【セブの12ヶ月】 常夏のイメージがあるフィリピンですが、実際に住んでみると以外にも季節感を感じます。ニックネームDubiancheさんから寄せられた豊富なセブ情報は、これからセブでロングスティを考えている方にはとても役立ちます。行かない方もセブの生情報を楽しんでください。尚、各ページの文頭の水中写真はスキューバダイビングが趣味のDubiancheさん撮影


 
 <2017年>
●1月のセブ
●2月のセブ
●3月のセブ
●4月のセブ
●5月のセブ
●6月のセブ
●7月のセブ
●8月のセブ
●9月のセブ
●10月のセブ
<2016年>
●1月のセブ
●2月のセブ
●3月のセブ
●4月のセブ
●5月のセブ
●6月のセブ
●7月のセブ
●8月のセブ
●9月のセブ
●10月のセブ
●11月のセブ
●12月のセブ


過去の記事

1.見よ、(礼儀正しい)ドゥテルテ、ハニーレットが天皇皇后と会見
2.息子パオロと娘婿マナセスが麻薬関与なら2人を投獄しろ
3.ハピロンの右腕マウテ敗残兵を殺害、トンネルにまだ39人隠れている
4.フィリピンでテロの恐れが高い~オーストラリアが自国民に警告
5.PLDTが比日米を結ぶ 光海底ケーブルに70億ペソ投資
6.殺害されたマウテのリーダーのオマール・マウテの妻逮捕~イリガン市
7.大統領報道官がセレノ最高裁長官の辞任求める
8.26日間でバイク乗り狙撃犯により125人死亡
9.アキノ前大統領が汚職容疑及び権限の不正使用容疑で起訴される
10.差し迫った危険がある~地滑りのボルジョオン町
11.アキノ前大統領がママサパノ事件の起訴で保釈金提出
12.ドゥテルテが16歳の時人を殺したと言った~またジョークか?
13.ドゥテルテ大統領が天皇皇后両陛下の簡素さに畏怖
14.来年のシノログではより厳しい治安維持措置をとる~市長
15.シノログ財団が携帯電話の電波停止に同意
16.麻薬撲滅戦争で刑務所の収容率623%
17.今月末のボホールのAsean会議に警官3000人配置
18.脅威が残存していれば戒厳令延長があり得る~国軍報道
19.2人の女がセブ市刑務所へ隠して麻薬を持ち込もうとして逮捕される
20.戒厳令延長には国会の承認が必要
21.セブ本拠の急進左派系戦士はドゥテルテの脅しに動じない
22.アキノ政権の9閣僚MRT3のメンテ契約に関し 略奪の疑いで告訴される
23.共産勢力との和平交渉中止を国軍が支持する声明
24.ラプラプ市の爆竹作業場爆発6人負傷~全花火工場の抜き打ち検査
25.コタバト市が第2のマラウィ市になりうる
26.ラニーニャ現象が発生する可能性あり~雨が多い、台風にも注意
27.ドゥテルテは国軍と新人民軍のもっと激しい衝突を予測
28.マラウィの爆弾除去来年4月まで
29.道路の穴の修理で交通渋滞が予想される
30. トンド地区の警官による超法規的殺人の疑いのある事件を調査

11月のセブ

1.見よ、(礼儀正しい)ドゥテルテ、ハニーレットが天皇皇后と会見
(LOOK: Duterte, Honeylet meet Emperor and Empress of Japan)

天皇陛下皇后陛下との会見がドゥテルテ大統領とハニーレットの2日間の日本滞在の最後の公式活動である(Their meeting with the royal couple is the Philippine president's last official activity in his two-day visit to Japan)。

昨日10月31日火曜ドゥテルテ大統領と彼のパートナーの ハニーレット・アバンセーニャは、天皇皇后両陛下を表敬訪問した(Philippine President Rodrigo Duterte and his partner Honeylet Avanceña paid a courtesy call on Emperor Akihito and Empress Michiko of Japan on Tuesday, October 31.)。

(注)彼のパートナーの ハニーレット・アバンセーニャ~ シエリト・ハニーレット・アバンセーニャ(Cielito "Honeylet” Avanceña)。 他の新聞では、正式に結婚していない慣習上の妻(his common-law wife)と紹介しているのもある。

会見時ドゥテルテ大統領はスーツ姿で礼儀正しく控えめで、他国のトップの人達と会った時のような袖をまくったりチューインガムを噛んだりはしなかった(Duterte, clad in a suit, appeared more proper and restrained during the brief meeting. There was no rolling of the sleeves or chewing of gum as he had been known to do in other events with foreign dignitaries.)。

(注)チューインガムを噛んだり~ドゥテルテ大統領は2016年10月訪中の時、 協力文書の調印式で中国の習近平国家主席の前でガムをかむように口を動かし続けていた。 習氏と握手する際も口をもごもごと動かしていた。

アバンセーニャ女史はパイナップルの刺繍の付いた白いドレスを着ていた(Avanceña wore a white dress of piña with embroidery.)。

2人は天皇皇后の出迎えを受け会見の間へ向かった(The two were met at the palace entrance by Emperor Akihito and Empress Michiko. Afterwards, the two couples walked to a room.)。

2人の男性は女性が着席するのを待って座った(The two men waited for the women to take their seats.)。

ドゥテルテ大統領は、とうとうお会い出来て嬉しい、と天皇に述べた(Duterte could be heard in the video telling Emperor Akihito that he was "happy" to finally meet him.)。

ドゥテルテ大統領は、2016年10月来日の時天皇と会見する予定だったが 三笠宮の逝去で取りやめとなった(The Philippine president was supposed to meet the royal couple in October 2016 during his first visit to Japan. But this meeting was canceled because the Emperor's uncle, Prince Mikasa, passed away that day.)。

天皇皇后は2016年1月フィリピンを訪問しているが、その時はアキノ大統領であった(The Emperor and Empress last visited the Philippines in January 2016, when Benigno Aquino III was still the president.)。

10月29日日曜出発前の記者会見でドゥテルテ大統領は、天皇皇后とやっと会見できるがその時は下品な言葉を慎まなければ、と言っていた(In a pre-departure briefing in Davao City on Sunday, October 29, Duterte acknowledged he would have to restrain his colorful language when he finally meets the royal couple.)。

ドゥテルテ大統領は、天皇の退位前にお会い出来て光栄です、退位前にお二人にお会いしたかった、前回はそれができなかった、と述べた("It is a kind of honor to see the Emperor before he abdicates.... Before he steps down, he wanted to see the leaders. The last time, I wasn't able to do it," Duterte said.)。

(参考)シエリト・ハニーレット・アバンセーニャ女史

2017年1月安倍首相訪比時、安倍首相はフィリピン・ダバオ市内にあるドゥテルテ大統領の私邸で朝食。昭恵夫人、アバンセーニャ女史が同席。

また、昭恵夫人がダバオ市内にあるミンタル墓地に墓参した際はアバンセーニャ女史が同行している。

(11月1日)

2.息子パオロと娘婿マナセスが麻薬関与なら2人を投獄しろ
(‘Jail Paolo, Mans if they are involved in drugs’。 The Manila Times、NOVEMBER 2, 2017)

ドゥテルテ大統領は、もし本当に息子の パオロ・ドゥテルテと娘婿のマナセス・カルピオが違法麻薬取引に関与しているなら彼等に対する当局の捜査や投獄にストップをかけないと言っている(President Rodrigo Duterte won’t stop authorities from investigating or even putting his son Paolo and son-in-law Manases Carpio in jail if they were indeed involved in the illegal drug trade.)。

しかし、大統領は自分では調査しないとしている。自分が調査しても誰も結果を信じないから(But Duterte said he won’t investigate them because such a probe won’t have credibility before the public.)。

”独立機関であるいつもやかましい人権委員会や国家捜査局に調査を任せる。もし有罪なら勝手にしろ。私はダバオ市長であった時と同じことを言う。私の警察に対する命令は、麻薬犯を銃撃せよだった、たとえ自分の息子でも”、と大統領は言っている(“I leave it to the independent agencies; the [Commission on] Human Rights, which is making all the noise, and the NBI (National Bureau of Investigation). If they are really guilty, then so be it.I have told you the same thing when I was still [the Davao]mayor. What is my order to the police? Shoot them [drug personalities], even if it is my son,” Duterte said.)。

またこう付け加えた、”私の言ったことは今も変わらない、彼等を銃撃せよ、もし投獄されたら結構ではないか、世の中はそういうものだ、もし誰かが違法麻薬をやっていたり所持していたら銃撃せよ、これを超法規殺人と言いたければ言え、私は了解する”(“That statement remains [true to this day]. Shoot them. If they will be sent to jail, fine. Such is life. If somebody uses drugs or is in possession of drugs, go ahead and shoot. [Call it] extrajudicial killing, if you want, I can understand,” Duterte added.)。

息子パオロ(ダバオ市副市長)と娘サラ(ダバオ市長)の夫カルピオは、5月の64億ペソ相当の麻薬密輸に関与していたと指摘されている(Paolo and Carpio, husband of the President’s daughter Sara, the Davao City mayor, were accused of facilitating the shipment of P6.4 billion worth of illegal drugs in May.)。

しかし、息子パオロは18歳の時に駆け落ちした妻の家族の衣料品輸入事業に関わってきた、と大統領は言い息子を擁護する(Duterte defended his son, however, saying Paolo had been involved in importations through the clothing business of the family of his wife, with whom he eloped at the age of 18.

”息子がいつも港にいるのはビジネスの勉強が終わってないからだ、息子はビジネスのやり方を学び妻の家族と仕事をしなければならなかったのだ”、と大統領は言う(“The reason why he was there [always in the port], he didn’t finish his studies. So he learned how to do business and had to work with the family of his wife,” Duterte said.)。

トリリャネス上院議員は、パオロが64億ペソ相当の麻薬密輸に関与していたと指摘している(Sen. Antonio Trillanes 4th has accused Paolo of being behind the smuggling of the P6.4 billion worth of illegal drugs.)。

上院の公聴会でトリリャネス上院議員は、パオロの背中に中国密輸団のメンバーであることを示す入れ墨があるはずだから背中を見せろ、とパオロに迫った(During a Senate inquiry, Trillanes dared Paolo to show his back tattoo, which would supposedly prove that Paolo was a member of a Chinese drug syndicate.)。

ダバイ市副市長のパオロは、プライバシーに関する権利であるとして入れ墨を見せることを拒否した(Paolo, vice mayor of Davao City, refused to show his tattoo, invoking his right to privacy.)。

ドゥテルテ大統領は、麻薬密輸事件に関連してファエルドン関税局長を解任し、後任に麻薬取締庁の長官だったイシドロ・ラペーニャを後任として任命した(President Duterte eventually let go of Customs chief Nicanor Faeldon over the drug smuggling issue and replaced the former Marine with Isidro Lapeña, a former Philippine Drug Enforcement Agency chief.)。

(11月2日)

3.ハピロンの右腕マウテ敗残兵を殺害、トンネルにまだ39人隠れている
(AFP: Hapilon’s top aide, Maute straggler killed)

(39 hiding in the labyrinth of tunnels)

マラウィ市でイスラム過激派の敗残兵狩りをしている国軍は2人のマウテのガンマンを殺害した(Two suspected Maute gunmen were killed by government troops as the military continued clearing Marawi City of possible stragglers of the extremist group.)。

1日水曜夜主要戦闘地域で国軍は2人のテロリストを追い詰め銃撃戦を行った(Col. Romeo Brawner, deputy commander of Joint Task Force Ranao, said troops caught up with the two terrorists in a firefight inside the main battle area late Wednesday.)。

この時国軍の2人の兵士が負傷した(Two soldiers were wounded during the encounter, Brawner said.)。

殺害されたガンマンの1人は、アブサヤフのリーダーであるイスニロン・ハピロンの右腕といわれるアブ・タルハである(Brawner identified one of the slain gunmen as Abu Talja, said to be the right hand man of slain Abu Sayyaf leader Isnilon Hapilon.)。

2人は戦闘地域から脱出するためトンネルを出ようとしているところを国軍が発見し銃撃戦となった(They were trying to slip out of the tunnels to escape the area when troops chanced upon them, triggering the firefight, Brawner said.)。

2人の敗残兵は弱々しく栄養失調に見えたが、栄養失調は逮捕されたインドネシア戦士ムハマド・イルハム・シャプトラによっても確認されている(Brawner said the two stragglers appeared to be weak and malnourished, confirming the claim of captured Indonesian militant Muhammad Ilham Syahputra.)。

逮捕されたインドネシア戦士は、マウテ戦士は食べ物がなくて弱っており夜には食べ物を探し回っていた、と言っている(“The Indonesian said they are already weak for lack of food so they forage during the night, hoping to get something to eat,” Brawner said.)。

シャプトラは1日水曜逃げようとしていてバランガイ・タノッドに捕まった(Barangay watchmen arrested Syahputra while trying to escape last Wednesday.)。

シャプトラは、主要戦闘地域でマウテによって掘られたトンネルの迷路の中にまだ39人隠れている、と語っている(Syahputra said there are still 39 of them hiding in the labyrinth of tunnels dug by the Maute militants inside the main battle area.)。

シャプトラは、ハピロンの呼びかけによりマウテ・グループに加わるため昨年フィリピンに来たと言っている(Syahputra confessed he arrived in the Philippines last year to join the Maute group on the invitation of Hapilon.)。

東南アジアのイスラム国の首長に任命されていたハピロンは、リーダーの1人オマークハヤム・マウテと一緒に先月殺害されている(Hapilon, who was named emir of the Islamic State (IS) in Southeast Asia, was killed last month along with fellow militant leader Omarkhayam Maute.)。

(注)オマークハヤム・マウテ~オマークハヤム・マウテとアブドゥラ・マウテ(Abdullah Maute)の兄弟がマウテのリーダーだった。

インドネシアのメダン出身のシャプトラは、ISが犯行声明を出している2016年8人が死亡したジャカルタの自爆テロ事件を起こしたグループ所属とのこと(The Indonesian fighter, from Medan, said his group was involved in a 2016 suicide attack that killed eight people in the Indonesian capital Jakarta that was claimed by IS, officials said.)。

(注)インドネシアのメダン~スマトラ島北部に位置する 都市。

シャプトラは、ボートでジェネラル・サントス市へ上陸し密入国したとのこと(Sources revealed the Indonesian militants went to Mindanao through General Santos City by boat.)。

(注)ジェネラル・サントス市~(スペイン語読みはヘネラル・サントス)ミンダナオ島の南部にある南コタバト州に属する都市。刺身用のマグロを加工し日本へ輸出するマグロ産業が盛んで、「フィリピンのマグロの首都」の異名を持つ。

(11月3日)

4.フィリピンでテロの恐れが高い~オーストラリアが自国民に警告
(High terror threat in PH ーAustralia)

昨日3日金曜オーストラリア政府は、マニラを含む各地でテロ攻撃の可能性が高いとしてフィリピンへ行く場合は最大限の注意を払え、と自国民に対して警告した(THE Australian government advised its citizens on Friday to exercise a high-degree of causing when going to the Philippines, citing a high threat of terror attack in various places including Manila.)

(注)causingはThe Manila Timesのミスタイプでcautionが正しいと思われる。

オーストラリア政府は、11月3日付の渡航自粛勧告ウエッブサイトでサンボアンガ半島、スルー諸島、南スルー海地域を含むミンダナオ地方の中部や西部へ行かないように、と警告している(In a travel advisory dated November 3 posted on the Australian government’s Smart traveler website, travelers were told not to go to Central and Western Mindanao including the Zamboanga Peninsula, and the Sulu Archipelago and southern Sulu Sea area.)。

上記の地方のような所は通常の旅行保険が無効である可能性があるし、オーストラリアの領事館は国民に対し援助支援ができない可能性もある、と付け加えている(It added that regular travel insurance policies would be void in such instances and that the Australian government would not be able to provided consular assistance.)。

マニラを含めフィリピンではテロ攻撃の可能性が高い、十分注意せよ、と警告している(“There is a high threat of terrorist attack in the Philippines, including Manila. Exercise heightened caution at this time,” the advisory added.)。

またミンダナオ地方東部も粗暴な犯罪、テロ、誘拐が多いので旅行を再考した方がいいとしている(Australians were also told to reconsider travel to eastern Mindanao due to the very high levels of violent crime and the high threat of terrorist attacks and kidnapping.)。

これに対して国軍は、メトロ・マニラにおいてテロの脅威は監視網に一切かかっていない、と脅威を否定している(In response, the Armed Forces of the Philippines (AFP) said it had not monitored any terror threat within Metro Manila.)。

今のところメトロ・マニラにおけるテロの脅威の報告はない、国家警察が治安維持の主役を務めている、オーストラリア大使館の渡航自粛要請は米国で発生した一匹狼による攻撃を受けての世界中に対する警戒警報であろう、と国軍は語っている(“So far, we have not monitored [any threats]in the NCR. PNP is still the lead role. [The advisory of the Australian embassy is] the global alert warning due to possible lone-wolf attacks like the one that happened in the US,” Tomas told reporters in a text message.)。

国軍は、10月31日のニューヨークにおけるウズベキスタン移民による8人が死亡し11人が負傷したトラック暴走テロ事件を引き合いに出した(He was referring to the Halloween attack in New York City wherein an Uzbek immigrant killed eight people and injured 11 by ramming them down with a rental truck.)。

オーストラリア大使館の渡航自粛要請は、アセアンサミットの前、マラウィ市におけるインドネシアのテロリストのムハマド・イルハム・シャプトラの逮捕後に出された(The Australian embassy’s advisory was issued ahead of the upcoming Asean summit and after Indonesian terrorist Muhammad Ilham Syahputra was arrested in Barangay Loksadatu in Marawi City by authorities.)。

シャプトラは、2016年のジャカルタ自爆テロ事件や今年4月の南ラナオ州ピアガボ町のマウテと国軍の衝突事件を起こしたグループに属していると自供している(Syahputra admitted to being part of the Jakarta bombing last January 2016 and the Piagapo encounter last April involving the Maute terrorists led by slain Islamic State leader Isnilon Hapilon.)。

(注)ピアガボ町マウテと国軍の衝突事件~テログループ36人死亡、死亡テロリストの中にインドネシア人やマレーシア人が混じっていた(Thirty-six rebels died after sporadic fighting went on for days between Army soldiers and the rebel Maute group. Among the 36 bodies recovered were those of foreign-looking men, GMA News' Ian Cruz reported.The men do not have Maranao features but may possibly be Indonesian or Malaysian.)。

(参考)第31回ASEAN首脳会議

2017年11月10日から14日、パンパンガ州 クラーク空軍基地

(11月4日)

5.PLDTが比日米を結ぶ 光海底ケーブルに70億ペソ投資
(PLDT investing P7B in transpacific submarine cable system project)

(注)PLDT~フィリピン長距離電話(Philippine Long Distance Telephone Company)。フィリピン最大の電気通信企業。

PLDTは、アジアと米国を結ぶ海底ケーブル・システムを構築するためアマゾンやフェースブックなどが参加する国際企業連合に参加する(Industry giant PLDT Inc. joined an international consortium composed of tech giants, including Amazon and Facebook, to build a submarine cable system linking Asia and the United States.)。

PLDTは、”ジュピター”と呼ばれる海底ケーブル・システムに70億ペソ(1億3670万米ドル)を投資すると10月30日発表した(PLDT said in a stock exchange filing yesterday it would invest P7 billion, or $136.7 million, in the transpacific cable system dubbed Jupiter.ー Philippine Daily Inquirer / 05:44 AM October 31, 2017)。

PLDTのダエット陸揚局(北カマリネス州、ルソン東北部)に達する海底ケーブル・システムは、ビデオ映像伝送など増大するインターネット需要に対応する一助となる(The undersea cable system, which will connect to PLDT’s landing station in Daet, Camarines Norte, will help the Philippines deal with increasing internet demand, particularly high-bandwidth services like video streaming.)。

海底ケーブル・システムは、PLDTのダエット陸揚局と日本の丸山陸揚局(千葉県)、志摩陸揚局(三重県)、米国のロサンゼルス陸揚局を結ぶ(The cable system will also have links in Maruyama and Shima in Japan and Los Angeles, United States.)。

企業連合への他の参加企業は日本のソフトバンク、NTTコミュニケーションズ、香港のPCCWグローバルである(Other consortium members are Japan’s Softbank and NTT Communications, as well as Hong Kong’s PCCW Global.)。

(注) 6社は、企業連合の設立、光海底ケーブル”ジュピター”の建設について合意し、10月27日に建設保守協定に調印している。

運用開始は2020年の予定(The cable system was expected to start operations by 2020.)。

ジュピターの総延長距離は14000キロ(PLDT said Jupiter had a total length of about 14,000 kilometers.)。

開放ケーブルモデルを基礎とした波長選択機能を搭載したケーブル分岐装置を備えており、毎秒60テラビット以上をフィリピンから日本、米国へ伝送できる(It will employ wavelength selectable switch technology to be built based on the “open cable” model. It can deliver a capacity of more than 60 terabits per second from the Philippines to Japan and the US.)。

(注)波長選択機能を搭載したケーブル分岐装置~ 自然災害など予期せぬケーブル不具合が生じた場合などにも、伝送ルートや伝送容量などを、遠隔から柔軟に変更することが可能となっているとのこと。

(参考)ジュピターの意義~ジュピターと、NTT コミュニケーションズが保有する既存の国際海底ケーブル(ASE、APG、PC-1など)を組み合わせることで、アジア主要都市とアメリカを結ぶ3ルートの冗長構成が可能となり、より安心・安全なグローバルネットワークの構築を実現することができる。

(注)冗長構成~ある機能を単一の機器ではなく、予備系を含めた複数台の機器で構成しておく手法。 一部が故障しても、サービスを継続して提供できるなど、信頼性や可用性が向上する。

(注)既存の国際海底ケーブル(ASE、APG、PC-1)

ASE(Asia Submarine-cable Express)~アジア域内を結ぶ海底ケーブル、日本ーシンガポール間。

APG(Asia Pacific Gateway)~アジア最大級の設計容量で、アジア域内を結ぶ海底ケーブル。

PC-1(Pacific Crossing-1)~NTTコミュニケーションズ・グループが保有する日米間を結ぶ海底ケーブル。

11月5日)

6.殺害されたマウテのリーダーのオマール・マウテの妻逮捕~イリガン
(Wife of slain Omar Maute arrested in Iligan City)

(注)イリガン市~北ミンダナオ地方北ラナオ州の都市で イリガン湾に望む。マラウイ市の北方向。

昨日5日日曜北ミンダナオ管区警察は、先月殺害されたマウテのリーダーのオマール・マウテの妻(インドネシア人)を6人の子供とともにイリガン市において逮捕した(Elements of the Philippine National Police Regional Office 10 on Sunday arrested the Indonesian wife of slain terror leader Omar Maute, along with their six children in Iligan City.)。

国家警察と治安維持軍は逮捕状をとりマウテの妻ミンハチ・マドライス又の名ベービーの家へ5日日曜の朝踏み込んだ、とイリガン市警察本部長は説明した(Ga said police, along with the Joint Task Force Ranao, raided the home of Minhati Madrais, Maute's wife, on Sunday morning, following an order to arrest a certain "Alias Baby.”)。

マドライスの家で即席爆発装置を作る材料である4つの雷管、2本の導火線、1つの時限信管が発見された(Police raiders discovered several materials for improvised explosive devices at Madrais' house, including four blasting caps, two detonating cords and one time fuse.)。

マドライスは期限の切れたインドネシアのパスポートを持っていた(Madrais also was holding an expired Indonesian passport. )。

6人の子供はとりあえず警察で保護しているが、市の社会福祉開発部に面倒を見てもらうよう依頼する予定という(Her six children are currently under police custody, Ga said.He added that they will be coordinating with the City Social Welfare and Development to take care of the children.)。

オマール・マウテは、アブサヤフのリーダーのイスニロン・ハピロンと一緒に10月16日国軍に射殺されている(Maute, along with Abu Sayyaf leader Isnilon Hapilon, was killed in a "final assault" by the military on October 16, days before the end the Marawi City siege.)。

警察は、マドライスがマラウィ市の戦闘と関係しているか否か調べている(Police are still determining the possible involvement of Madrais in the Marawi conflict. )。

(11月6日)

7.大統領報道官がセレノ最高裁長官の辞任求める

8.26日間でバイク乗り狙撃犯により125人死亡<BR>
(125 killed by motorcycle-riding shooters in 26 days ーPNP)

26日間でバイク乗りの狙撃により125人が死亡した、と昨日7日国家警察が発表した(The Philippine National Police (PNP) released on Tuesday its data on “motorcycle-rider shootings,” which showed that 125 people had been killed by assassins aboard motor vehicles in 26 days.)。

10月10日から11月5日まででバイク乗りの狙撃犯による銃撃の被害者が365人おりその内125人が死亡し240人は生き残ったとのこと(The PNP Directorate for Investigation and Detective Management (DIDM) said in a statement that 125 of 365 victims were killed by motorcycle-riding suspects from October 10 to November 5. The other 240 victims survived the shootings.

警察はバイク乗り狙撃容疑者64人を逮捕したが、これらの者達は強盗や麻薬犯罪を犯しているとみられている(According to DIDM Director Chief Augusto Marquez Jr., the police have arrested 64 motorcycle-riding killer suspects who allegedly commited other crimes like robbery and drug offenses.)。

バイク乗り狙撃はオートバイやスクーターが使われ、これらの使用により犯行現場から素早く逃亡することができる(“These are incidents wherein motorcycles or scooters are used in the commission of a crime or to ensure a quick escape from the scene of the crime,” Marquez said.)。

380人のバイク乗り狙撃容疑者が逃亡中とのこと(Marquez revealed that 380 motorcycle-riding killer suspects are “still at large” and being investigated by the police.)。

バイク乗り狙撃事件はメトロ・マニラが1番多く49件、次にカラバルソン地方の37件、セントラル・ルソンの34件、セントラル・ミンダナオの32件とつづく(Marquez relayed the DIDM’s report that motorcycle-rider shooting incidents were concentrated in Metro Manila, with with 49 cases. Calabarzon had 37 cases. Central Luzon and Central Mindanao had 34 and 32 cases each.)。

(注)カラバルソン地方~マニラの東部から南部にかけての地域。

10月10日から11月5日までの間でバイク乗り狙撃事件は200件あった(PNP data showed that there were 200 incidents of motorcycle-rider shootings from October 10 to vember 5. )。

バイク乗り犯罪の内、銃撃事件が93件、殺傷事件が3件、強盗事件が115件(A total of 93 were shooting crimes, three were stabbing incidents, and 115 were robbery cases.)

バイク乗り狙撃事件の内10件のみが麻薬関連とのこと(Marquez emphasized that in the total number of incidents of motorcycle-rider shootings, only 10 were recorded as “drug-related.”)。

15件が解決済み、45件がほとんど解決、267件が捜査中という(“The data also revealed of the total number of incidents, 15 incidents are already cleared by the authority, 45 incidents are considered as solved, and 267 incidents are underway for further investigations,” Marquez said.)。

(11月8日)

9.アキノ前大統領が汚職容疑及び権限の不正使用容疑で起訴される<BR>
(Aquino charged with graft)

昨日8日水曜行政監察院(オンブズマン事務局)は、2015年1月のマギンダナオ州ママサパノにおける失敗に終わった警察の作戦に関してアキノ前大統領を汚職の容疑及び権限の不正使用の容疑で公務員特別裁判所(サンディガンバヤン)に起訴した(The Office of the Ombudsman on Wednesday filed at the Sandiganbayan charges of graft and usurpation of official functions against former President Benigno Aquino 3rd in connection with the botched police operation in Mamasapano, Maguindanao in 2015.)。

(注)ママサパノにおける失敗に終わった警察の作戦~2015年1月25日、ミンダナオ島マギンダナオ州のママサパノにおいて、国家警察の特殊部隊が、テロ容疑者を捜索中イスラム系武装勢力MILFの支配領域に立ち入ったことで、交戦状態となり、44人の警察官が死亡した。警察によるMILF支配領域への立ち入りは、フィリピン政府とMILFが合意していた事前通告を実施することなく行われたため、本衝突事件に至ったとのこと。

アキノ前大統領は、国家警察の指揮命令系統を無視して停職中の前プリシマ国家警察長官に作戦指揮をさせたとして収賄及び汚職行為防止法(共和国法 第 3019 号)違反容疑にとわれている(Aquino was accused of violating Section 3(a) of RA 3019 (The Anti-Graft and Corrupt Practices Act) for persuading suspended Philippine National Police chief Alan Purisima to violate the PNP chain of command.)。

(注)収賄及び汚職行為防止法(共和国法 第 3019 号)違反~禁止行為として”行政上の権力の 行使に当たり不当な損害を生じさせること”などが上げられている。

前プリシマ国家警察長官は変則的な配達業務契約を締結した容疑で停職中であったが、それにもかかわらずアキノ前大統領は彼をエクサダス作戦の立案者指揮者として使った(The Ombudsman said the former president “utiliz[ed]the services of Purisima for Oplan Exodus prior to and during its implementation” despite the latter’s suspension over an allegedly anomalous courier deal.)。

エクサダス作戦は、トップ・テロリストのマルワンとオスマンを逮捕するという警察の計画であったが、マルワンは死亡しオスマンは逃亡した(Oplan Exodus was the operation launched by the PNP to capture top terrorists Marwan and Abdulbasit Usman. Marwan was killed but Usman escaped.)。

この作戦で国家警察の特殊部隊の44人が死亡した(The operation left 44 members of the Special Action Force dead.)。

行政監察院は、またアキノ前大統領は権限を不正に使用しており改正刑法177条違反容疑があるとしている。プリシマ前国家警察長官とナペニャス 前特殊部隊長も同じ容疑で今年公務員特別裁判所(サンディガンバヤン)に起訴されている(The Ombudsman also accused Aquino of usurpation of official functions under Article 177 of the Revised Penal Code.The same charges were filed against Purisima and Napeñas early this year before the Sandiganbayan.)。

2015年2月行政監察院は、この警察の作戦の立案と実行にあたり彼等に責任があるのではないかと事実関係の調査を開始していた(In February 2015, the Ombudsman initiated a fact-finding probe to determine the identities of those who were responsible in the planning and conduct of the police operation.)。

アキノ前大統領は、プリシマ前国家警察長官は知恵者として参加しただけで関与は限られているとして自分を起訴しないように申し立てていたが、行政監察院はこの申立を棄却した(Aquino sought the dismissal of the charges, claiming that Purisima’s involvement was limited to being a resource person. The Ombudsman threw out his motion for reconsideration.)。

(11月9日)

10.差し迫った危険がある~地滑りのボルジョオン
(IMMINENT DANGER)

(注)ボルジョオン町~セブ市の南105キロ( Boljoon is a fifth class municipality located 105 kilometers southeast of Cebu City. It has eleven villages with a total population of 16,000.)。東海岸。ジンベイザメのオスロブ町の北隣。

セブ州政府は、大規模な地滑りの危険があるので2地区の37家族は強制避難であるとしている(Province calls for forced evacuation of 37 families from two sitios in danger of being buried in massive landslide)。

セブ州南東部のボルジョオン町のバランガイ・ロワー・べセリルの2地区は、7ヘクタールにおよぶ山の土砂に埋もれるのが時間の問題であるという( It is only a matter of time before the two sitios in Barangay Lower Becerril, Boljoon town in southeastern Cebu will be buried in a mound of earth that will span up to seven hectares.)。

危険であるという予測で州の災害リスク軽減管理室は37家族150人に対して避難命令を出した(The alarming scenario prompted the Provincial Disaster Risk Reduction and Management Office (PDRRMO) to order an evacuation of 37 families or 150 persons from Sitios Camp Franco and Sangi.)。

移転先の土地準備が整えられるまでの間、避難民はバランガイ・ポブラシオンのスポーツ複合施設に避難してもらう予定(They will be housed temporarily at the sports complex in Barangay Poblacion while the relocation sites are being developed.)。

問題は家を離れるのを拒否している住民が要ること(The problem is, some residents refuse to leave their homes.)。

環境天然資源省の下部組織であるセントラル・ビサヤ鉱山地球科学局の地質学者は、昨日9日木曜地滑り地域に入った(Geologists from the Mines and Geosciences Bureau (MGB) of the Department of Environment and Natural Resources in Central Visayas (DENR-7) went to the affected subvillages on Thursday.)。

地質学者達は次のように言う。地面は不安定であり2週間前からの地滑りは止まっていない、問題は土壌を柔らかくしている雨がずっと続いていることである(They found out that the landslides had not stopped since it first started two weeks ago as the ground remained unstable. The problem was compounded by the incessant rains that made the soil softer.)。

雨はまだ続くとみられるので、山のバランガイであるロワー・べセリルの斜面5~7ヘクタールの土砂は滝のように落ちてカンプ・フランコ地区とサンヒ地区を押しつぶすだろうと地質学者達は言う(Since the rain was expected to continue, the MGB-7 anticipated that five to seven hectares of land from the slopes of Barangay Lower Becerril, a mountain village, would cascade and crush into Sitios Camp Franco and Sangi.)。

熱帯低気圧サロメ(日本では台風24号と呼ぶ)の影響でセブ州では強雨が予想されている、サロメは昨日9日木曜午後6時南ビコル地方のカマリネス州ピリ町(州都)の南西65キロにあり時速25キロで西北西へ進んでいた(The weather bureau’s forecast was heavy rain may prevail over Cebu province due to tropical depression Salome, which was spotted 65 km southwest of Pili, Camarines Sur, as of 6 p.m. on Thursday and was moving at a speed of 25 kilometers per hour (kph) at a west-northwest direction.)。

カンプ・フランコ地区とサンヒ地区と隣のカンシロイ地区の18家族120人は既に避難していて、友達や親戚の家に身を寄せている人達が多いらしい(At least 18 families or 120 persons had already evacuated from their homes in Camp Franco and Sangi and in the adjacent Sitio Cansiloy due to the landslides. They opted to stay with their friends and relatives.)。

しかし差し迫った危険があるにもかかわらず、37家族が家を離れることを拒んでいる(But there were still remaining 37 families who refused to leave despite the imminent danger.)。

移転を余儀なくされた住民のために既に3ヶ所の土地が町に寄付されている(Three parcels of land had been donated to the municipal government as relocation sites for displaced families.)。

セブ大司教区が4ヘクタール、イグレッシャ・ニ・クリスト(宗教団体)が25ヘクタールで双方ともバランガイ・ロワー・べセリル(The Cebu Archdiocese donated a four-hectare lot while the Iglesia Ni Cristo gave a 25-hectare property ー both in Barangay Lower Becerril.)。

現町長の叔父でデオへネス前町長が3ヘクタールでバランガイ・ポブラシオンの公立学校の近く(The third is a three-hectare lot owned by former Boljoon mayor Deogenes “Wargong” Derama, uncle of incumbent Boljoon Mayor Merlou Derama near a public school in Barangay Poblacion.)。

3地区とも地滑り地域から離れており安全と地質学者が言っている(All three had been declared safe by the MGB-7 since these were away from the landslide-hit areas, said Ternate.)。

町では1週間前に11バランガイの内6バランガイに被災宣言を出しているがカンプ・フランコ地区とサンヒ地区が他地域より危機に瀕している(The situation in Sitios Camp Franco and Sangi has become more critical, a week since the municipal government of Boljoon placed six of their 11 barangays under a state of calamity due to the unceasing landslides.)。

町の中心のバランガイ・ポブラシオンから山のロワー・べセリルなど5バランガイへ行く迂回道路に地滑りが近づいてきている(Tribunalo said the tip of the landslide was slowly getting nearer to the diversion road that connected Barangay Poblacion in the town proper to the five mountain villages: Lower Becerril, Upper Becerril, San Antonio, Nangka and Lunop.)。

既存の道路が通行不能となったので町は7日火曜午後迂回道路を開いた(The municipal government opened the diversion road on Tuesday afternoon because the BecerrilーNugーas Road, which is 15 km long, had been rendered unpassable due to the damage caused by the landslide.)。

既存の道路が通行不能となったので救援物資が山の5バランガイへ運べなくなっていた(Since the BecerrilーNugーas Road could not be used, supplies and relief goods would not be brought to the five mountain villages.)。

迂回道路は既存道路から20メートルしか離れておらず、夜間は双方通行止めとしている(“The diversion road is located only 20 meters away from the original road. I instructed the local disaster team to close both every night to avoid any untoward incident,” Tribunalo said.)。

新たに地滑りで2軒が埋もれたので被害家屋は合計で3軒となったが、負傷者は出ていない(Geologists from MGB-7 also found out that the landslides had buried two more houses, bringing to three the total number of the residences destroyed. Fortunately, no one was hurt.)。

(11月10日)

11.アキノ前大統領がママサパノ事件の起訴で保釈金提出
(Aquino posts P40K bail on Mamasapano graft case)

2015年1月のマギンダナオ州ママサパノにおける失敗に終わった警察の作戦に関してアキノ前大統領が汚職の容疑及び権限の不正使用の容疑で起訴され、これを公務員特別裁判所(サンディガンバヤン)が受理したのを受け、昨日10日金曜アキノ前大統領は4万ペソ(0.450換算で約88900円)の保釈金を提出した(FORMER president Benigno Aquino 3rd posted a P40,000 bail after the Sandiganbayan Third Division found basis to try him for the cases of graft and usurpation of official functions in connection with the botched police operation in Mamasapano, Maguindanao, a court official said on Friday.)。

午後4時に4万ペソが提出されたが、内訳は汚職の容疑につき3万ペソ、権限の不正使用の容疑につき1万ペソとのこと(At 4 pm, Aquino posted a P40,000 bail: P30,000 for graft and P10,000 for usurpation of official functions or authority.)。

裁判所書記官によると、逮捕状にはサインされたがアキノ前大統領が保釈金を提出することを考慮し逮捕状は発行されなかった(Pulma said an arrest warrant was signed but was not released for service considering that Aquino posted bail for his provisional liberty.)。

罪状認否と事前審理が1月12日に設定された(He said that court set the arraignment and pretrial on January 12.)。

裁判所は昨日10日付けでアキノ前大統領に対して出国差し止め命令を出したので裁判所の許可を得ない限り出国出来ない(The court also issued a hold departure order (HDO) dated November 10, according to Pulma.An HDO bars a defendant from leaving the country without the court’s prior permission.

アキノ前大統領は、2015年1月15日イスラム過激派と衝突して警官44人の死者を出したママサパノの事件に関して死傷者を最小にするあらゆる手立てを講じたと述べ、自分は何の罪にも問われるべきではないと強調した(Aquino reiterated that he should not be charged with anything, saying that he did whatever was necessary to minimize the casualties in Mamasapano where 44 Special Action Force (SAF) commandos died in an encounter with Islamist extremists on January 15, 2015.)。

昨日10日金曜ケソン市タイムズ・ストリートの自宅における記者会見で前大統領は、保釈金を提出したのは憲法に定められた権利を行使しただけであり裁判で負けるとは思わないと語った(In a news conference at his home on Times Street in Quezon City yesterday, the former president also said that in posting bail, he was merely exercising his rights based on the Constitution and that he did not see himself on the losing side.)。

8日水曜行政監察院が前大統領を公務員特別裁判所(サンディガンバヤン)に起訴していた(The Office of the Ombudsman filed the cases on Wednesday.)。

(11月11日)

12.ドゥテルテが16歳の時人を殺したと言った~またジョークか
(Duterte says he killed a man at 16; joke again?、Philippine Daily Inquirer / 07:16 AM November 11, 2017、 WITH A REPORT FROM AFP)

ドゥテルテ大統領は16歳の時人を刺殺したと言ったが、彼の報道官はおそらくそれはジョークだろうと語った(President Duterte said he had stabbed someone to death when he was just 16 years old, but his spokesperson said his claim may have been a joke.)。

APECサミット出席のためベトナムのダナンを訪問した際にフィリピン人会の人達に対して9日木曜夜次のように語っていた。”麻薬戦争で刑務所に入るのは怖くない、というのは10代の時街で沢山喧嘩して刑務所に入るのに慣れているから”(The deed was brought up when he spoke on Thursday night to members of the Filipino community in Da Nang, Vietnam, on the sidelines of the Asia-Pacific Economic Cooperation (Apec) summit, where he said he was not afraid to go to prison for his war on drugs because he was familiar with jails in his teens when he was involved in many street fights.)

”10代の時には刑務所から出たり入ったりしていた、16歳の時誰かを殺した、本当に人間だった、不良仲間の路上の喧嘩の最中だった、刺殺したんだ、16歳の時だ”(“When I was a teenager, I was in and out of jail,” he said. “At the age of 16, I had killed someone. It was really a person. (It was during a) rumble. (It was a) stabbing. That was when I was 16 years old.”)。

”喧嘩で敵意に満ちた視線を交換していたんだ、大統領になった今はもっとだ”と付け加えて聴衆の笑いを誘った(“It was just an exchange of dirty looks. What more today when I am President,” he added, eliciting laughter from the audience.)。

ドゥテルテ大統領の補佐官達は、大統領の言うこと全部を信じてはダメだ、ジョークや誇張が入るから、と繰り返してジャーナリストに言ってきている(Mr. Duterte’s aides have repeatedly told journalists not to believe everything he says, cautioning that he often jokes or indulges in “hyperbole.”)。

大統領の新任のロケ補佐官は、刺殺した話もおそらくジョークだろうとしている(His new spokesperson, Harry Roque, indicated that maybe the case with his stabbing-to-death claim.)。

”あれは笑いぐさとおもう、大統領は海外でフィリピン人に乱暴なことを言うんだ”、と報道官は解説した(“I think it was in jest. The President uses colorful language when with Pinoys overseas,” Roque said in a text message.)。

ドゥテルテが大統領になる前のインタビューで彼が次のように語ったのをエスクァイア・マガジンが載せたことがある。”私は17歳の時誰かを刺殺したかもしれない”(Esquire magazine had quoted Mr. Duterte as saying in an interview before he became President that he may have stabbed someone to death when he was 17 years old.)。

人を殺した最初の時のことを覚えているか、と訊かれダバオ市長は次のように答えた(The then Davao City mayor was asked if he remembered the first time he had killed a man.)。

”若かった、17歳だった、ビーチで激しい喧嘩があった、若者達でビーチに行き飲んでいた、突然喧嘩だ、多分自分は誰かを刺殺した、まあ大体そんなところだ”(“Well, when I was young … I was 17,” Mr. Duterte replied. “There was a tumultuous fight on the beach. We were young men then and we went to this beach and we were drinking and suddenly there was this … maybe I stabbed somebody to death … something like that.”)。

軽率なユーモアと汚い言葉で知られているドゥテルテ氏は、もし自分が悪たれ口をたたいたら、それを信じるな、とジャーナリストに言っていた(Mr. Duterte, known for his brash sense of humor and foul language, has told journalists that if he made “a preposterous statement, do not believe it.”)。

”もし自分が悪たれ口のようなことをたたいたら信じるな、もし自分の答えが悪たれ口や馬鹿馬鹿しいもので、それがダバオのメデアから出て次から次に伝わっていたら、その発言の時自分が真面目で真剣だったか確かめる必要があるよ”、と昨年の大統領選挙の直後の記者会見で言っていた(“If I say something like that, don’t buy it. If the answer is preposterous or ridiculous, whisper to the one next to you from the Davao media and check if I’m serious,” Duterte said at a news conference shortly after last year’s election. )。

自分はレポーターに対してふざけたりからかったりして楽しんでいるんだ、と彼は付け加えた(He added that he enjoyed “playing around” and “bantering” with reporters.)。

しかし9日木曜のダナンのプルクラ・リゾートにおけるフィリピン人との会合において、大統領は麻薬の危険の除去という政権の優先課題を議論していたのだ(But in Thursday’s meeting with Filipinos at Da Nang’s Pulchra Resort, the President was discussing one of his administration’s serious priorities?ending the drug menace.)。

人権活動家達の抗議にも関わらず麻薬容疑者狩りは続ける、と大統領は自分の立場を繰り返し主張している(He reiterated his position that he would continue to go after drug suspects despite protests from human rights activists.)。

”おまえらは我が国の人間をを舐めてかかっているんだ、フィリピン人を生き地獄に落すかの如くフィリピン人の生活を悲惨なものにしようとするのなら、そうはさせない”、と彼は言う(“You fuck with my countrymen, I will not let you go,” he said. “If you make the life of the Filipinos miserable, it is as if you are consigning them to hell alive.”)。

しかし、ドゥテルテ氏は麻薬撲滅戦争において超法規殺人は許さない、防備のない人間を殺すなら容赦しない、と言っていた(However, Mr. Duterte said he would not allow extrajudicial killings in his antidrug campaign and would not condone the killing of a defenseless person.)。

後ろ手に縛られていたり跪き手を上げて降参のポーズをとっている人間を殺したら気違いだろう、そんなことは決してさせない、と彼は言う(“If you are talking of a man whose hands are tied behind his back or kneeling down with outstretched arms in surrender, and then you say I committed murder, you are crazy. I will never do it,” he said.)。

ドゥテルテ政権発足後16ヶ月で警察の麻薬狩りの手入れの時警察に刃向かったとして殺された人間が3800人以上いる。数千人が誰かわからない殺し屋に殺害された(More than 3,800 people, who allegedly fought officers during raids, have been killed by the police in the antidrug campaign since Mr. Duterte took office 16 months ago. Thousands more were killed by unknown assailants.)。

ドゥテルテ氏は腐敗警官や雇われ自警団による超法規大量殺人キャンペーンの指揮をとっている、と内外の批判者は警告してきている(Critics at home and abroad have warned that Mr. Duterte was orchestrating a campaign of extrajudicial mass murder, carried out by corrupt police and hired vigilantes.)。

彼は警官やその他の者に殺人を扇動するようなことはやっていないと時々言うのだが、一方麻薬戦争を擁護する罵詈雑言や扇動的な物言いをしてニュースの見出しを飾るようなことを絶え間なくしている(He at times denies inciting police or others to kill, but also consistently generates headlines for his abusive language and incendiary comments defending the drug war.)。

昨年ドゥテルテ氏は3百万人の麻薬常習者を殺戮したら嬉しいと言い、麻薬撲滅戦争を批判したオバマ大統領を売春婦の息子と罵った(Last year Mr. Duterte said he would be “happy to slaughter” three million drug addicts and branded then United States president Barack Obama a “son of a whore” for criticizing the drug war.)。

また昨年12月ドゥテルテは、ダバオ市長の時警官に手本を示すため犯罪容疑者を自分で射殺した、と語った(Duterte also said in December last year that he had personally shot dead criminal suspects when he was mayor of southern Davao City to set an example to police.)。

ダナンにおいては麻薬撲滅戦争を度々批判している超法規殺人に関する国連特別報告者のアグネス・カラマードに狙いを定めた(In Da Nang, Duterte also targeted the United Nations’ special rapporteur on extrajudicial killings, Agnes Callamard, who has been a frequent critic of the drug war.)。

カラマードの名前が出た後彼は言った。”この報告者、私は皆の前で彼女を平手打ちにしてやる、なぜか?、彼女が私を侮辱するからだ”(“This rapporteur,” he said, after referring to Callamard by name, “I will slap her in front of you. Why? Because you are insulting me.”)。

トランプ大統領や他のリーダー達が出席するアセアン・サミットのホストを務めるのに先立ってドゥテルテ氏のコメントが来た(Mr. Duterte’s comments come ahead of him hosting US President Donald Trump and other leaders in the Association of Southeast Asian Nations (Asean) summit.)。

4月にトランプ大統領からドゥテルテ大統領に電話があり、ドゥテルテ大統領は偉大な仕事をしていると言いトランプ大統領は麻薬撲滅戦争を賞賛していた(Trump has praised Duterte’s handling of the drug war, telling the Philippine leader in a telephone call in April that he was doing a “great job.”)

トランプ大統領や他のリーダー達は麻薬撲滅戦争議論を知らない振りをするだろうからサミットはドゥテルテ大統領にとってPR大成功となるだろう、と人権運動家は言った(Human rights campaigners have said the summit will be a public relations coup for Mr. Duterte, with Trump and other leaders expected to ignore the drug war controversy.)。

”サミットにおいて殺人麻薬撲滅戦争について東アジアの指導者達から沈黙という贈り物を受けドゥテルテ大統領は喜ぶであろう”、とヒューマン・ライツ・ウオッチのキネ・アジア副会長はAFPに語った(“Duterte will enjoy the gift of tacit silence from East Asian leaders on his murderous drug war during the upcoming summit,” Human Rights Watch deputy Asia director Phelim Kine told Agence France-Presse.)。

”ドゥテルテが調節している大量超法規殺人キャンペーンを無視して、サミットのメッセージはお互いの経済的ウインウイン関係をうたう心地よいものになるだろう”、とキネは述べた(“The summit messaging will be of feel-good mutual economic win-wins that will ignore the fact that Duterte has inflected a campaign of mass extrajudicial killings,” Kine said. )。

(11月12日)

13.ドゥテルテ大統領が天皇皇后両陛下の簡素さに畏怖
(Duterte awed by simplicity of Japan Emperor and Empress。Rappler.com。Updated 3:20 PM, November 01, 2017)

フィリピンのリーダーは、天皇皇后両陛下の謙虚な態度は真に陛下の称号にふさわしい、と語った(The Philippine leader says the royal couple's unassuming comportment is truly 'befitting the title of Majesty’)。

10月31日ドゥテルテ大統領は、東京の皇居で天皇陛下に歓迎された(President Rodrigo Duterte is welcomed by Japan Emperor Akihito to the Tokyo Imperial Palace for a meeting on October 31, 2017. )。

ドゥテルテ大統領は、天皇皇后両陛下の簡素な生活スタイルや謙虚な態度に畏怖を感じた、と語った(President Rodrigo Duterte admitted being awed by the simple lifestyle and unassuming comportment of Japan’s Emperor Akihito and Empress Michiko.

ドゥテルテ大統領は、日本からダバオに到着し、東京の皇居ほど簡素な王室の住居はない、と述べた(Speaking after landing in Davao City from Japan, Duterte said he had never visited such a simple royal home as Tokyo’s Imperial Palace. )。

”私は今までに多くの旅をし偉大な指導者たちの宮殿を訪れた、あんなに簡素な宮殿は初めてだった、本当に小さな宮殿だった”、と大統領は記者達に語った(“You know what, I have been to many places and palaces of great leaders and people. This is the first time I saw the such a simple palace,” he told reporters, adding that he found the palace to be “just a small place.”)。

ドゥテルテ大統領は、彼と彼のパートナーの ハニーレット・アバンセーニャが両陛下と会談した応接間を例に上げた(He cited as an example the receiving room where he and his partner Honeylet Avanceña sat down to speak with the royal couple.)。

”応接室にさえ1枚の絵画も見られなかった、本当に淡白そのものなんだ、そして陛下は簡素に生活している”、とドゥテルテは言う(“And even his ? the receiving room, you won’t see any pictures. It’s really a bland thing actually. And he lives very simply,” said Duterte, referring to the Emperor.)。

また彼は、両陛下の慎み深く高ぶらない態度に言及した(He also observed the Emperor and Empress to be modest and unassuming.)。

”天皇陛下は言葉使いが穏やかで、特に皇后陛下は穏やか”、と彼は言った(“The King is very [soft] spoken, especially Her Majesty Michiko,” said Duterte.)。

”お二人の立ち居振る舞いは真に陛下の称号にふさわしい”、と付け加えた(Their deportment, he added, is truly “befitting the title of Majesty.”)。

フィリピンの大統領は、簡素なライフスタイルと控えめな人柄を賞賛する人間として自分自身をしばしば印象づけてきた(The Philippine President has often projected himself as a man who admires simple lifestyles and a self-effacing character.)。

彼は自分が何十年もダバオで同じ家に住んでいることや政府の役人がホテルの貴賓室に宿泊するのを軽蔑していることに言及するのを好んでいる(He likes to point out that he has lived in the same house in Davao City for decades and that he looks down on government officials who use special car plates or book presidential suites in hotels.)。

(注)何十年もダバオで同じ家に住んでいる~ 今年1月安倍首相がダバオのドゥテルテ大統領の家を訪問した時は、安倍首相ダバオのドゥテルテ大統領の質素な家を訪問し朝食をとり寝室にも行く(PM Abe visits President Duterte's modest Davao home for breakfast, bedroom tour)との見出しの報道があった。

朝食は甘い餅とひよこ豆のスープといった質素なもので、ベッドには古い蚊帳があったとのこと(a modest breakfast of sweet rice cakes and mung bean soup。 We also showed him how the president enjoys the comfort of his own bed, including his old and favorite mosquito net)。

大統領(71歳)は、パートナーで元看護師46歳の ハニーレット・アバンセーニャと12歳のキテイ嬢と2階建ての家で3人暮らし( Cielito "Honeylet" Avancena, a 46-year-old former nurse, and their 12-year-old daughter Kitty)。

(11月13日)

14.来年のシノログではより厳しい治安維持措置をとる~市
(Osmeña: Stricter security, policies for Sinulog 2018 )

自分は今年1月のシノログ祭りのグランド・パレードの日に酒類を販売した店は閉鎖すると脅したが、この命令は真剣なものでありセブ市の全ての店は来年1月のシノログ時の警告であると受け取るべきである、とオスメーニャ市長は語った(HIS threat to shut down business establishments selling liquor during the Sinulog grand parade last January should serve as a warning to all who are doing business in Cebu City that he is serious about his orders, Mayor Tomas Osmeña said.)。

マラウィ市の過激派襲撃事件を受け、来年のシノログ祭りではより厳しい治安維持措置をとる、と市長は言った(Osmeña then said that stricter security measures will be implemented during next year’s Sinulog celebration after the siege in Marawi City that began last May.)。

マラウィ市で酷く打ちのめされたテロリストは仕返しをする気でいるのではないかと本当に恐れているんだ、セブではあのようなことが起こらないようにいつも対策しているが、起こらないとは言えない、と彼は説明した(“I’m really terrified because the terrorists were badly hit in Marawi City and they have motivation to retaliate. In Cebu City, we always prevent incidents like these from happening but it doesn’t mean it can’t happen,” he said.)。

シノログ祭りのグランド・パレードのルートの300メートル以内での酒類販売と飲酒を禁ずる市長命令にサインするつもりだ、と市長は付け加えた(The mayor also said that he will sign an executive order (EO) that will prohibit the selling and drinking of liquor within 300 meters of the Sinulog parade route.)。

300メートル以内での飲酒は禁止だ、バーはアルコール販売禁止だ、店内で飲酒があったら店を閉鎖させる、何十台もカオシュン・バスを出動させ飲酒者をバス内に留置する、と市長は昨日13日月曜の記者会見で述べた(“No drinking within 300 meters. Bars should not sell alcohol. If there will be alcohol inside, then we will close it. We will deploy dozens of Kaoshiung buses, which will serve as detention centers for people who are drinking,” he told reporters in a news conference yesterday.)。

今年1月グランド・パレードのルートの2軒の店が酒類を販売し捕まったが、大目に見た、来年は同じことをするなと警告する、と市長は言った(The mayor said he just tolerated two establishments that were caught selling liquor along the parade route last January but warned them not to do the same next year.)。

アルコールを販売したりパーテーを開催したい者は南海岸道路埋立地へ行かなければならない、と彼は付け加えた(Those who want to sell alcohol or organize a party will have to hold their activities at the South Road Properties (SRP), he added. )。

今年1月フアナ・オスメーニャ・アヴェニューとマンゴ通りで発生した(馬鹿騒ぎの)集中殺到は繰り返したくないのだ、と彼は言った(He said he wants to prevent a repeat of the near stampede that occured on Juana Osmeña Ave. and Gen. Maxilom Ave.)。

(注)フアナ・オスメーニャ・アヴェニュー~マンゴ通りのナショナル・ブック・ストアから山側のエスカリオ通りの方へ行く道路。

その地域ではグランド・パレード終了後に馬鹿騒ぎパーテーの集中殺到が発生した(The area had been a place of convergence for partygoers after the Sinulog grand parade. )。

(注)馬鹿騒ぎ場所では何人も卒倒者が出て病院へ運ばれた。

(11月14日)

15.シノログ財団が携帯電話の電波停止に同意
(Sinulog Foundation executive okays shutdown of cell sites)

治安維持のため来年のシノログ祭りの際に再び携帯電話の電波を停止するというセブ市のオスメーニャ市長の計画は祭りの実行組織の支持を得ている(THE plan of Cebu City Mayor Tomas Osmeña to again shut down cellular phone signals during the Sinulog festivities next year as part of security measures has gained the support of festival organizers.)。

シノログ財団のバレステロス常任理事は、今年1月のシノログ祭りの際電気通信委員会によって特定地域の無線基地局の機能を停止したが問題も苦情もなかった、と語った(Sinulog Foundation Inc. (SFI) executive director Ricky Ballesteros pointed out that there were no problems and complaints reported in this year’s Sinulog when cell sites were shut down by the National Telecommunications Commission (NTC) last January.)。

電波停止は今年のシノログでもうやったのだ、演技者と観客の安全にとって有益と思う、とバレステロス常任理事は言った(“We already did that in (the) last Sinulog. I think it helps and it’s effective for the safety of participants and spectators,” he told Cebu Daily News.)。

セブ市のシノログ祭りで電波停止を実施したらその後1月のイロイロ市のディナグヤン祭りや10月のサンボアンガ市のエルモサ祭りなどの他の祭りでも同じく電波停止を実施していた、と常任理事は説明した(In fact, other festivals in the country such as Iloilo City’s Dinagyang Festival last January and Zamboanga City’s Hermosa Festival last month followed the same measure after Sinulog implemented the cell shut down, said Ballesteros.)。

一昨日13日月曜オスメーニャ市長は、テロリストの攻撃を回避するため来年のシノログの時も携帯電話の電波停止をするよう電気通信委員会に依頼する可能性がある、と語った(Last Monday, Mayor Osmeña raised the possibility of again asking the NTC to shut down cellular phone signals for Sinulog 2018 to avert possible terrorist attacks.)。

土曜日のサントニーニョ像を頂いた海上行進と荘厳行進及び日曜日のグランド・パレードの時には電気通信委員会によりセブ市とマンダウエ市のいくつかの地域の携帯電話の電波が停止された(Last year, cell phone signals were shut down by NTC in some portions of the cities of Cebu and Mandaue during the fluvial procession and the solemn foot procession of the image of the Sto. Niño on the day before the feast of the Child Jesus.Cell sites were also shut down in Cebu City during Sunday’s Sinulog Grand Parade.)。

来年のシノログの際も携帯電話電波が停止されるなら、事前に予告するとのこと(Ballesteros told CDN that if the plan to shut down cell sites pushes through in next year’s Sinulog, the announcement must be made earlier to give people more time to prepare and adjust their schedules.)。

(11月15日)

16.麻薬撲滅戦争で刑務所の収容率623%
(Drug war congests jails by 623%、 The Philippine Star、Updated November 15, 2017 - 12:00am)。

この記事にはケソン市刑務所の階段で眠っている受刑者の写真が載っているが、階段の各段に1人ずつが眠っており、踊り場の7人は手を下ろしているが、各段に寝ている者達は狭いので皆手がバンザイ状態、足は全員折り曲げられている。(Inmates sleep on the steps of a ladder inside the Quezon City jail at night in Manila in this picture taken on July 21, 2016. Noel Celis, AFP)。

ドゥテルテ大統領の違法薬物に対するキャンペーンで刑務所管理刑罰局の施設は623%の収容率という(President Duterte’s campaign against illegal drugs has congested the facilities of the Bureau of Jail Management and Penology (BJMP) by 623 percent.)。

14日火曜刑務所管理刑罰局のソルダ報道官は、全国475刑務所に15万2393人が収容されている、と語った(As of yesterday, Senior Inspector Xavier Solda, BJMP spokesman, said there were 152,393 inmates in 475 jails across the country.)。

昨年ドゥテルテ大統領就任前は9万8000人の収容だった、収容人数の増加は麻薬撲滅戦争に関係している、という(Solda said there were only 98,000 inmates before Duterte assumed office last year.“The increase in the jail population is related to the drug war,” Solda said.)。

刑務所管理刑罰局の職員数は1万2500人いるが、看守業務に当たっているのは7000人とのこと(There are around 12,500 BJMP officers and personnel, only 7,000 of them performing custodial duties.)。

先に刑務所管理刑罰局は国会に2000人の増員の承認を要請した(The bureau earlier requested Congress for approval to hire 2,000 personnel a year to boost its manpower.)。

また刑務所の新設も必要としている(The BJMP is also pushing the construction of more detention facilities.)。

刑務所の新設のための建設用地の寄付を地方自治体に要請している(Solda said they have been asking local government units to donate land for the construction of jails.)。

国は2018年に15億ペソの予算を新刑務所建設に充てている(The government has earmarked P1.5 billion for the construction of new jails in 2018.)。

(11月16日)

17.今月末のボホールのAsean会議に警官3000人配置
(Police assign 3K to secure Asean execs in Bohol)

今月末ボホール州で開催されるAsean会議へ200人の各国代表が出席予定であるが、警備に3000人の警官が配置される(ABOUT 3,000 law enforcers will be deployed to secure 200 delegates to the Association of Southeast Asian Nations (Asean) meetings in Bohol .)。

第25回Asean政府間人権委員会がパングラオ島において26日日曜27日月曜に、Asean政府間人権委員会人権宣言円卓会議が28日火曜に、第2回Asean政府間人権委員会とEUの人権政策対話が29日水曜30日木曜開催される(The 25th Meeting of Asean Intergovernmental Commission on Human Rights (AICHR) will be held on November 26ー27 while the Roundtable Discussion on AICHR Human Rights Declaration will be in Panglao on November 28.This will be followed by the 2nd AICHR-EU Policy Dialogue on Human Rights on November 29ー30 also in Panglao.)。

(注)パングラオ島~ボホール州南西部でボホール島とは橋で結ばれている。会議開催は パングラオ島のヘナン(Hennan)。

3000人の警官は、ボホール州の警官隊、セントラル・ビサヤ治安維持大隊、東ネグロス州警察本部の警官隊、セブ市とマンダウエ市の特別機動隊、その他で構成される(The police officers are comprised of units from Bohol, the Regional Public Safety Battalion (RPSB) and the Negros Oriental Police Provincial Office as well as SWAT teams from Cebu City and Mandaue City among others.)。

(11月17日)

18.脅威が残存していれば戒厳令延長があり得る~国軍報道
(Martial law stays in Mindanao; extension eyed if threats remain, says military spokesman)

昨日17日金曜国軍の報道官は、マラウィ市は解放されたものの国内のテロ・グループの長引く脅威によりミンダナオ地方の戒厳令は継続している、と語った(DESPITE the liberation of Marawi City, Mindanao will remain under martial law due to a lingering threat from terror groups in the country, a military spokesman said on Friday.)

大統領府の記者会見でパデリャ准将報道官は、好戦的なローカル・テロリストのネットワークが残っており、もし年末までに掃討できなければミンダナオ地方の戒厳令延長の理由になる可能性がある、と述べた(In a press conference in Malacañang, Brig. Gen. Restituto Padilla Jr. said there was still a network of local terrorists who remained to be combative, a ground for possible extension of martial law in Mindanao, if not addressed by yearend.)。

しかし報道官は、国軍はイスラム戦士のテロ攻撃を未然に防ぐ最大限の努力をすることを約束する、ともしている(But Padilla assured the public that the government forces were exhausting all efforts to foil any potential terror attacks by Islamist fighters.)。

”我々は戒厳令の撤廃に向けて努力している。年末が戒厳令の期限だから年末までに全てを正常化したい。しかし、それはとにかく、ローカル・テロリストのネットワークが残っており、その掃討が我々の課題なのだ”、とパデリャは記者に言った(“We’re working towards that (lifting of martial law in Mindanao). We’re hoping to be able to address and normalize everything by the end of the year because that was the deadline given to us. But be that as it may, the network of the local terrorist groups still continue and this is the subject of our efforts,” Padilla told reporters.)。

”もし11月と12月で残存するテロ・グループを掃討できたら戒厳令の撤廃を正当化できるだろう。もし出来なかったら、残っている脅威に対処するため戒厳令の延長を要請せざるを得ないことになる”、と彼は付け加えた(“So if we are able to address that by the remaining days of November as well as the whole month of December, we will report that to you and give justification for the lifting of martial law. If not, we will have to request the extension to be able to address the remaining threats in the area,” he added.)。

戒厳令はマラウィ市で戦闘が発生した5月23日に宣言された。1987年憲法では戒厳令は60日以内とされているが、ドゥテルテ大統領の要請により議会は12月31日までの延長を認めた(Martial law was declared in Mindanao on May 23, when fighting in Marawi broke out. Under the 1987 Constitution, the declaration was limited to 60 days. But on the request of President Rodrigo Duterte, Congress extended it until December 31.)。

テロリストのリーダーのイスニロン・ハピロンとオマール・マウテが殺害された翌日、大統領はマラウィ市がテロリストの脅威から解放され、政府は市の復興に焦点を当てることができるようになった、と宣言した(A day after the death of the terrorists’ leaders Isnilon Hapilon and Omar Maute, Duterte declared that Marawi has been liberated from the influence of terrorists, allowing the government to shift its focus to rehabilitating the city.)。

治安維持軍が無法者のリーダーを除去したのだから戒厳令を撤去せよ、と大統領に要求するグループがあった(Some sectors have asked Duterte to lift martial law now that security forces have eliminated the leaders of the bandits.)。

しかし、国軍は、バシランやスールーのような一部ミンダナオ地方のテロリストのネットワークを挫くため戒厳令がまだ必要である、と主張した(But the military said martial law was still needed to curb terrorist networks in other parts of Mindanao like Basilan and Sulu.)。

(注)バシラン州~ミンダナオ島の南西部,サンボアンガ半島の先端沖にあるバシラン島と周辺の小島がバシラン州を構成する。

(注)スールー州~ミンダナオ島と北ボルネオとの間に散在する958の島からなるスールー諸島にある3州の1つ。なお、スールー諸島は行政的には、タウィタウィ州、スールー州、バシラン州の3州に分かれている。

(11月18日)

19.2人の女がセブ市刑務所へ隠して麻薬を持ち込もうとして逮捕される
(2 women arrested for trying to sneak contraband into Cebu City Jail)

昨日18日土曜2人の女がセブ市刑務所へこっそり禁制品を持ち込もうとして刑務官に逮捕された(Two women were arrested by jail officers on Saturday for allegedly trying to sneak in contraband at the Cebu City Jail.)。

午前9時半エストルヒオ(20歳)は、覚せい剤の入った密封されたビニール袋2つをヴァギナに隠した上に、7枚の乾燥タバコの葉、使い捨てライター、携帯電話を隠し持っていたとして逮捕された(At around 9:30 a.m., Marlyn Estorgio, 20, was caught hiding in her vagina two heat-sealed transparent plastic sachets containing shabu, seven dried tobacco leaves, a disposable lighter, and a cellular phone.)。

30分後バコス(43歳)は、覚醒剤の入った大きなビニール袋1つをヴァギナに隠していて逮捕された、と警察担当の副市長のトモラック市会議員が語った(After 30 minutes, Violeta Bacus, 43, was also arrested for hiding a big plastic pack of shabu in her vagina, according to Cebu City Councilor Dave Tumulak, deputy mayor on police matters.)。

2人の女は市刑務所で服役している同棲相手を訪問し、検査室で女性刑務官によって検査された(The two women, who were supposed to visit their live-in partners at the city jail, were inspected by female jail guards at the facility’s searching room.)。

彼女等は違法薬物を所持していたとして包括的危険薬物法違反で起訴される(Complaints for violating the Comprehensive Dangerous Drugs Act of 2002 (Republic Act 9165), particularly for possession of illegal drugs, will be filed against them.)。

(11月19日)

20.戒厳令延長には国会の承認が必要
(‘Congress must approve martial law extension’)

ミンダナオ地方の戒厳令は12月31日までの期限であるが、大統領がこれを延長したいのなら再度国会の承認を求める必要がある、と昨日19日日曜少数派のリーダーのドリロン上院議員が語った(PRESIDENT Rodrigo Duterte needs to seek once again the approval of Congress if he wants to extend martial law in Mindanao, which will end on December 31, Senate Minority Leader Franklin Drilon said Sunday.)。

”提示される証拠に基づき(戒厳令延長の賛否を)判断しよう”、とドリロンはインタビューで述べた(“Let us decide on the basis of the evidence presented,” Drilon said in an interview aired over dzBB.)。

18日土曜大統領は仮に国軍からの戒厳令延長の推薦があればこれを受け入れると発言したが、まだ最終判断は下されていない(Malacañang said on Saturday it accepted the recommendation of the military on the possible extension of martial law in Mindanao, but President Rodrigo Duterte would still have the final say.)。

国軍はマラウィ市の危機の終結宣言をしたのであるから、国会は戒厳令延長の根拠を聞く必要がある、とドリロンは言った(Drilon said Congress would need to hear a justification for the extension, since the military had declared the crisis in Marawi over.)。

18日土曜国軍は、戒厳令の延長は国防会議と治安維持部隊の評価による、と述べた(On Sunday, the Armed Forces of the Philippines (AFP) said the extension of martial law in Mindanao would depend on the assessment of the National Security Council and the government security cluster.)。

パデリャ准将報道官は、大統領に提出される推薦書は治安維持部隊の徹底した評価の結果に基づくものになる、と語った(Maj. Gen. Restituto Padilla Jr., the AFP spokesman, said recommendations to be submitted to President Duterte would be the result of a “thorough assessment” by the security cluster.)。

17日金曜パデリャ報道官は、ミンダナオ地方のテロリスト・グループや無法者分子の存在を理由に国軍は戒厳令の延長を検討している、と述べている(On Friday, Padilla said the military was considering extending martial law, citing the presence of terrorist groups and lawless elements in Mindanao.)。

テロリスト・グループの殲滅は新任のゲレロ国軍参謀総長の最優先課題の一つである、とパデリャ報道官は語った(Eliminating terrorist groups is among the “top priorities” of the new AFP chief, Gen. Rey Leonardo Guerrero, Padilla said.)。

先月就任したゲレロ国軍参謀総長は、アブサヤフ・グループ、バンサモロ自由戦士、共産党とつながりのある新人民軍などミンダナオ地方のテロリスト・グループを根絶すると約束した(Upon assuming his post last month, Guerrero committed to eradicate terrorist groups in Mindanao including the Abu Sayyaf Group, the Bangsamoro Islamic Freedom Fighters (BIFF) and even the communist-linked New People’s Army.)。

先週国軍の第6歩兵師団は、住民からの情報に基づきマギンダナオ州のシャリフ・アグアク町のバンサモロ自由戦士の駐留地を空襲及び陸上砲弾攻撃を実施した(Last week, the Philippine Army’s 6th Infantry Division launched aerial and artillery attacks on a BIFF camp based in Shariff Aguak, Maguindanao, based on a tip from residents.)。

第6歩兵師団は、バンサモロ自由戦士と一緒に外国人らしい戦士がいるのを否定し難いとしている(The 6th Infantry Division was “positive” there were foreign-looking fighters alongside the BIFF, he said.)。

第6歩兵師団のエンシーナス大尉報道官は、マギンダナオ州と北コタバト州地区において今のところ交戦はない、ただ空襲及び陸上砲弾攻撃のみである、と語った(Capt. Arvin Encinas, spokesman of the 6th Infantry Division, said there were no engagements so far and only air and artillery fire missions were ongoing in the areas of Maguindanao and North Cotabato.)。

17日金曜北コタバト州においてアブトリアペを狙った空襲が行われた(He said aerial operations in North Cotabato were launched last Friday, targeting the group of Abu Turiape.)。

ミンダナオの2州において掃討作戦が行われているが、地上における国軍とバンサモロ自由戦士との間の実際の交戦は無いという(Encinas said clearing operations were ongoing in the two provinces of Mindanao, reiterating that there were no actual firefights on the ground between military forces and the BIFF.)。

マギンダナオ州では住民からの情報により15日水曜より国軍の攻撃が開始された(Last Wednesday, the military initiated attacks following reports from residents in Maguindanao.)。

(11月20日)

21.セブ本拠の急進左派系戦士はドゥテルテの脅しに動じない
(Cebu-based militants unfazed on Duterte threat)

共産主義反逆者を支持するグループは厳重に取り締まるとのドゥテルテ大統領の脅しを恐れない、とセブに本拠を置く急進左派系戦士のグループは、語った(MILITANT leftist groups based in Cebu said “they were unafraid” of President Rodrigo Duterte’s threat to crack down on groups suspected of supporting the communist rebels.)。

”前の政権も同じことを言っていた。だから我々にとって新しいことではない”、とバヤン・セントラル・ビサヤ(新愛国者同盟セントラル・ビサヤ)のパグリナワン議長は述べた(“In previous administrations, they said the same thing. So that is not new to us,” said Jaime Paglinawan, Bayan Central Visayas chairman.)。

(注)バヤン( Bayan)~急進左派系団体である Bagong Alyansang Makabayan( New Patriotic Alliance、新愛国者同盟)。Bagong~new。Alyansang~ alliance。Makabayan~ patriotic。

18日土曜ドゥテルテ大統領は、警察官達を襲撃して赤ちゃんまで殺すという事件を起こした共産主義者の新人民軍の暴力には愛想をつかしている、と語った(President Duterte said last Saturday that he was fed up with the violence wrought by the communist New People’s Army (NPA) which included the death of an infant in a recent encounter with troops.)

(注)赤ちゃんまで殺すという事件~ 9日木曜 ブキドノン州タラカグ町(ミンダナオ島中部、北ミンダナオ地方)において新人民軍が警官が乗っている走行中の車両を銃撃、警官1人が死亡、数人の警官が負傷した。警官の後ろを走行していた車両に乗っていた4ヶ月の赤ちゃんも銃撃され死亡し、2人が負傷した(A police officer and a four-month-old baby died in an ambush staged by suspected New People’s Army (NPA) rebels in Talakag, Bukidnon on Thursday.)。

大統領は、共産主義反逆者と共謀している急進左派系団体バヤンなどを厳重に取り締まる可能性があると警告を発した(He warned of a possible crackdown on left-wing groups such as Bayan that he said were conspiring with the communist rebels.)。

パグリナワン議長は、大統領の声明はバヤンと民衆の士気をくじこうといとしたものだ、と語った(But Paglinawan said the president’s pronouncement is intended to demoralize their group and the public.)。

パグリナワン議長は、大統領が独裁者の地位を求め、彼の革命政府計画を民衆が受け入れるよう政権が世論を操作しているのは明らかだ、と述べた(Paglinawan said it is clear that the president wants a “dictatorship” and his administration is conditioning the public to accept his plan for a “revolutionary government.”)。

彼のグループは、大統領の声明を非難して30日に集会を開くという(He said their group will hold a rally on November 30 to denounce the president’s statements.)。

国軍の中央方面軍(セブ市)はキャンプ・アギナルド(国軍本部、ケソン市)から新人民軍の支持者達を厳重に取り締まれとの指示をまだ受けていないとのこと(The military’s Central Command told reporters that they have yet to receive a directive from Camp Aguinaldo to crack down on suspected supporters of the NPA.)。

(11月21日)

22.アキノ政権の9閣僚MRT3のメンテ契約に関し 略奪の疑いで告訴される
(DOTr files plunder raps vs. 9 Aquino Cabinet members over MRT3 maintenance deal)

昨日21日火曜運輸通信省は前アキノ政権時代の9閣僚を首都圏鉄道3号線(MRT3)の変則的なメンテナンス契約に関連してオンブズマン(行政監察官)に略奪の疑いで告訴した(The Department of Transportation (DOTr) on Tuesday filed plunder complaints against nine top members of former President Benigno Aquino III' Cabinet over the alleged anomalous contract for the maintenance of the Metro Rail Transit Line 3 (MRT3).)。

(注)このメンテナンス契約は、2015年12月に 韓国の5社が設立した合弁会社の釜山ユニバーサル・レール((Busan Universal Rail Inc.)との38億1千万ペソの契約(the P3.81-billion maintenance contract awarded to Busan Joint Venture in December 2015)。

訴えられた閣僚は、アバヤ前運輸通信大臣、ロハス前内務自治大臣(アバヤの前任運輸通信大臣)の他、前予算管理大臣、前財務大臣、前エネルギー大臣、前科学技術大臣、前国防大臣、前公共事業道路大臣、前国家経済開発長官(Among the respondents are former Department of Transportation and Communications Secretary Joseph Emilio Abaya and former Interior and Local Government Secretary Mar Roxas, who served as DOTC chief before Abaya.Former Budget and Management secretary Florencio Abad, former Finance secretary Cesar Purisima, former Energy secretary Jericho Petilla, former Science and Technology chief Mario Montejo, former Defense secretary Voltaire Gazmin, former Public Works and Highways secretary Rogelio Singson, and former National Development and Economic Administration secretary Arsenio Balicasan were also charged.)。

(注)ロハス前内務自治大臣~父親が上院議員、祖父が第5代大統領で財閥の御曹司でもある。2016年の大統領選に立候補したが落選。

当時の運輸通信省の3人の次官も告訴された(The DOTr also named former DOTC undersecretaries Edwin Lopez, Rene Limcaoco, and Catherine Gonzales as among the respondents.)。

またデラ・クルツという人物、入札委員会のメンバー、MRT3メンテナンス契約責任者、釜山ユニバーサル・レールも告訴対象になっている(A certain Marlo dela Cruz, bids and awards committee members, and officials from former MRT3 maintenance contractor, Busan Universal Rail Inc. (BURI) were also included in the charge sheet.)。

運輸通信省のエブラ次官は、アキノ前大統領は政府調達政策委員会のメンバーではなかったので告訴対象になっていない、と説明している(DOTr Undersecretary Reinier Yebra said they did not included Aquino as respondent because he was not a member of the Government Procurement and Policy Board.)。

エブラ次官は、この告訴に政治的意図はないとしている(He denied that the charges were politically motivated.)。

エブラ次官は、ロハス前内務自治大臣とアバヤ前運輸通信大臣が略奪の首謀者と考えていると語った(Yebra said they are considering Roxas and Abaya as the "main plunderers" in the case.)。

略奪防止法は、公務員が総計で5 千万ペソ以上の不正な利益を得た場合に略奪罪が適用されるとしている(The Anti-Plunder Act states that any public officer and his co-accused who have amassed, accumulated or acquired ill-gotten wealth amounting to at least P50 million is guilty of the crime of plunder.)。

運輸通信省の告訴状は、ロハスとアバヤは首都圏鉄道3号線(MRT3)を際限のない金のなる木と見なし不正な富を蓄積したとしている(The DOTr complaint said Roxas and Abaya used the MRT3 as a "bottomless cash cow" to amass ill-gotten wealth.)。

ロペス次官補代行は、釜山ユニバーサル・レールによる首都圏鉄道3号線の不良メンテナンスにも拘らず政府は毎月5千4百万ペソを支払っていた、と説明している(Acting Assistant Secretary Giovanni Lopez said the government paid BURI a monthly fee of P54 million despite its poor performance in handling the MRT3.)。

(参考)首都圏鉄道3号線の不良メンテナンスによる故障多発

韓国にメンテナンスを委託したことが、最大のミス「マニラMRT-3」毎日故障
Global News Asia / 2017年4月26日 14時16分

MRT-3の故障について伝えるフィリピンのテレビ(YouTubeから)

 2017年4月19日、現地メディアによると、マニラのケソンシティとパサイシティを結ぶ鉄道、MRT-3の故障が多く、乗客を降ろす重大な故障が今年も既に116回発生している。

 この路線は、三菱重工や住友商事が建設に携わり、2012年10月までは、三菱重工交通機器エンジニアリングのフィリピン法人がメンテナンスを行っており、正常に運行されていた。

 現在は、韓国の企業連合がメンテナンスを行っており、電車の運行に大きな支障が出ている。昨年は586回重大な故障がおきており、価格の安さで韓国の企業連合を選択したことのミスが指摘され、契約の見直しを検討している。

 韓国の鉄道事情に詳しい専門家は「韓国の鉄道技術は、世界的に評価が低く、信頼性が低いです。韓国国内でも空港とソウルを結ぶ新線で、故障が相次ぎました。韓国系企業に入札を許可すること自体が、間違いです」と話す。

 韓国の釜山交通公社など5社の企業連合が、2016年1月8日から、メンテナンスを行っている。

(11月22日)

23.共産勢力との和平交渉中止を国軍が支持する声明
(Defense backs cancellation of talks with communists)

ドゥテルテ大統領は共産勢力の二枚舌や武装組織である新人民軍による市民に対する犯罪行為に飽き飽きしている、と昨日22日水曜国防省報道官は語った(PRESIDENT Rodrigo Duterte has had enough of the communists’ “double-talk” and the criminal acts being perpetrated by its armed wing, the New People’s Army, against civilians, the Department of National Defense (DND) said on Wednesday.)。

22日水曜閣僚メンバーのヘスス・ドゥレーザ和平プロセス担当大統領顧問が、政府は共産党や新人民軍を統率する民族民主戦線との和平交渉を中止すると発表した後、国防省のアンドロン報道官は次のように語った。”大統領は共産勢力の二枚舌や人民に対する残虐行為といった露悪趣味に飽き飽きしている”(“The President has had enough of the communist movement’s penchant for double-talk and continued acts of atrocities against the Filipino people,” DND Spokesman Arsenio Andolong said in a statement, after Secretary Jesus Dureza, presidential adviser on the peace process, announced that the government was canceling talks with the National Democratic Front, the umbrella organization of the Communist Party of the Philippines and the NPA.)。

(注) 2016年8月26日、政府は武装組織・新人民軍(NPA)などで構成する民族民主戦線(NDF)との間で、無期限停戦に合意するとともに、和平協議を9カ月から1年以内に完結させることでも合意したとの声明を発表していた。

地方における武装反乱勢力による襲撃事件を受け大統領が新人民軍をテロリスト・グループに認定する宣言を出すと述べた(18日土曜)数日後にアンドロン報道官のこの声明は出された(Andolong’s statement also came days after Duterte announced that he would proclaim the NPA as a “terrorist” group, citing attacks made by armed rebels in the countryside.)。

”大統領の方針を踏まえ国防省と国軍は精力的に武装反乱勢力追跡作戦を続行する”、とアンドロン報道官は述べた(“In keeping with the President’s guidance, the DND and AFP (Armed Forces of the Philippines) will continue to vigorously pursue operations against their armed components,” Andolong said.)。

国防省は和平交渉中止に対する支持を表明する一方、新人民軍に武器を捨て法の支配の下に戻れと改めて促した(Despite the department’s support for the cancellation of peace talks, the DND also urged NPA members anew to lay down arms and return to the fold of the law.)。

(11月23日)

24.ラプラプ市の爆竹作業場爆発6人負傷~全花火工場の抜き打ち検査
(6 injured in Lapu-Lapu firecracker explosion )

昨日23日木曜午後ラプラプ市バランガイ・ババッグで爆竹製造作業場で爆発が起こり、未成年者3人を含む6人が火傷を負った(SIX persons, including three minors, suffered burns after a firecracker manufacturing area exploded in Barangay Babag, Lapu-Lapu City, on Wednesday afternoon, November 23.)。

(注)バランガイ・ババッグ~マクタン島西部。コルドバ町の北。オールド・ブリッジを渡り、直ぐ右折し真っすぐ進むとコルドバ町へ渡る橋に出るが、その橋の手前の地域。

午後3時30分ラプラプ市第3警察署は、爆竹製造の分作業場で爆発が発生し数人が負傷したとの通報を受けた(The Lapu-Lapu Police Station (LSP) 3 got a report that firecrackers exploded in a satellite firecracker factory in Sitio Lawis, Purok Judas Belt injuring several persons at 3:30 p.m. )。

(注)爆竹製造の分作業場~写真で見ると、細い木材の柱とブリキの屋根のバラックでごく小さな作業場である。

作業者ラトレ(36歳)は次のように言っている。自宅から2~3メートル離れた爆竹製造の分作業場で爆竹用の黒色の火薬を圧縮していたら突然火花が出て火花が他の爆竹に移っていった。やがて製造済みの爆竹が爆発し、火災が発生し、分作業場が燃えた(In a report from the LPS 3, Jonathan Latorre, 36, said that he was compressing the black powder as reagent of “bawang” firecrackers in his satellite firecracker factory, which is located a few meters away from his house, when it accidentally sparked and spread to the other firecrackers.The finished firecrackers eventually exploded which caused fire and destroyed the satellite factory. )。

33歳の彼の妻と8歳の子供が重度の火傷を負った(Latorre’s 33-year-old wife, Argentina, and his 8-year-old daughter, Marcia, suffered severe burns.)。

近くに居た14歳、14歳、18歳も火傷を負った(Andrew Laurel, 14; Isa Jane Andal, 14; and Angelou Casul, 18, who were near the area at that time were also injured.)。

負傷者達はラプラプ市地域病院へ運ばれたが、その後セブ市のヴィセント・ソット・メモリアル・メデイカル・センターへ移された(PO2 Raul Ruiz Jr., investigator of LPS 3, said the victims were brought to Lapu-Lapu City District Hospital, but was eventually transferred to Vicente Sotto Memorial Medical Center in Cebu City. )。

爆竹製造の分作業場には、必要書類も禁煙の表示も消化用バケツの水も無かった(Senior Supt. Rommel Cabagnot, director of Lapu-Lapu City Police Office, said the firecracker factory did not have documents, had no “no smoking” signs and had no pail of water that could have been used to put out the fire. )。

この事故を受け、セントラル・ビサヤの全消防署は全花火製造場の抜き打ち検査をするよう指示を受けた(Following the incident, all fire stations in cities, provinces and municipalities in Central Visayas were ordered to conduct surprise inspections in firework factories in their areas and to coordinate with the local government units.)。

(11月24日)

25.コタバト市が第2のマラウィ市になりうる
(Lieutenant General warned Cotabato City could be the next Marawi)

新たなイスラム国の戦闘最前線。IS系のバンサモロ・イスラム自由戦士はマラウィ市襲撃のような都市襲撃をしようとしている(Islamic State’s new frontline in the Philippines。Bangsamoro Islamic Freedom Fighters, an IS-allied militant group, threatens to launch an urban warfare assault similar to the siege of Marawi City。Asia Times(香港拠点の日刊オンライン新聞)、NOVEMBER 22, 2017 2:02 PM)

反乱勢力の戦士がマラウィ市襲撃のような都市襲撃を狙っているという懸念があり、フィリピン国軍はIS系のバンサモロ・イスラム自由戦士を緊急追跡している(The Philippine military is in hot pursuit of the Islamic State (IS)-aligned Bangsamoro Islamic Freedom Fighters (BIFF) amid concerns the militant group aims to launch an urban siege akin to the recent devastating assault on the city of Marawi.)

(注)バンサモロ・イスラム自由戦士(BIFF)~モロ・イスラム解放戦線(MILF)から2010年12月に脱退し設立した武装組織。

先週(12日の週)国軍は、バンサモロ・イスラム自由戦士(BIFF)の3派閥の内2派閥のマギンダナオ州と北コタバト州の居留地を空と陸から砲撃した。この砲撃の前に住民5千人が避難している(Last week, Philippine armed forces intensified air and ground assaults against two of BIFF’s known three factions operating in Maguindanao and North Cotabato provinces on the southern island of Mindanao. The armed exchanges have forced some 5,000 civilians to flee the escalating crossfire.)。

(注) 1983年12月、北コタバト州はコタバト州に改名しているが、南コタバト州と区別するため北コタバト州としていると思われる。

(東南アジアのISの首長であったがマラウィ市の戦闘で殺害された)ハピロンは、ISへの忠誠を誓う異種のローカル武装グループの連合を成立させるのに尽力したとされており、彼の後継者は誰かまだ明らかになっていないが、バンサモロ・イスラム自由戦士の過激な派閥のエスマイル・マブダルマリクが有力でないかと分析しているアナリストがいる(Hapilon was known to have been instrumental in building a coalition of disparate local militant groups that have declared varying degrees of loyalty to IS. It’s not clear yet who IS will hand the regional emir mantle to next, though some analysts are looking towards the BIFF’s radical wing’s leader, Esmael Abdulmalik, as a potential candidate.)

バンサモロ・イスラム自由戦士は、マラウィ市でマウテ・グループ、アブサヤフ、外国人戦士と一緒に戦い、彼等への兵站も受け持っていたが、マラウィ市の戦闘地域からどれくらいの戦士が避難民に紛れ込んで逃亡したかは不明である(BIFF reportedly fought alongside and provided logistical support to Maute Group, Abu Sayyaf and foreign militants during the Marawi siege. It’s still unclear how many of the fighters who eventually fled that battle have since taken refuge with the BIFF.)。

バンサモロ・イスラム自由戦士が活動を続けている2州(マギンダナオ州とコタバト州)が管轄の第6歩兵師団のエンシナス大尉報道官は、バンサモロ・イスラム自由戦士が完全に無力化するまで追跡を続けるとしている(Army Captain Arvin Encinas, spokesperson of the 6th Infantry Division which has jurisdiction over the two provinces where BIFF is active, told Asia Times military operations against the militant group would continue until it is completely neutralized.)。

西ミンダナオ方面軍のガルベス中将司令官が、マギンダナオ州の人口30万の海岸のコタバト市が第2のマラウィ市になりうる、と警告してから国軍の攻勢が始まっている(The military offensive comes after Lieutenant General Carlito Galvez Jr, commander of the Western Mindanao Command, recently warned that Maguindano’s Cotabato City, a coastal settlement of about 300,000 people, “could be the next Marawi.”)。

コタバト市は、イスラム教徒ミンダナオ自治地域で約80%がイスラム教徒で地域の政治経済の中心である。マラウィ市から車で約4時間のコタバト市は、IS系の襲撃に備えて厳重警戒態勢下にあると言われている(Cotabato City, the seat of the Autonomous Region in Muslim Mindanao, is around 80% Muslim and a major regional economic and political center. Located about four hours by car from Marawi, Cotabato City is now said to be on full alert for a possible IS-inspired attack.)。

ミンダナオ地方に年末まで戒厳令を敷いたドゥテルテ大統領は、コタバト市がIS系戦士の次の発火点になりうると9月に発言している(Philippine President Rodrigo Duterte, who placed the entire island of Mindanao under martial law effective until the end of the year in response to the siege, said in September that Cotabato City could be a next flashpoint for IS-allied local militants.)。

コタバト市は、マギンダナオ州や北コタバト州の他の地域と同じく、自立と民族承認を求めるモロ・イスラム解放戦線と政府軍との戦闘の恐怖に何十年も悩ませられてきた(Cotabato City, like other areas in Maguindanao and North Cotabato provinces, has already suffered from the horrors of war waged for decades by the MILF against government forces in a debilitating fight for autonomy and ethnic recognition.)。

バンサモロ・イスラム自由戦士の他、IS系のアブ・サヤフやアンサル・カリファ・フィリピンがグループ再編成をしており、マラウイ襲撃という世界的な大事件を推進力、テコとして新たな襲撃を計画している、と治安関係者は警告している(Security experts have warned that apart from the BIFF, other IS-aligned groups such as the Abu Sayyaf Group and the Ansar Khalifa Philippines are also likely regrouping and planning new attacks to leverage into and sustain the momentum of the world headline-grabbing Marawi assault.)。

(注)アンサル・カリファ・フィリピン~アブ・サヤフやモロ・イスラム解放戦線の元構成員らによって作られた過激派組織とされている。2016年11月28日マニラのアメリカ大使館近くのゴミ箱に爆弾が設置されているのが発見された事件で、アンサル・カリファ・フィリピンのメンバーが逮捕されている。同組織はイスラム過激派マウテ・グループと関係があり、ISを支持していると言われている。

(11月25日)

26.ラニーニャ現象が発生する可能性あり~雨が多い、台風にも注意
(PAGASA warns La Niña may begin in December)

弱いラニーニャ現象ではあるが呑気にしていてはいけない、とフィリピン気象庁は言う(Though this would be a 'weak' La Niña, state weather bureau PAGASA says there is no room for complacency)。

ラニーニャ現象発生に備えよ、と気象庁は警告している(State weather bureau PAGASA warned Filipinos to prepare as La Niña is developing in the country.)。

ラニーニャ現象が12月に発生する可能性は70%とのこと(In a news briefing on Wednesday, November 22, PAGASA Deputy Administrator for Research and Development Flaviana Hilario said there is a 70% chance that La Niña would begin in December.)。

ラニーニャ現象が発生すると雨が多く、気温が低く、北東の季節風が強くなるのが特徴である(La Niña is a weather phenomenon characterized by more rain, colder temperatures, and stronger winds from the east.)。

例年より涼しい天候は既に9月より始まっている。仮にラニーニャ現象が発生しても来年3月までには終息するだろうとのこと(Hilario noted that cooler than expected weather already began last September.If La Niña does fully develop, PAGASA Climate Information Monitoring and Prediction Section officer-in-charge Ana Solis said it is not expected to last beyond March 2018.)。

短期間の弱いラニーニャ現象ではあるが、過去に弱いラニーニャ現象によって甚大な被害がもたらされたことがある、と気象庁は警告している(Solis, however, gave the following warning.Although it may be a short-lived and weak La Niña, we've seen instances where although we were experiencing a weak La Niña, there was significant impact.)

12月から来年3月にかけてビサヤ地方及びミンダナオ地方では、平年並みか平年以上の雨量が予想されるとのこと(PAGASA's forecast shows normal to above normal rainfall from December 2017 to March 2018, mostly in the Visayas or Mindanao.)。

Below is the summary of projected rainfall:

December 2017
near to above normal rainfall conditions will be likely in the country

January 2018
below normal rainfall over Western Luzon
near to above normal rainfall in Eastern Luzon and most parts of the Visayas and Mindanao

February 2018
near to above normal rainfall in Luzon with some patches of below normal rainfall in the Ilocos area
above normal rainfall in the Visayas and Mindanao

March 2018
below normal rainfall in most parts of Luzon, except Aurora, Isabela, and Bicol with near normal rainfall
near to above normal rainfall in the Visayas and Mindanao

Tropical cyclones may also form in or enter the Philippine Area of Responsibility (PAR) during the period of La Niña, and even during summer:

December 2017 ー 1 or 2
January 2018 ー 0 or 1
February 2018 ー 0 or 1
March 2018 ー 0 or 1
April 2018 ー 0 or 1
May 2018 ー 1 or 2

通常10月から12月まで強い台風が来るが、今年の12月も強い台風が襲う可能性がある。スーパー台風ヨランダほど強くはないだろうが、最悪の事態に対する備えはしておくべきだ。12月はお祭りムードになるが、呑気にしていてはいけない。2013年11月のヨランダ来襲の時は東ビサヤ中心に6300人が死亡している("If you recall, we usually experience strong typhoons in the last quarter ? October to December. It's possible we could have a strong typhoon in December but we're not necessarily saying it will be as strong as Super Typhoon Yolanda. But for precautionary measures, we should be prepared for the worst." said PAGASA Weather Division chief Esperanza Cayanan."We shouldn't be complacent, especially since we'll be in a festive mood this December.Yolanda devastated Eastern Visayas in November 2013, leaving 6,300 people dead." she added.)。

(11月26日)

27.ドゥテルテは国軍と新人民軍のもっと激しい衝突を予測
(Duterte sees more ‘virulent’ AFP-NPA clashes)

もっと血を見る。血なまぐさい麻薬撲滅戦争を既に批判されているドゥテルテ大統領は、共産反乱勢力との和平交渉中止を受け暴力行為がもっと激しくなるので準備をするように、と兵士に語った(There will be more blood. President Rodrigo Duterte, already being criticized for the bloodshed that marred his war on drugs, told soldiers to prepare for heightened violence following his decision to scuttle peace talks with communist rebels.)。

”反乱軍は再び攻撃してくる、もっと激しい衝突になる”、と共産勢力との和平交渉中止の360号布告に署名した翌日の23日木曜大統領は特殊部隊である第1スカウト・レンジャー連隊に向かって述べた(The rebels, Mr. Duterte told members of the First Scout Ranger Regiment, “will strike again.”“There will be virulent confrontations,” he said a day after signing Proclamation No. 360 terminating peace talks with communist rebels.)。

フィリピン共産党創始者の亡命中のシソンが、和平交渉中止のドゥテルテの決断を受け反乱軍の攻撃がもっと激しくなる、と宣言した直後にドゥテルテ大統領は警告を発した(The President issued the warning shortly after Jose Maria Sison, founder of the Communist Party of the Philippines (CPP), declared there would be more rebel attacks as a result of Mr. Duterte’s decision to end the talks.)。

大統領は、新人民軍との戦いで国軍が劣勢になることは許さない、とレンジャーに語った。共産党の武力組織である新人民軍は50年近くも毛沢東主義による革命を遂行しようとしている(Mr. Duterte told Rangers he would not allow the Armed Forces to be at a disadvantage in the war on the New People’s Army (NPA), the armed wing of CPP which has been waging a Maoist revolution for nearly 50 years.)。

”弱い国軍や警察は許さない”、とブラカン州のサンミゲル町のレンジャー連隊における演説で大統領は言った(“I will not allow a weak military or police,” he said at his speech at the Ranger camp in San Miguel, Bulacan.)。

(注)ブラカン州~マニラ首都圏の北隣り。マニラ湾に面する。

国軍のためにもっと武器、兵器を調達する、新品だ、お下がりではない、と大統領は述べている(He said he was willing to spend more on weapons and war materiel for the military but that these should be brand new. “No more hand-me-downs,” the President said.)。

マニラ市内の出身校であるサンベダ大学における演説のテーマも反乱軍との戦いであった(War with the rebels was also the theme of Mr. Duterte’s speech to alumni of his alma mater, San Beda College.)。

(注)出身校~ドゥテルテは1972年サンベダ大学で法学部の学位を取得している(Duterte obtained a law degree from San Beda College of Law in 1972)。

”さらに多くのあらゆる種類の暴力事件が想定される、と彼は言っている(“You can somewhat expect a more violent activity of all sorts,” he said.)。

しかし、ドゥテルテの大事な盟友は、和平への全ての扉を閉じるべきではない、と言っている(A key ally of Mr. Duterte, however, said the government should not close all the doors to peace.)。

与党PDP?Labanのリーダーであり上院議長であるアキリノ・ピメンテルは、公式の交渉窓口は閉じても非公式協議開始の模索はするべきだ、としている(Senate President Aquilino Pimentel III, a top official of Partido Demokratiko Pilipino-Lakas ng Bayaban party which carried Mr. Duterte in the 2016 presidential election, said if official channels for talks with rebels had been closed there should be an effort to open unofficial ones.)。

”公式の和平協議が閉じても、非公式協議のドアは開けておかなければならない”、と24日ピメンテルは述べた(“If the official door to peace talks is closed, we have to open unofficial doors,” said Pimentel in a radio interview on Friday.)。

兵士や警官が戦闘地域以外で殺害されたことに対するドゥテルテの怒りは理解できる、とピメンテルは語っている(He said he understood Mr. Duterte’s anger over soldiers and policemen getting killed outside of combat.)。

大統領は、反乱軍が政府に対する襲撃を続け、革命税を徴収し、金を払わない企業を襲撃するので和平交渉を打ち切る選択肢しか残されていなかった、と語っている(The President said he was left with “no choice” but end the talks when rebels persisted in attacking government targets, collecting revolutionary taxes and attacking companies that refused to come across.)。

(11月27日)

28.マラウィの爆弾除去来年4月まで
(Marawi bomb-clearing ‘done’ by April 2018)

一昨日26日日曜国軍は、マラウィ市の主要戦闘地域における治安維持軍による爆弾除去作業は来年4月までかかりそうである、と述べた。現在2ブロックの爆弾除去が終わっただけという(Bomb-clearing operations by government security forces in the main battle area of Marawi City might last until April 2018 since only two blocks have been cleared so far, the Armed Forces of the Philippines (AFP) said on Sunday.)。

ラナオ地方作業隊副司令官のブラウナー大佐は、5月23日以来154日に渡って占拠を続けたIS系マウテが残した広域に渡る爆弾や不発の砲弾の処理が必要、としている(Col. Romeo Brawner Jr., deputy commander of Task Group Ranao, noted that a large area still has to be cleared of bombs and unexploded ordnances left by the Islamic State-linked Maute group that laid siege to the Lanao del Sur capital for 154 days from May 23.)。

ブラウナー大佐は、もう主要戦闘地域にマウテの戦士は残っていない、と語った(Brawner said no Maute stragglers remain inside the main battle area.)。

国軍がマラウィ市の戦闘終結を宣言して以来、国軍は主要戦闘地域で77個の爆弾を回収した(After Defense Secretary Delfin Lorenzana and retired Gen. Eduardo Año, former AFP chief of staff, declared the termination of combat operations in Marawi City, Brawner announced that the Armed Forces had recovered 77 bombs inside the main battle area.)。

主要戦闘地域は24バランガイにおよぶ広大な地域である(“Mostly, the 24 barangay [villages]inside the main battle area need to be cleared, so this is being done by [the military’s]engineering sectors… It is still a big area,” according to Brawner.)。

(11月28日)

29.道路の穴の修理で交通渋滞が予想される
Heavy traffic expected as ‘street hole’ repairs start)

セブ市フアナ・オスメーニャ通りにできた穴の修理のため交通渋滞が予想されるとのこと。この穴は当初石灰岩の溶解によってできた陥没穴と考えられていたが、排水用の暗渠の一部に穴があったことにより発生したものでこれ以上拡がらないと考えられるということが専門家によって明らかとなった(Heavy traffic is expected along Juana Osmeña St. as Cebu City’s Department of Engineering and Public Works (DEPW) continues to repair a collapsed portion of the street, which was believed earlier to have been a sinkhole, but was belied by experts to be no more than a portion of the street collapsing because of a lack of a drainage culvert.)。

(注)フアナ・オスメーニャ通り~マンゴ・アヴェニューのナショナル・ブック・ストアから山方向への道路。陥没場所はマンゴ・アヴェニューの近くのセンチュリー・プラザ周辺の歩道脇の車道らしい(The hole formed right beside the sidewalk at the end of Juana Osmeña Street near General Maxilom Avenue. Due to the cordon, only one lane of Juana Osmeña St., the portion across the Century Plaza Hotel, is open for vehicular traffic.)。

修理には4日かかる見通し(Nagiel Bañacia, Cebu City Disaster Risk Reduction and Management Office (CCDRRMO) chief, said the DEPW personnel told them that the repair work would probably last for four days.)。

修理が行われる場所は2車線の内1車線が通行できなくなるので、工事周辺で交通混雑が予想されるとのこと(“We expect heavy traffic along this area of Juana Osmeña St. for the road is partially blocked to keep the safety of motorists and pedestrian while rehabilitation is ongoing,” Bañacia said.)。

穴は昨日28日火曜早朝発見されたが、穴の広さは1平米、深さは2メートル(The collapse of the street portion on early Tuesday morning created a hole with an opening of one square meter and about two meters deep.)。

市の災害担当者が午前4時に調べた時石灰岩の溶解によってできた陥没穴の可能性もあると考えたが、その後セントラル・ビサヤ鉱山地球科学局の専門家はこれを否定した(Cebu City’s disaster management personnel, who inspected the area at past 4 a.m. yesterday (Tuesday), were looking into the possibility that the hole created was a sinkhole.But experts from the Mines and Geosciences Bureau (MGB) 7 ruled it out.)。

古い排水用の暗渠から噴出した水が土砂等を削ったのであろうとのこと(“Onsite assessment conducted by MGB-7 Geologist Dr. Dennis Gerald Aleta revealed that gushing drainage runoff from the old culvert has scoured the fill or gravel materials underlying the sewer system,” said MGB-7 information officer Marian Codilla.)。

厄介な事故の発生を避けるため穴周辺は立ち入り禁止にし、重量のある車両等は通行禁止にするようセントラル・ビサヤ鉱山地球科学局は求めている(The MGB-7 recommended to cordon the area to avoid any untoward incident from happening.The MGB-7 also said that heavy equipment and vehicles should also not be allowed to pass by the area.)。

(11月29日)

30. トンド地区の警官による超法規的殺人の疑いのある事件を調査
(Gov't probes Tondo drug raid killings)

28日火曜大統領府は、マニラの貧困トンド地区バランガイ19における先月の麻薬取締中の警官による超法規的殺人の疑いのある事件を調査していると語った(Malacañang on Tuesday said an investigation is now underway into the killings carried out by policemen in a drug raid last month in Barangay 19 in Manila’s impoverished Tondo district.)

トンド地区バランガイ19における10月11日の麻薬取締中に三人が警官に銃撃され負傷したが、警察は容疑者達が攻撃してきたので銃撃は合法的行動であると説明している、とロイターは伝えている(A Reuters report said three men were shot and injured by the policemen in Barangay 19 in Manila last October 11, in what the police described as a legitimate operation wherein the suspects fought it out with them.)。

しかし、複数の監視カメラの映像と目撃者の証言は、警官が超法規的に死刑を執行したことを示唆している(However, various closed-circuit television (CCTV) camera footage and eyewitness accounts suggest the three men were executed. )。

”当局は現在この件を調査しているよ。ビデオが信頼できるものかも調べている”、とロケ大統領報道官は大統領府における記者会見で述べた(“I assure you authorities are now looking into this matter. We are in the process of authenticating the video,” Roque said in a news conference in Malacañang.)。

”大統領は警官による残虐行為には耐えられないんだ。残忍行為であれ殺害であれ警官による暴力には我々は我慢できないのだ”、と報道官は言う(“The President will not tolerate any abuses committed by some personnel of the Philippine National Police. We don’t tolerate police violence, brutality or killing.”)。

カンポ(60歳)が囮の警官に麻薬を販売し、囮の警官はバックアップの警官に合図をした。カンポは警察の存在に気づき、2人の仲間ビタス(34歳)とセルビト(18歳)に銃を抜き警官を撃てと命じた、と警官は内部に報告している(The report said Rolando Campo, 60, sold drugs to an undercover officer, who signaled for back-up. Campo "sensed the presence" of the police officers and ordered his two associates - Sherwin Bitas, 34, and Ronnie Cerbito, 18 - to draw their guns and open fire on them, the report said.)。

警官は反撃して3人に致命傷を負わせた、と警察の報告にある(The police retaliated, leaving the three men "fatally wounded," it said.)。

しかし、警官が到着するちょっと前カンポは近所の住民とおしゃべりしており囮の警官に麻薬を売ってはいない、という状況がビデオに映っている(But the footage shows Campo chatting with people in the neighborhood in the minutes before the police arrive, and not, as the report said, selling drugs to an undercover officer.)

ビタスの妻ヒバガは、銃撃を目撃したが3人は武器を持っていなかった、とレポーターに述べた。”我々は銃を買う金などない”とヒバガは言った。彼女は3人の子持ちで夫は麻薬取引などしてない、と言っている(Arlene Gibaga, Bitas' wife, told Reuters that she witnessed the shooting and the three men were unarmed. "We don't have the money for guns," said Gibaga, who has three young children with Bitas. She said her husband did not deal drugs.)。

警官は3人を家の横の路地に立たせて彼女にビタスの身分証明書を出せと言った、彼女が身分証明書を出したら警官の一人が”確実に犯人だ、確実だ”と叫んだ、そして警官達はビタスを銃撃した、とヒバガは言っている(Police detained the men in an alley next to her house, she said, and asked her to get Bitas' ID. When she produced it, said Gibaga, one officer shouted "Positive! Positive!" and then the officers fired on Bitas.)。

ビデオには警官が3人を銃撃したところは映っていないが、警官が何かを狙って銃撃しているところは映っている(The footage does not show the police shooting the three men, but does show an officer appearing to open fire on an unseen target.)。

それからカンポが倒れて画面に入ってきた。カンポの腕はしばらく動いていたが動かなくなった(Campo then falls backwards into the frame, his body hitting the ground. His arms move for a while before resting motionless.)。

(11月30日)


(1) (2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10) (11) (12)(13)(14)(15)(16)(17)(18)(19)(20) (21) (22)(23)(24)(25)(26)(27)(28)(29)(30) セブのトップ