a swollen river, police said.)。

昨日23日土曜救助隊はミンダナオ島のサロッグ川から36遺体を回収したが、貧しいサンボアンガ半島ではもっと死者が出ているとの報告がある(Rescuers retrieved 36 bodies from the Salog river in Mindanao on Saturday, as officials reported more fatalities in the impoverished Zamboanga peninsula.)。

氾濫を起こした上流のサルバドール町から遺体は下流に流されたとサパッド町警察署は言っている。サルバドール町では上流で17遺体を回収したと言う(The bodies were swept downriver from a flooded town upstream called Salvador, Rando Salvacion, the Sapad town police chief, told AFP. Authorities in Salvador said they had retrieved 17 other bodies upstream.)。

(注)サルバドール町、サパッド町~サンボアンガ半島の付け根部分の北ラナオ州の南西部の町(Salvador and Sapad are in Lanao del Norte, which is one of the provinces hardest hit by Tembin.)。

サンボアンガ半島では死者が28人出ており、81人が行方不明(The death toll for the Zamboanga peninsula also rose to 28, and police said 81 people were missing after mud and rocks swept down coastal communities in Sibuco and other fishing towns.)。

トボッド町の近くの山のバランガイであるダラマでは死者19人、その他北ラナオ州周辺の市や町で死者26人と警察が発表している(Police reported 19 deaths in the mountain village of Dalama near Tubod town, and 26 others in surrounding towns and cities of Lanao del Norte province, one of the hardest-hit areas.)。

南ラナオ州では死者10人と民間防衛隊が言っている。また南ラナオ州シブコ町で5人死亡、25人行方不明、近隣州で死者3人との発表もある。Elsewhere, boulders brought down by flash floods buried around 40 houses in the town of Piagapo, killing at least 10 people, civil defense officer Saripada Pacasum of Lanao del Sur province said.Five people were confirmed killed and 25 missing after flood waters submerged part of Sibuco town, while three others were killed in landslides in a nearby province, officials said.)。

(注)民間防衛隊発表の死者10人を除くと、(警察発表)合計死者数144人となり記事見出しの133人と不符合。記事中に1人記載ミスがあると推定される

なお、ウルドハ(台風26号)の死者は54人、行方不明24人となっているとのこと(Vinta struck less than a week after the devastating Tropical Storm Urduja (Kai-Tak) left 54 dead and 24 missing in the central Philippines.)。

(12月24日)

25.ヴィンタ(台風27号)ミンダナオで死者少なくとも209人
 トロピカル・ストーム・ヴィンタ(国際名テンビン、台風27号)はミンダナオ島で大規模な洪水や土砂崩れを発生させ何万人ものクリスマスを台無しにした上、少なくとも死者209人行方不明144人の被害を出している(At least 209 people have been killed and 144 are missing in Mindanao after a tropical storm triggered severe flooding and landslides that also wrecked Christmas for tens of thousands of survivors.)。

22日金曜トロピカル・ストーム・ヴィンタは人口2千万のミンダナオ島を強風と豪雨で襲い、少なくとも山のバランガイ1つを全滅させ、急遽大規模な救援活動を組織させた(Tropical Storm “Vinta” (international name: “Tembin”) lashed Mindanao island, home to 20 million people, on Friday with strong gusts and torrential rain, wiping out at least one mountain village and prompting a massive rescue operation.)。

ヴィンタは24日日曜に南シナ海に抜けたが、いまだに144人が行方不明で4万人以上が避難している、と警察が発表している(Police said 144 people remained missing while more than 40,000 had fled their homes to evacuation camps as Tembin roared out into the South China Sea early Sunday.)。

国際赤十字と赤新月社は、7万人が避難したり被災しており、降り続く豪雨が生存者の捜索の妨げになっているとしている(A total of 70,000 have been displaced or otherwise affected by the storm according to the International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies (IFRC), which warned that continued heavy rain could hamper the search for survivors.)。

ミンダナオ島北部で死者135人行方不明72人、西部の貧困なサンボアンガ半島で死者47人、行方不明72人、と地元警察は発表している(Local police said 135 people were killed and 72 missing in the northern section of Mindanao, while 47 were dead and 72 missing in the impoverished Zamboanga peninsula on its western side.)。

ミンダナオ島中心部の南ラナオ州で死者18人(Another 18 people perished in the province of Lanao del Sur in the center of the island.)。

ミンダナオ島北部の死者135人の内の127人は北ラナオ州、6人はブキドノン州、1人は西ミサミス州、1人はイリガン州(Of the 135 reported dead by the police, 127 were from Lanao del Norte, six from Bukidnon, one from Misamis Occidental and one from Iligan.)。

最も甚大な被害を受けた場所の一つは、山のバランガイのダラマである。洪水が103軒の家を流し、バランガイを全滅させ地図から消し去ってしまった(One of the places hit hardest was the mountain village of Dalama, which was virtually wiped off the map as rampaging floodwaters carried away 103 houses.)。

(注)山のバランガイのダラマ~北ラナオ州トボッド町(Dalama ? in the municipality of Tubod, Lanao del Norte)。人口2000の農村( Dalama, a farming village of about 2,000 people)。

(12月25日)

26.トロピカル・ストーム・ヴィンタ死者240人、行方不明107人
 ミンダナオ地方を襲ったトロピカル・ストーム・ヴィンタ(国際名テンビン、台風27号)の土砂崩れと豪雨による死者は240人に上り、なお107人が行方不明となっている、と昨日25日月曜当局が発表した(THE death toll from a storm that unleashed landslides and floods across the southern Philippines climbed to 240 with scores of others still missing, officials said Monday.)。

サンボアンガ半島の死者は78人、南ラナオ州の死者は27人、と民間防衛隊が発表した(Civil defense officials said the number of confirmed deaths from Vinta on Mindanao’s Zamboanga peninsula had risen to 78, while the death toll in Lanao del Sur province on the island went up to 27.)。

サンボアンガ半島の死者78人の内、4人がサンボアンガ・シブガイ州、74人が北サンボアンガ州(Of the 78 reported dead by police, four were from Zamboanga Sibugay province and 74 coming from Zamboanga del Norte.)。

74人の北サンボアンガ州死者の内、1人がダピタン市(one from Dapitan。セブ市のレストラン遊々亭のウエイトレスはダピタンの大学出身者が多い)。

ミンダナオ島北部の死者135人は24日日曜発表の数字に同じ(The storm killed 135 others in the northern section of the island, police said Monday, a figure that was unchanged from a day earlier.)

ミンダナオ島北部の死者135人の内の127人は北ラナオ州、6人はブキドノン州、1人は西ミサミス州、1人はイリガン州(Of the 135 reported dead by the police, 127 were from Lanao del Norte, six from Bukidnon, one from Misamis Occidental and one from Iligan.)。

捜索隊は上記地域でなお107人の行方不明者を捜索中(Rescuers are still looking for 107 people in these three areas.)。

昨日25日のクリスマスの日、約1万3千家族、少なくとも5万2千人が避難所に避難しており、多くの者が持ち物をほとんど持っていないという(Civil defense officials said some 13,000 Mindanao families ? at least 52,000 people ? remained in evacuation camps on Christmas Day, many with few if any possessions left.)。

(12月26日)

27.花火爆竹負傷13人、流れ弾負傷1人~セントラル・ビサヤ
24日から26日までのセントラル・ビサヤにおける花火爆竹による負傷者が13人、流れ弾による負傷者が1人であった、とセントラル・ビサヤ保健局が発表した(At least 13 people were hurt by fireworks while one other was hurt by a stray bullet from December 24 and 26 in Central Visayas, according to the Department of Health (DOH)-7.)。

流れ弾による負傷者1人はセブ市(Dr. Shelbay Blanco, chief of the Health Emergency Management of DOH-7, said the victim of stray bullet came from Cebu City.)。

花火爆竹による負傷者13人は、セブ市で5人、ラプラプ市及びマンダウエ市でそれぞれ2人、ナガ市及びタリサイ市でそれぞれ1人などとなっている(Those hurt by firecrackers came from Carmen in Bohol (1), Cebu City (5), Lapu-Lapu City (2), Mandaue City (2), Minglanilla (1), Naga City (1), Talisay City (1), and Zamboanguita in Negros Oriental (1).)。

セブ市の南海岸道路埋立地の爆竹販売者達は、今年は客が少なかったと言っている(In Cebu City, however, firecracker vendors at the South Road Properties (SRP) said they had fewer customers this year.)。

売上の不調はドゥテルテ大統領の花火爆竹事故防止の呼びかけによると見られている(In a separate interview, SRP management head Nagiel Bañacia attributes the lower sales to the call of President Rodrigo Duterte discouraging the public to avoid firecrackers to prevent untoward incidents.)。

今年6月20日大統領は花火爆竹の使用を制限する大統領令28号に署名している(It was on June 20 this year that Duterte signed Executive Order 28 regulating the use of firecrackers and pyrotechnics.)。

この大統領令により爆竹や花火は指定された日時場所のみで使用が許可されることとなった("It is allowed by the municipality/city concerned through a permit specifying the date and time of the fireworks display and the specific area in which the display will be conducted, in conformity with national standards, rules and regulations," the order reads.)。

セブ市では爆竹や花火の販売は南海岸道路埋立地のみとされている(In Cebu City, vendors can sell firecrackers only at SRP.)。

なお、セブ市の流れ弾による負傷者は、酔っ払って許可なし銃で自分で自分を撃ったものと後で分かり許可なし銃所持容疑で警察に逮捕された(The case of the stray bullet was reported in Cebu City. Reynante Porlasin, a 38-year-old welder from Talisay City, was arrested yesterday after police discovered that his gunshot wound was self-inflicted. It was earlier reported that Porlasin was a victim of a stray bullet. However, it turned out that a drunk Porlasin fell after attending a Christmas party on Christmas eve in Barangay Tabunok, and the unlicensed 9mm pistol tucked in his waistband fired, hitting him in the right leg and foot. )。

(12月27日)

28.ゴコンウェイ財閥創業者が投資予定の元カウイット島視察
JGサミット・ホールディングスの創業者の ジョン・ゴコンウェイ名誉会長(91歳)が南海岸道路埋立地の8ヘクタールの土地を視察した。8ヘクタールの土地は元 カウイット島で、今は埋立により南海岸道路埋立地と地続きとなっている。彼の会社がこの土地をセブ市から借り180億ペソの投資をするという(JG Summit Holdings founder and chairman emeritus John L. Gokongwei got a good look at the eight-hectare site (the former Kawit Island, foreground) his company will lease from the City and develop for P18 billion.)。

昨日27日ビジネス大君の ジョン・ゴコンウェイ名誉会長が視察した土地は彼の会社が50年間借りることになっている(BUSINESS tycoon John Robinson Gokongwei Jr. visited yesterda the property his company will be leasing for the next 50 years at the Kawit Island in the South Road Properties (SRP). )。

彼の会社は、4つのビルによる1000ベッドのホテル、カジノ、コンヴェンション・センター、レストラン、その他を備えたレジャー・センターを3年間かけて建設する予定である(The firm wants to construct a leisure hub with a 1,000-bed hotel in four towers, a casino, convention center and restaurants, among others.The project’s construction is expected to last for three years.)。


JGサミット・ホールディングスの提案は現在市議会の特別委員会で細部の検討が行われている(Prior to the visit, Mayor Tomas Osmeña had said that JG Summit’s proposal is now being studied by a special committee.)。

JGサミット・ホールディングスの子会社ユニバーサル・ホテル・リゾートは元 カウイット島でリゾート施設やカジノを運営するという申請をフィリピン 娯楽賭博公社へしているが、先月市議会は同公社に対してこの計画を支持していると伝えている(The council already endorsed to the Philippine Amusement and Gaming Corp. last month the application of Universal Hotels and Resorts Inc., an affiliate of JG Summit, to develop and operate an integrated resort and casino in Kawit Island. )。

市は、同土地に建設される施設のリース料の10%、その他の収入をこのプロジェクトから見込んでいるとのこと(The mayor has also made pronouncements that the City Government will get 10 percent of the gross rentals of the establishments that will be built by the developer.Another two to three percent of gross sales will also be remitted to the City. Osmeña, though, clarified that JG Summit will still have to pay its regulatory fees, business permit and real property taxes, among others, to City Hall.)。

(参考1) JGサミット・ホールディングス~ フィリピン最大級のコングロマリットの一つ。航空交通、銀行、食品製造、ホテル、石油化学、発電、出版、不動産、不動産開発、電気通信などさまざまな業種に展開。子会社に、ユニバーサル・ロビーナ (Universal Robina)食品会社 、 ロビンソンズ・ランド (Robinsons Land、ロビンソンズ・モールなど)、セブパシフィック航空など。

(参考2)ジョン・ゴコンウェイ~ 中国の福建省にルーツ。第2次世界大戦中にセブ島で自転車やロウソクの販売会社を創業したのが始まり。商売を広げ、大財閥に育てた。

(参考3)元 カウイット島~SMシーサイド・シテー・セブの南方向。南海岸道路の海側。

(参考4) ゴコンウェイ持株会社が純益6.9%増、2017.4.10、まにら新聞ウエッブ

 ゴコンウェイ財閥の持株会社、JGサミット・ホールディングス社は2016年度の純益が299億7000万ペソと前年比6.9%増加したことを明らかにした。同社がフィリピン長距離電話(PLDT)に所有する8%持株の市場価値が大幅に下がり、167億1000万ペソの損失を出したが、傘下の格安航空トップのセブ・エアー社の純益が前年比倍増の97億5000万ペソまで拡大したほか、石油化学子会社のJGペトロケミカル・グループの純益も前年比62.4%増の51億3000万ペソまで伸びるなど好調だったため、損失額を相殺した。金融子会社のロビンソンズ・バンクも純益が2億5665万ペソで前年比2.4倍まで増えた。(7日・インクワイアラー電子版)

(12月28日)

29.1月のシノログのパレード・ルート3000人以上の警官配置
セントラル・ビサヤ管区警察は、来年1月のシノログ祭りについて例年より多くの警官を配置する必要があると判断し、3000人以上の警官の配置計画を立てている(SEEING the need to augment more police officers, the Police Regional Office (PRO) 7 will detail more than 3,000 personnel for the Sinulog celebration next year.)。

エスピノ管区警察局長は、セブ市警察本部に1900人の応援警官を送り込むとしている(Espino assured that the regional headquarters will provide an additional 1,900 personnel to beef up the force of the Cebu City Police Office (CCPO).)。

シキホール州警察本部とボホール州警察本部の治安維持部隊もセブ市に送り込むとのこと(“We will ask for augmentation from Siquijor and Bohol, from their public safety battalion,” Espino said. )。

セブ市警察本部の警官は1100人で、もっと多くの警官を街頭に配置する必要がある(Supt. David Señor, chief of operations of the CCPO, said that with their current strength of 1,100, they need more officers on the ground.)。

10メートルおきに警官を配置するのが理想とのこと(He said that in personnel deployment the most ideal distance between each policeman is 10 meters.)。

今年を含め過去の祭の警官配置は不足していた、特に群衆のコントーロルにおいて警官が不足していたと反省し、増員が必要とみている(We saw this year and the past Sinulog festivals that we were lacking in deployment of policemen, especially for crowd control that is why we need augmentation)。

条例でパーテーや飲酒が禁止されたグランド・パレードのルートにおける治安維持に増員が貢献するだろう、と市警察は語っている(He said that the augmentation forces will help keep the peace and order situation along the Sinulog route especially that parties and liquor along the route are banned.)。

(12月29日)

30.元旦から荒れた天気の予報
新年早々から熱帯低気圧に見舞われそうである(A tropical depression is expected to greet 2018.)。

今晩(30日)又は明朝(31日)に今年最後の熱帯擾乱である低気圧域がフィリピン観測責任領域に侵入する見込みである、とマクタン気象台が発表した(Alfredo Quiblat of the Philippine Atmospheric, Geophysical and Astronomical Services Administration (Pag-asa) in the Visayas said that the last tropical disturbance for 2017 is expected to enter the Philippine Area of Responsibility as a low pressure area (LPA) anytime tonight (December 30) until the morning of December 31.)。

元旦には来年最初の熱帯低気圧に発達する見込みであり、そうなった場合はアガトンと命名される(“It is expected to develop into a tropical depression on January 1, the first for 2018, and will be named Agaton,” said Quiblat.)。

しかし、31日に低気圧域が熱帯低気圧に発達した場合は、ウイルマと命名される(However, Quiblat said there is also a possibility that the LPA will become a tropical depression on December 31, hence it shall be called Wilma.)。

この進路は、3通り考えられる(Quiblat said there are three tracks that the LPA will possibly traverse across PAR.)。

進路の1番目は、ミンダナオ島北部からボホール島、セブ島を通過するコース(“It may have its first landfall in Northern Mindanao and traverse through Bohol and Cebu,)。

2番目は、ミンダナオ島北部を横断してスルー海へ抜けるコース(or hit northeastern Mindanao and pass through northern Mindanao before it goes out to Sulu sea,“ Quiblat said.)。

3番目は、東ビサヤ地方、ビコール地方、ルソン島南部を通過するコース(“Another track that it can possibly take is via Eastern Visayas where it may pass through Bicol Region affecting the rest of southern Luzon,” Quiblat added.)。

低気圧域によって北東の季節風アミハンが強められ、今晩からセブ州では通り雨と雷が予想される(Scattered rain showers and thunderstorms is also expected in Cebu province starting tonight as a result of the northeasterly winds or Amihan strengthened by the LPA, said Pagasa weather specialist Joey Figuracion.)。

(12月30日)

31.既に船便にキャンセル、元旦にストームが来る
現在ミンダナオ島の東にある低気圧域が熱帯低気圧に発達し元旦にセントラル・ビサヤ及びセブ州に影響を与えるおそれがある、とマクタン気象台は注意を呼びかけている。既にセブ州の海は荒れており、昨日30日土曜セブ港発の2社の船会社が航行キャンセルを発表するなどセブ州の各港で789人が足止めされた(With the state weather bureau advising the public about a possible tropical depression that would possibly affect Central Visayas and Cebu on New Year’s Day, the seas around Cebu have also started to get rough, forcing at least two shipping firms to cancel their trips on Saturday that stranded 789 passengers in different ports in Cebu.)。

昨日30日土曜午後2時低気圧域は、フィリピン観測責任領域外でミンダナオ島の東1145キロにあった(The Low Pressure Area was seen last yesterday hovering over the Pacific still outside the Philippine Area of Responsibility (PAR). It was spotted 1,145 kilometers east of Mindanao at 2 p.m.)

本日31日日曜までに低気圧域はフィリピン観測責任領域に入って来て本日夜又は元旦月曜明け方に熱帯低気圧に発達する見込みという(Al Quiblat, Philippine Atmospheric, Geophysical and Astronomical Services Administration (Pagasa) Mactan chief, advised the public to remain vigilant in celebrating the New Year as a low pressure area which was expected to enter the Philippine Area of Responsibility (PAR) on Saturday evening, could be expected to turn into a tropical depression on Sunday night (December 31) or dawn of Monday (January 1).)。

発達した熱帯低気圧は、カラガ地方(ミンダナオ島の北東部の4州)又は東ビサヤ地方に向かう見込みとのこと(Quiblat, however, said on Saturday afternoon that the track of the LPA was getting more defined and directed between Caraga Region and Eastern Visayas.)。

本日から元旦夜にかけてビサヤ地方及びミンダナオ地方で時折激しい雨が予想される(This will cause light to moderate with occasional heavy rains in the Visayas and Mindanao area on Sunday and Monday night.)。

明日元旦に熱帯低気圧に発達すればアガトンと命名される(If the LPA will develop into a tropical depression on January 1, it will be the first storm to enter the country in 2018 and will be named “Agaton”, said Quiblat.)。

昨日30日土曜午後セブ港第1埠頭においてはオーシャンジェットとスーパーキャットのオルモック(レイテ島西海岸)行のファストクラフト7便がキャンセルされた(These included the seven canceled trips of two shipping companies at the Cebu City Pier 1.Rhea Oporto, terminal operations officer of the Cebu Port Authority (CPA), said in a phone interview on Saturday that the fastcrafts of Oceanjet and SuperCat had canceled trips on Saturday afternoon.Oporto said that Oceanjet canceled four trips to Ormoc while Supercat cancelled three trips.)。

セントラル・ビサヤには海上強風警報が出ていなかったので沿岸警備隊の航行禁止命令は出ておらず、キャンセルは船会社の判断による(Earlier SN2 Francis Garcia of the Coast Guard Cebu said that there is no order from the Coast Guard Cebu to cancel trips because there is no gale warning in Central Visayas.Garcia said that the gale warning from the weather bureau only covered Eastern Visayas.Garcia, however, said canceling the trips without an order from the Coast Guard would be at the discretion of the shipping companies.)。

昨日セブ港以外のセブ州の各港でも船会社判断のキャンセルが発生している(The Coast Guard also noted shipping companies canceling trips in the ports of Hagnaya, San Remigio, and the Sta. Fe port in Bantayan Island in northern Cebu, Tangil, Dumanjug in southwestern Cebu and in Toledo port in western Cebu.)。

(注)熱帯低気圧の進路 ~北東の季節風アミハンが強まれば西に進みミンダナオ島北部に上陸し西進、アミハンが弱まれば北西に進み東ビサヤ地方に上陸ということで進路はアミハンの強弱に左右されるらしい(He explained that its movement and track is affected primarily by the Northeast monsoon (or “Amihan”) ? the seasonal wind currently prevailing over the country ? that tends to push downward any approaching weather system.“But we could not discredit other possibilities that it may change its direction and move towards Visayas region,” Quiblat warned.)。

(12月31日)

(1) (2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10) (11) (12)(13)(14)(15)(16)(17)(18)(19)(20) (21) (22)(23)(24)(25)(26)(27)(28)(29)(30) (31) セブのトップ