The Tropical Livener's Club An Authorised N.P.O

NPO法人「南国暮らしの会」とは、どういう内容を持った組織で何を目的に活動を行っているのか・・・できるだけわかりやすく
 ご案内して行きたいと思います。

1)暖かく居心地の良い南の国に住むことの推進
2)対象国における高齢者、障害者等のための介護・療養に関する情報の収集、
 調査研究。
3)一味違う南国滞在の体験、旅行会等の企画・立案。
4)南の国々の国民性、風俗習慣、生活環境、経済等に関する情報収集調査。
5)南の国々の暮らしに関する講演会(年4回)、講習会、親睦会等の開催。
6)南の国々の暮らしに関し、医療機関、研究所、学校、その他現地団体と協力し、
 資料・情報の交換を行います。
7)南の国々へのボランティア活動(日本語教師、スカラーシップ等々)。
8)会員への会報・必携等の発行。
9)ホームページ、新聞、雑誌での広報活動。
10)電子掲示板、電子メール(メーリングリスト)の活用による会員の情報同時共有化。
11)月1回の楽しいサロン会、懇親会による会員相互の親睦、親しい仲間作り。
12)会及び会員サポート の為国内外に支部設営。
会では会員に対する支援のために次の地域に支部を開設しています。
 
国内: 北海道、東北、関東甲信越、東海、関西、九州の各地区。
 国外: フィリピン(マニラ、セプ、バギオ、ダパオ)マレーシア(クアラルンプール、ペナン)、
 タイ(バンコク、チェンマイ)、ハワイ、オーストラリア(ゴールドコースト)の各都市。

 今後も随時、支部開設を検討しています。

会の事務所は特に有りませんので、各担当理事の自宅を各々の業務事務所と
しています。
このように.大規模な事業をしないでボランティア的活動をするNPOは、むしろ会員
に固定費等の負担をさせない意味でも、多額の経費が掛かる事務所など所有せ
ず運営しようというのが当会の基本的な考え方です。
 しかし、世情を反映してか、益々会員が増加傾向にあります。早晩事務所を開
設しないと業務遂行に支障を生じるのではと懸念されます。この件については検討
中です。
運営は会則に則り、理事会(支部長、顧問等も随時出席)が中心となり運営を
行い、年1回の総会と、支部会、理事会、研修会、情報交換会の開催を実施
します。
なお、NPO法では会員を社員、総会を「社員総会」とし、社員は総会の議決権
を持っております。催事や会報作成は専ら会員のボランティア精神に基づく奉仕で
行われます。これが素晴らしい会の運営を支えています。
この運営は全て入会金と会費、寄付金等で賄われています。

 当会は最初、南国で楽しく夢のある暮らしをしようと同好の士が集い、情報の交換を
 始めました。知識もメンバーも徐々に増えて、それなりの任意の団体に成長しました。
 しかし「南の会」が発展を続けるためには更に社会的な認知が必要と考えました。
 平成10年12月1日施行の特定非営利活動促進法(NPO)に基づく法人格の取得
 を目指し資格申請を行い、平成11年9月30日付けで東京都知事の認証を得ら
 れ、それ以来、単なる他のボランティア活動とは格の異なるNPO法人と云う形態をと
 っています。
  ※NPO→Non-Profit Organization(一般的には「民間の非営利組織」と 訳さ
    れます。

*南国とはシンボライズされた国で、どこを指す かは貴方が決めたところが「南国」
 です。
*会員各自の目的、家庭環境、経済、健康、思考 方法など全てが異なります。
 各人それぞれの状況、家庭事情に応じて、いろいろな国が候補となり、情報を集
 め、居住体験などにより、最終的に決まります。
*我々の会「南の会」は貴方の「南国」探しをお手伝(会報、電子掲示板、メール等)
 いする会です。
*仲間の情報(会報、情報交換会等の情報)を参考に 実際に自分で体験滞在
 し、自分の肌に合うような場所を選定します。選択肢は沢山在る のですから、
 ロ
ングステイして最適地を選定し、大いに人生をエンジョイして下さい。
*仲間と一緒にユートピアを探しましょう!!!

BBS(電子掲示板

平成27年3月現在で、正会員及び家族会員を含め、約1,100名の会員の方が
いらっしゃいます。
今後も増えることでしょう。
会の対外的な情報の発信は常設の「南の会」ホームページです。アドレスは下記。
  
http://www.minaminokai.com/
どうぞ、アドレスにアクセスして見て下さい。
「南国暮らしの会」で検索されても接続出来ます。 更に海外会員のホームページ
にもリンクし、アクセス可能です。
このホームページをご覧になって入会された方が多くおられます。
また、入会されますと、南国BBS(電子掲示板)とEメールにより情報交換ができます。
毎日これを見るだけでも楽しいと言う方が大勢おられます。
南の会は同じ目的を持った人の集まりです。会員が海外に長期滞在をしようと
積極的に下見に出掛け、候補地探しに前向きな考えを持った方々が殆どです。
利害関係なくお互いの目的を論じ、情報を分け合い、行動を共にする事により
直ぐに親しくなり多くの友人が出来ます。
ご夫婦で会員になっている方も多く、家族単位のお付き合いが出来ます。何組
かのご夫婦が一緒に滞在経験をして十年来のような親しいお付き合いをされて
いる会員が多く見られます。会社時代のお友達との接点は仕事だけでした。
定年退職後は、その接点が希薄になり自然に離れていくものです。友達つくりは
会が開催するサロン会に参加する事が大変有効です。
南の会のサロン会の開催は支部により異なりますが、関東支部、東海支部では
毎月定例で開催しています。その他の支部のサロン会の開催予定については
お問い合わせ下さい。ゲストとしての参加も受け付けております。
楽しい語らいをした後の懇親会にご出席頂くと、もっと身近な情報を得る事が
出来ます。是非ご入会されてサロン会にお出掛け下さい。お待ちしております。
この会報は会と各会員とをつなぐ命の糸のような物ですので会として最も重視して
おります。特に地方会員にとっては今のところ会報が唯一の情報入手の手段です。
従って会報の充実には多大の努力を払っておりますし、会費のかなりの部分がこの
発行の為に使われます。
会報には主に会員が実践,、経験をした情報を投稿提供頂いております。
各会員がその多大な努力と多額の費用を使って得た実践の中で、これ丈は伝え
たいと云うエッセンスですから、大変貴重であり、大変な情報の集積です。
多分一年間に発行された会報の価値は会費以上のものでしょう。
会報は年3回発行し、新年号、春季号、夏,秋号です。校正から発送まで会員の
ボランティアで作られております。
会報は、平均して4ケ月毎の発行なので同時性に欠けます。
そこで考えられるのが、メールマガジンです。
将来会報の究極の目標はこのマガジンです。
主な目的は、外国(南国を中心)暮らしを勉強、経験し、健康で、安全で楽しい生活の
出来る国、場所を探している会員が、

  
1)「外国情報の交換」   2)「仲問、友達づくり」   3)「生きがいづくり」

をする為に会報の発行、講演会開催、現地団体との情報交換などを行い、会員相互
の交流を図り会員の夢の実現と親睦を図る事を目的としています。

 我々と同じような団体はご承知のように沢山ありますが、任意のボランティア団体か、単
 なる同好の士の集まりです。社会生活上、人格として対外的な存在とはなっておりませ
 ん。
 しかしNPO法人は人格を所有し社会において存在と継続性を持っております。どのよう
 な場所でも堂々と認められた団体です。従って簡単に会が分裂したり、消滅したりする
 組織ではありません。
 権利義務があるため団体として存在感があり、法人名義でいろんなことが出来ます。対
 外事業も可能な法人組織です。今後「南の会」が発展すればするほど、また会の活動
 を推進するためには、この資格が有効となって参ります。